フランス旅行より

日本の空港までのアクセス

ヨーロッパともなれば成田空港や関西国際空港、中部国際など
主要な空港から直行便利用ということが多い。
空港まで遠い人ならばそこまでのアクセスや地方空港から乗り継ぎ等で
利用するという方法もあるし、前日に到着 近くのホテルに宿泊
という方法もある。どのような方法があるか経験や調査からまとめてみました。



空港までの交通機関もチェックしよう!











トップ
フランス旅行


インターネットで調べるとお得な情報が沢山!
格安フランス旅行


成田空港まで訪れる
いろんな方法があるが経験から
鉄道(JR)利用 鉄道(私鉄)利用 バス利用
エアポートタクシー利用 マイカー利用についてまとめてみました。
なお、成田空港には第1ターミナル(成田空港)と第2ターミナル(空港第2ビル)
に分かれており、航空会社によって降りる駅が異なる。
(ターミナル間を結ぶ無料バスもある)


鉄道利用
私鉄(京成電鉄)か?JRか?

自分が公共交通機関で成田空港へ行くときは鉄道利用が多い。
簡単に言えば早いし遅れる可能性が低い さらに安いというメリットもある。
さらに
私鉄(京成電鉄)かJR利用かどちらかを利用している。
さらに細かく分けると
京成電鉄の一般車両利用か? スカイライナー利用か?
JRの普通(快速)利用か?成田エクスプレス利用か?
に分けている。

ちなみに

京成電鉄のスカイライナー
上野〜成田空港
45分弱
片道2,400円

京成電鉄の一般車両
上野〜成田空港
特急(普通列車と運賃は同じ)で
1時間15分ほど
片道1,000円

JR成田エクスプレス
東京〜成田空港
約1時間弱
片道2,940円(普通指定席)

JR快速エアポート成田
東京〜成田空港
約1時間30分
片道1,280円
となる。


自分の場合
高速バスやツアーバス その他の交通機関で東京(都心)に訪れて
成田空港へ向かう場合は京成電鉄を利用する。
時間的にも金銭的にも京成電鉄の方がいい。

しかし

JRを利用して東京(都心)経由で成田空港へ向かう場合は
JRを利用することが多い。
接続のよさや運賃(普通切符)なら目的地まで通しで買えるので
その方が安いのだ。
また、成田エクスプレスは東京のみならず新宿 池袋 横浜へも行ける。
実際
新宿まで行くのに京成電鉄(スカイライナー)で日暮里まで行き
そこから山手線で新宿まで行ってJR利用の経験があるが
海外旅行ともなれば荷物も多く かなりの負担であった。
フランス旅行ならなおさらだろう。

長野や松本から成田空港往復切符
長野や松本から東京や新宿まで新幹線「あさま」や特急「あずさ」
そこから成田エクスプレスで成田空港の割引切符もあるのだ。


スカイライナーや成田エクスプレス
または
一般車両や快速列車
どっちがいい?

特急か快速かによって値段は倍もしくはそれ以上異なる
で時間は1時間も変わらないのだから
急ぎでない限り安い方を選ぶことが多かった。
しかし
乗り心地の問題がある。
フランス旅行(ヨーロッパ)ともなれば多くの人はスーツケースを持っていくはず
それも大きい。一般の車両はいわゆる通勤列車の車両を使っていることが多いのだ。
当然 スーツケースを置くスペース(棚)はない。
動かないようにずっと押さえている必要があるし
特急と比べ乗り心地もよくない。
すいているならいいが
問題は混雑というかラッシュ時
他のお客さんに迷惑だし かなり疲れるのだ。
これも自分の経験から
特に朝夕のラッシュ時は避けた方がいい。
スカイライナーや成田エクスプレスは全席指定で快適ゆったり
スーツケースを置くスペースもあるのだ。
ヨーロッパ旅行にかかる費用を思えば安いものだ。

あと
羽田空港からは京浜急行で結ばれており便利というが
利用も計画もしたことがないのでなんともいえない。


京成電鉄のスカイライナー
(上野まで45分弱で到着する)


  
車内の様子 大きな荷物を置く棚もある


JR成田エクスプレスのグリーン席
(ゆったりとしている)



京成電鉄の一般車両
(通勤列車の車両であるがスーツケースを持った旅行者も見かけた。)


バスやエアポートタクシー利用
エアポートリムジン

都心から成田空港までざっと3,000円ほどで時間は80〜120分
鉄道時間的にも金銭的にも有利とは思えないが
以下のメリットがある。
ホテル前から出発
東京の主なホテルから出発している。
前日東京に宿泊しそこからバスで成田空港へ向かうなら便利
ちなみに
成田空港周辺にもホテルが多く 無料の送迎バスが出ている。
また
静岡や山梨 栃木に福島 さらには仙台などから
成空港へ向かうバスがあり

