フランス旅行より

一人旅をする

世界中から多くの旅行者が訪れる国「フランス」
バックパーカーなど一人で旅をする人も多く
見かけた。自由気ままな一人旅の方法
についてまとめてみました。



自由気ままにパリの街を歩く











トップ
フランス旅行


いろいろ調べヨーロッパへのお得な旅をしよう!
格安フランス旅行


個人旅行が安いことが多い
自由度もグンと上がる

ツアー(フリープランやパックツアー)でも一人参加は可能であることが多い。
しかし、通常 ツアーとは2人1部屋で計画されていることが多く
一人部屋追加料金がかかったり、高上りになることがある。
(単純に宿泊費が倍に上がるのだ。) 個人旅行でもツインルームや
ダブルベッドルームを1人で利用するなど2人以上と比べると割高になることがあるが
ネットでいろんなホテルを探すことができるし、ツアーよりも安くなることが多いようだ。
航空券
格安航空券や正規割引航空券など、インターネットで調べると
とにかくいろんなチケットが売り出されている。
航空券のみなら、だいたい一人でもOKである。
手配は簡単だし、最近はメールの添付ファイルをプリントアウトして
当日空港でチェックインすればいいのだ。
心配なら直接旅行会社へ行き、格安航空券を購入する方法があるが
選択の幅も狭くなったり、高上りになることが多いようだ。
あと、安い航空券は早くから売り切れることが多い。


いろんな航空会社がある


宿泊設備

フランスのホテルはだいたい、1部屋いくら
というように計算されているので、ツインルームなど1人利用だと高くなる。
ちなみに一人旅で人気といえばユースホステルなどにあるドミトリールーム
いわゆる相部屋で1部屋に4~8人位は入れるのだ。1人いくらで計算するので安い
(パリの中心部で20~30ユーロ 個室ならパリ中心部からちょっと離れた安ホテルで1部屋40ユーロほどだった。)
また、片言英語やジェスチャーでいろんな人とコミュニケーションがとれる。
ヨーロッパ、アジア、アフリカ アメリカ 本当にいろんな国や地域から訪れるのだ。
ずっと一人でいると寂しくなるものだが、ドミトリーに泊まることにより
旅の素晴らしい思い出になることもある。
男女別の部屋なので女性一人旅でも安心をうたっている所もある。
ただし、プライベートはないし、部屋も綺麗でないことも多い。
好きな人は好きだが、嫌いな人は嫌いなので注意したい。
(予約は必要か?)
これは自分の経験からパリなど都市部の他、地方においても
「どこでもいい」となれば宿がなくて困ったという経験はなかった。
現地で探して見つけた宿が思った以上にすばらしく、いい思い出になったこともある。
ただ、必ずしも自分の望みの宿を見つけることができるかといえば そうでもなく
ピークシーズンのパリなどユースホステルすら満室なんてこともあった。
それに今はインターネットでいろんな種類の宿泊設備を検索できるし
日本語で簡単に予約ができる。
安心を考えれば予約した方がいいと思った。
また、長期間の旅なら行程の変更もあるだろうし予約は困難と思われる。
自分の場合
ユースホステルのインターネットで
次に訪れる街の宿泊設備の空室情報をチェックしたりした。
もしくは予約するとか?日本語サイトで調べた。

当たり前だが、宿の予約しないなら、宿を見つけられなくても自己責任となる。


ホテルに滞在



一人旅ならドミトリーもいい


食事

パリにはカフェを多く見かけあり、一人で喫茶や食事をする姿を見かけた。
どこでもいいとなれば一人での食事に違和感を感じることはないだろう。
フランスでは一つの皿にのった物を分け合う習慣はない(やってはいけない)
ので1人分のオーダーは可能
自分の場合、ビストロなどカジュアルなレストランなら
一人で気軽に入れた。ただ、高級レストランともなれば少々
抵抗を感じた。利用不可ではなかったが・・・


カフェでエスカルゴを食べる


街歩きや観光

地下鉄や路線バスを利用しての観光なら一人でもまず違和感
街歩きにおいても一人でも違和感を感じなかった。
を感じなかった。パリ観光に便利なオープンバスでも違和感はないだろう。
他の国で一人で利用したが一人でもほとんど抵抗なかった。
タクシーも旅慣れているなら心配ないが走る密室 ましてや海外
不安に思う人もいるだろう。



一人旅の注意点
なんでも一人で対処する必要あり

一人の個人旅行はとにかく自由というメリットがあるが、何があっても
一人で対処するという気持ちも必要だろう。
例えば 空港の利用や出国入国審査、現地での交通機関の利用方法
食事に観光など下調べをしっかりしたい。
個人旅行用のガイドブックやインターネットなどでしっかり調べておきたい。
あと自分の場合
緊急時に備え
日本領事館やクレジットカードや保険会社の
連絡先を控えている。

家族へ連絡をとるようにしている
よくあるのが、日本にいる家族が心配しているということ。
最初は不安な海外でも2~3日いるうちに慣れてしまい。
ついつい家族への連絡がおろそかになる。
そうしているうちに家族が心配 ということもあるのだ。
国によっては、大使館の多くの捜索願いが出されるという話も聞いたことがある。


携帯電話のレンタル
最近は携帯電話のレンタルも安く提供することがある。
心配している家族から電話することもできるので安心である。
また、
海外旅行保険やクレジットカード紛失時の緊急時の連絡など
自分自身 困ったことがあったとき心強いこともあるのだ。
海外なので通話料は高いが、レンタル料金は格安
といったレンタルもある。

参考サイト





ドミトリートラブル
経験上、あまりないがユースホステルやゲストハウスのドミトリーでのトラブルもある。
また、イビキがうるさくて眠れなかったこともある。


心配ならツアーも?
フリープラン

一人旅ならバックパーカーのような個人旅行もいいが、
不安という場合、ツアーもある。一人旅で最も気軽に利用できるツアーといえば
フリープランであろう。往復航空券+ホテルのセットで現地自由行動であるが、
パリに現地事務所を設け係員が空港からホテルへ送迎
携帯電話の無料貸出を行い困ったときのサポートもしてくれる旅行会社もある。
それに団体行動はない(あっても空港~ホテルの送迎位だろう。)
ので一人でも浮くことはほとんどないだろう。

おすすめ旅行会社
HIS

豊富なプランと安心サポート

今や全国的に有名な旅行会社HIS、もちろんフリープランも豊富
さらにサポート体制もしっかりしているし、その割には値段も手頃
というのがいい。航空会社やホテルは未定だが格安バーゲンプランもある。
そこに追加料金でオプショナルツアーをセットすればより安心の旅行もできる。


詳しくは下をクリック





一人旅専用のパックツアー
フリープランだとパリなど一ヶ所 よくても主要な都市数ヶ所といったところだろう。
フランス(ヨーロッパ)を周遊してみたい。でも個人旅行は心配
という人のためにも一人旅用のパックツアーを設けていることもある。



おすすめ旅行会社
クラブツーリズム

一人旅限定ツアーも豊富!

調べると、多くの旅行会社で一人旅可能なツアーを紹介しているが
「一人でも可能である。」といった感じが多いのだ。
それでは、他の人は皆、友人やカップル、そして家族なのに一人だけ浮いてしまう。
そんな心配をする人も多いのではないか?クラブツーリズムのテーマ旅行を開くと
「おひとり参加限定」といったページがあり、そこを開くと一人旅限定ツアーが出てくるのだ!
中には女性一人旅限定もある。
添乗員同行も多く、安心でもあるのだ!

詳しくは下をクリック















トップ
フランス旅行


(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。