格安ハワイ旅行方法

 

ハワイ旅行

 




 

1.アメリカへ行くならクレジットはほしい

日本円は相手にされないことも!?

日本円のみ持っていくのは危険

韓国や台湾など現地の銀行へ行けば
日本円を現地通貨に両替してくれた。
経験上イタリアの銀行でも
日本円→ユーロにしてくれた。
しかし、アメリカの場合
銀行で日本円の現金や
トラベラーズチェックを見せても
ほとんど相手にされなかった。
両替できる場所は
ワイキキにある両替所など限られていた。
日本円のみ持ってアメリカへ行くことは
一文無しになるリスクがある。


ワイキキにある両替所

レートがいい

クレジットカードが一番いいことも!?

ハワイで買物や食事をして
カードで支払い
その後日本円に換算して振り落とし
その時のレートは
為替レート+1.63~2%程度
ちなみに
日本の銀行でドルを購入した場合
為替レート+3%程度

結果

カードの方がレートがいいのだ。

必要以上の両替不要

円をドルに両替
帰国後
余ったドルを円に戻すのに
さらに手数料がかかり損なのだ。
クレジットカードなら
そのようなことはない。


クレジットカードの買物は便利
(マウイ島 ホエラーズビレッヂ)

カード通用度の高いアメリカ

小さな商店でも使える

ハワイのクレジットカード通用度は高く
小さな商店でも使えることがある。
スーパーマーケットへ行くと
地元の人のほとんどがクレジットで買物していた。
数ドル程度なら現金だが
数十ドル~になるとクレジット
という人が多いようだ。

多少は現金もほしい

ただ、全ての場所で
クレジットカードが使えるわけでなく
例えば
ホノルル国際空港からワイキキのホテルを結ぶ
エアポートバス
駐車場などクレジットは使えなかった。

カード特典も多い

ポイントや保険など

大きいのはポイント
ポイント還元率1%のカードを使えば
1万円で100ポイント
約100円分の買物ができる。
また
クレジットカード付随の旅行保険があり
カードで航空券など購入した場合に
加入されることがある。
カードだけでは不足している保険は
バラ掛けで加入すればいい。

ゴールドカードならラウンジサービスも

ゴールドカードの場合
旅行保険の増額や
空港のカードラウンジの
サービスを受けることができる。


クレジットカードラウンジ(セントレア)

カードは信用の証

ホテル予約やレンタカーなら必要

ホテルの予約やレンタカーを手配する場合
クレジットカードは必要
「信用」という意味でカードが必要なこともあるのだ。

2.その他 クレジットカードについて

注意点、カードの選びかた

セキュリティー面についての注意
浪費癖のある人は注意
賢いカード選びの方法に
お勧めクレジットカード会社など

詳しくは

お得 旅の必需品 クレジットカード