乗り継ぎ割り引き
例えば新宿バスターミナル(BT)まで高速バスを利用してそこから
リムジンで成田空港へ向かう場合乗り継ぎ割引を設定することもある。
バスターミナルでの乗り換えなので大荷物で鉄道など乗り換える手間も省ける。
ただ、夜遅い場合など新宿BTに着いたが、そこから
成田空港までの最終バスが行ってしまったなんてこともあるので注意したい。


ホテルから出発する場合リムジンバスが便利なこともある


エアポートタクシー

長野や新潟方面からタクシー利用という方法
エアポートタクシーという乗り合いタクシーがある。
夜中でも運行してくれるので時間的にも有利
そして 何よりも便利なのが
自宅まで向かえに来てくれることだろう。
ただ、バスなどを利用して前日 成田空港近くのホテルに泊まるのと
同等の値段であることもある。
参考に
長野市内から9,900円
松本市内で10,900円
新潟市から11,900円
だと思った。


マイカー
(成田空港周辺は駐車場が多い)

最近は高速のETC割引もあるし、人数が集まればマイカーで空港まで訪れた方が安い。
また、時間的な制約もないので私自身マイカーで成田空港へ行くことも多い。
成田空港周辺(空港の駐車場ではない)には1日500円の駐車場が沢山あるのだ。
空港までの送迎も付く
駐車場から空港までの送迎もあるので安心
ただ、インターネットなどで前もって確認しておいた方がいい。
なお、成田空港にも駐車場があったが1日(24時間)1800円とか高かったと思う。
(ホテルに泊まった方が安いこともある?))
ヨーロッパ旅行(フランス旅行)ともなれば、1週間とか10日位かける人も多いと思う。
そうなれば、周辺のホテルに泊まった方がお得なことが多い。
インターネットで調べると1泊シングルルームで4,000〜5,000円
ツインルームを2人で泊まると1人2,000〜3,000円程度で宿泊でき
駐車場は10日とか14日’(中には20日間)無料ということもあるのだ。
1日500円の駐車料金を思えばホテルに泊まって駐車した方が安いのではないか?
なので私の場合
マイカー利用なら空港周辺のホテルに泊まっている。
ただし、安く泊まるにはインターネット限定割引であることが多いのと
中には駐車場が無料でないホテルもあるので予約前に電話やメールで確認している。
ホテルの場合、無料駐車期間をオーバーしたりして有料になると1日1,000円とか
逆に割高になってしまう。

成田空港周辺のホテルで泊まる
安いし安心

マイカーでも紹介したとおり 成田空港周辺には多くのホテルがあり
インターネットなどで格安に泊まることができる。
それに 前日 ホテルに宿泊した方が
翌日交通機関の遅れなどの心配もしないでいいし
安心なのだ。


成田空港周辺のホテルに泊まるのもいい。


関西国際空港まで訪れる
関西から海外(ヨーロッパ)へ訪れる旅行者も多いだろう。
いろんな方法があるが 鉄道やバス 高速船についてまとめてみました。

鉄道利用
私鉄(南海電鉄)か?JRか?

自分が関西国際空港へ行くときは鉄道を利用するのが一般的である。
JRを利用するか私鉄(南海電鉄)を利用するか迷うことがある。

ちなみに

南海電鉄のラピート号
難波〜関西国際空港
40分弱
片道1,390円

南海電鉄の一般車両
難波〜関西国際空港
空港急行で45分ほど
片道890円

JR特急「はるか」
大阪〜関西国際空港
約48分
片道2,980円ほど(普通指定席)

JR関空快速
大阪〜関西国際空港
約1時間10分ちょっと
片道1,160円
となる。


割引切符も充実
例えば
関西ちかトクきっぷ
地下鉄梅田(大阪駅近く)〜なんば〜関西国際空港
地下鉄+南海電鉄(ラピート号を除く)で890円
他にも
京都まで片道1,200円とか神戸まで1,100円の切符もあった。
かなりお得である。
当日限り有効なので
なんばで宿泊すると翌朝無効となるので注意しよう。

