格安ハワイ旅行方法

 

ハワイ旅行

 




 

1.ハワイ旅行方法

(1)大きく3つに分けてみた

パックツアー、フリープラン、個人旅行、

ハワイ旅行方法としては大きく
添乗員同行パックツアー
フリープラン
個人旅行

に分かれる
それらについて簡単にまとめてみた。


ハワイへ向けて出発!

(2)添乗員同行パックツアー

安心で便利である

安心

旅行会社のサイトで海外ツアーを選択「添乗員同行」
で行先や出発日などの条件を入力すると紹介される。
空港から添乗員が同行し困ったときは何でも相談できる。


パックツアーは安心感がある

各島周遊旅行に便利

リゾートホテルなど滞在型が主であること
ワイキキなど日本語通用度の高さから
添乗員が同行しないフリープランの方が人気だが
8日間位かけて2~3島ほど周遊するツアーなら
添乗員同行のパックツアーの方が便利なことがある。
ハワイ島やマウイ島などオアフ島以外へ行けば
日本人旅行者もグンと減り
日本語通用度は下がり
島内交通の便も悪くなる。
さらに、片道100$など
島間の航空代も高いのだ。


各島周遊に便利
(ハワイ島 キラウエア火山)

パックツアーのデメリット

数は少なく、出発日限定

ハワイ旅行の場合、パックツアーの種類は少なく
出発日はかなり限定される。
一般的に
添乗員が同行しないフリープランでも
2島周遊プランなどがあり
現地発の日本語オプショナルツアーも豊富
さらに
旅行会社によっては
携帯電話無料貸出しと
困ったときの日本語サポートサービスがあったりと
安心感が高いのだ。

(3)フリープランとは?

航空券+ホテルセット

旅行会社のサイトで海外ツアーを選択
安い順に検索すると
ハワイ6日間69,800円
なんてツアーが紹介される
そのほとんどがフリープランである。
フリープランとは
往復の航空貢+ホテルセットのプランであり
原則現地自由行動である。

1~2ヶ所滞在型にいい

最もメジャーなのがワイキキ(オアフ島)滞在
他にも
ハワイ島やマウイ島滞在や
2島滞在のフリープランなど
種類は豊富だ。

ホテルの選択可能

多くのプランはホテルの選択が可能だ。
ホテルのグレードは部屋の位置による差は大きく
内陸部のエコノミーホテルなら6日間59,800円
なんてプランもあるし
ビーチ沿いの高級ホテル オーシャンビューなら
6日間で30万円近くすることもある。
詳しくはワイキキのホテルを参考にしてください。

サポートが充実していることも

旅行会社によっては
空港からホテルまでの送迎や
ワイキキなど現地に事務所を構え
携帯電話を無料で貸し出し
24時間いつでもサポート可能にしている所もある。
ワイキキなら日本語オプショナルツアーも豊富だ。

その他 メリット

ほぼ毎日出発

航空券とホテルが取れれば催行可能
最少人数も1~2人
ほぼ毎日出発可能だ。
自分で好きな日を計画できる。


フリープランは現地自由行動

デメリット

個人旅行よりは自由がない

例えば宿泊設備
ハワイには
B&B(ベッド アンド ブレックファースト)
といった個性的な宿もあるし
ユースホステルもある。
しかし
フリープランで泊まることはほとんどなく
リゾートエリアにあるホテルの滞在が主になる。
他にも
日帰りでハワイ島1周ドライブは大変で
道中のホテルで1泊したくなるが
その分のキャンセルには応じてくれない
(キャンセル料は戻らない)
1つの島で2つ以上のホテルを
選択するのはできないのだ。

1人参加は割高

パックツアーもそうだが
2人1部屋で計算されることがある
1人参加だと1人部屋追加料金がかかり
割高になるのが一般的

(4)個人旅行

航空券やホテルを別々に手配

航空券とホテルを別々に手配
旅行会社のサイトから「航空券」
又は
「航空券+ホテル」を選択
他にも
直接航空会社のサイトから購入もできる。

ネットで細かな手配も可能

昔は個人で海外へ行く場合
かなりの知識が求められていたが
現在はインターネットの日本語サイトで
航空券やホテルの他
鉄道のチケットの購入も可能
オプショナルツアーから
さらに
現地のレストランやエンターテイメントなど
かなり細かな手配も可能だ。
もちろん
ホテルの予約をせずに
現地で宿探しも可能だが
ハワイではおすすめできない。
ちょっと郊外へ出たら
宿が全くなかったり
予約必須の長期滞在用
コンドミニアムであったりする。

メリット

自由

最大の特権だ
ハワイ島やマウイ島など
家庭的なB&B(ベッド アンド ブレックファースト)
や個性的な宿もある。
そういった所に宿泊することもできる。
例えば
ハワイ島をレンタカーでドライブ
1泊目はカイルア・コナのホテル
2泊目はヒロのホテル
3泊目はキラウエアのB&B
に宿泊なんてこともできるのだ。


自由気ままにドライブ(ハワイ島)


家庭的なB&Bに泊まる

デメリット

自己責任

全て自己責任
例えば旅行会社を通して手配しても
あくまで「手配」しただけ
現地でトラブルがあっても
自分で対処しなくてはいけない。

2.お得にハワイへ行くには?

一概にはいえない

旅行日数やスタイルなど

一般的には
1ヶ所滞在型ならフリープラン
島内周遊をするなら個人旅行が安いが
出発シーズンなど
色んな条件がからむため
一概には言えない。

安い商品の注意点

安さを求めるなら
旅行会社の検索サイトで
条件を入力し、安い順に検索すると
ズラリと紹介される。

ただし

安い商品は
安いなりである

次回から
その違いについて紹介する。

安いフリープランの注意点

航空券の選びかた

 




 

格安ハワイ旅行方法

 

ハワイ旅行