ヨーロッパ フランス旅行
ユーロに慣れよう!

海外ならその国の通貨を使うのが一般的だ。
フランスはEU統一通貨「ユーロ」を使う。日本では
あまり馴染みのない通貨だけに慣れていないと
ちょっと戸惑うこともあるのだ。




現地通貨に慣れたい







トップ
フランス旅行


いろいろ調べて
自分にあった旅をお得にしよう!

格安フランス旅行


ユーロの種類
硬貨は
1セント 2セント 5セント 10セント 20セント 50セント
1ユーロ 2ユーロ
1ユーロ(EURO) = 100セント(CENT)

紙幣は
5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、
100ユーロ、200ユーロ、500ユーロ


とあるらしい。
ただ旅行中すべての通貨をみたわけではなく
200ユーロ札や500ユーロ札などみたこともない

大額紙幣が使えるか?
私はフランス(ヨーロッパ)へ100ユーロ札を何枚かもって旅行した。
結論をいえば、だいたい問題なく使えた。
だいたいフランスで食事をすれば20ユーロ30ユーロは
軽く使ってしまうので、そのとき払った。
逆に1ユーロとか2ユーロの買い物で100ユーロ札を使うのは
どうだろうか?
ただ、先にも述べた通り、
200ユーロ札や500ユーロ札は使ったこともないので不明
参考に
アメリカ旅行の経験からアメリカでは10$札とか20$札とかが普通で
100$札などは使わずほとんど皆クレジットカードを使っていた。
ユーロに慣れたい
使い慣れている日本の通貨なら硬貨でもほとんど感覚で10円玉とか100円玉
とかの区別はつくだろう。しかし、外国の通貨ならなかなか慣れないものだ。
ユーロでも紙幣は大きく数字で書かれているし
大額なので一度にそれほど使うこともなかろう。
硬貨の場合
硬貨でも1EUROとか20CENTとか分かりやすく書いてあるので
見れば分かる。しかし、慣れない通貨だけに感覚はつかめない。
つまり、コインを取り出し、そこの数値をみて判断するということが多い。
細かい金額などジャラジャラと払うので面倒だ。
フランス旅行中 早めに慣れたいと思った。

面倒ならクレジットカードが便利だった。

ちなみに

硬貨を使わなければ、最後には硬貨だらけになってしまう。
それもEURO硬貨は結構使い、細かいCENT硬貨ばかりになってしまった。
(寄付という方法もある。)

鉄道のホームでみたジュースの自動販売機など硬貨のみだったので
1ユーロや2ユーロ硬貨もほしいところだ。

お釣りを間違えることはなかった
フランス旅行中買い物でお釣りを間違えられたことはなかった。
全体的に 正確だと思った。











トップ
フランス旅行


(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。