はるか往復切符
新大阪〜関西国際空港 特急はるか指定席で3,600円14日間有効
他にも京都や米原からの往復割引もある。


自分の場合
個人的には「特急はるか」や「ラピート号」は利用しないで
大阪からJRの快速や地下鉄+南海電鉄利用を考えることが多い。
地下鉄+私鉄で980円
JRで1,160円だから
安さのうえでは私鉄利用であるが
個人的にはJR関空快速利用が多い。
というのも
海外旅行ともなればそれなりに大荷物となるのだ。
地下鉄など乗り換えるのが辛いためである。
フランス旅行ともなればなおさらであろう。
また
関空快速は比較的ゆったりしている経験があるのだ。

私鉄利用の場合
これはあとで述べるが前日宿泊の場合 大阪から地下鉄またはJRで新今宮まで行き
新今宮周辺の宿に泊まる計画をたてている。
翌朝 新今宮から南海電鉄で関西国際空港へと向かう。

あと
通勤ラッシュ時に関西国際空港への列車に乗ったことがないが
混雑状況によってはラピート号や「はるか」利用の方がいいと思う。
海外旅行ともなれば大荷物 ヨーロッパ旅行ならなおさらだろう。
ラピートやはるかならスーツケースを入れる大きな棚などもあるのだ。


JR関空快速


バス利用
便利!?

関西国際空港まで行くリムジンバスも多い
運賃は大阪駅周辺で片道1,500円 時間は1時間前後といったところだろう。
南海電鉄ラピート号やJRのはるか号利用よりは安いが
南海電鉄の急行やJR快速より高い。
金銭的や時間的なメリットはなんともいえないが
大阪の主要なホテルから乗車できるというメリットがあるのだ。

高速船利用
高速船のメリット
(駐車場!?)

以前 関西国際空港へマイカーで行こうとしたとき気になったのが駐車場
インターネットで調べると駐車場はあることにはあるのだが料金がまちまちだし
全体的に成田空港より割高のような?気がしたのだ。(詳細は不明 安い駐車場もあるかもしれない。)
そこで、目をつけたのが神戸空港海上アクセスターミナル(乗船場)から高速船で
関西国際空港へ向かう方法、
神戸側の専用駐車場の場合 乗船客は旅行中 駐車料金無料と聞いたのだ。
乗船料は関西国際空港まで往復割引で2,700円だから
条件によってはお得だと思ったのだ。(2010年2月の情報 詳細は各自確認してください。)
それにフランス旅行などヨーロッパへ行くなら10日といったような比較的長い旅となろう。
駐車料金も気になる。

タクシー利用
便利なことも

確か大阪市内まで17,000円前後と聞いた。
JR大阪駅など定額運賃というのもあり14,000円(深夜は16,500円)である。
乗り合いタクシー
便利なのが乗り合いタクシー 京都や福井 石川からあった
例えば
金沢から1人7,900円(3人以上だと安くなる)
京都から3,500円などだ(往復など割引もあった)
乗り合いとはいえタクシーなら自宅まで来てくれるメリットがあるのだ。


関西空港近くで前泊
自分は新今宮周辺の安宿に泊まる

これはおすすめするわけではない。
自分の場合、大阪駅に到着JRか地下鉄で新今宮駅に降りて
その周辺のホテルに宿泊する。インターネットで調べると1泊2,000円以下という
驚くほどに安いホテルがあるのだ。
そして翌日 南海電鉄で関西国際空港へと向かうという計画をたてているのだ。
通天閣や新世界は徒歩範囲 道頓堀までも列車で2駅ほど?場所もいい。
ただし 部屋は3帖の畳部屋で質素であったり
周辺の治安はよくないこともある。


部屋は質素だがとにかく格安(ネットで予約 1泊1,800円だった。)



地方空港から利用する
ヨーロッパ(フランス)へ旅行する主要な空港が便利であるが
地方空港から利用するための便利な方法もあるのだ。


乗り継ぎ

ツアーでヨーロッパ旅行(フランス旅行)をするときなど、よく紹介されるのが国内線の乗り継ぎ
日本各地の地方空港から成田空港や羽田空港などへ行き、そこからフランス(パリ)へ向かう
という方法、日本航空や全日空など日系の航空会社で片道5千円〜2万円程度の追加で利用できる。
旅行会社などで調べてみよう!
(もっともLCC「格安航空会社」の方が安いかもしれないが・・・)
トランスファー
これはどちからというと格安航空券など利用した個人旅行の場合
大韓航空や中華航空、中国国際航空などでソウルや台北、上海、北京などへ行き
そこからフランス(パリ)へ向かう方法、時間的にも経済的にもメリットを感じる。
但し 同一の航空会社利用で地方空港の場合は本数も少ないためかえって不便なこともある。
インターネットで航空券など調べて条件のチケットがあったらもうけものと思っている。


地方空港から利用する方法もある。

















トップ
フランス旅行


(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。