格安フランス旅行より  個人旅行

航空券にホテル 各種チケットなど個人で手配する旅行
自分のオリジナルな旅を作ることもできるのだ!
インターネットを使えば オプショナルツアーにミールクーポンなど
きめ細かな手配ができてツアーに安心感ある旅もできるし
現地でチケットなどを手配するバックパーカー型の旅を楽しむ人もいる。



個人旅行ならば
自由気ままにフランス中(ヨーロッパ中)を走りまわる!









トップ
フランス旅行



個人旅行とは?
航空券やホテルなど別々に手配

最近はツアーでも自由旅行とうたったり
個人旅行でもかなり細かな手配をしていることもあり明白な区別がつきにくいが
大雑把に説明するとツアーの主催者は旅行会社 つまり会社側が企画して
参加者を募集するといった形をとっている。
フリープランの場合
航空券+ホテルなどがセットで原則現地自由行動であるが
形式上はツアー 旅行会社が指定した範囲の選択であることと
〜泊目は予約しない とか 個人でホテルを手配する
としても本人の旅行放棄となるので料金は変わらない
個人旅行の場合
主催者は旅行者個人である。原則としては自分でプランを組み立てて
旅行会社等に手配を依頼するといった形
ホテルの予約や各種チケットの手配 オプショナルツアーの予約など
するしないは個人の自由である。

身近になっている個人旅行
インターネットの普及も大きい

言葉の通じない海外での個人旅行 不安に思えるかもしれない
確かにツアーと比べれば自己責任は問われるし、何かあったときは
自分で対処するのが原則だ。昔はバックパックを背負った「バックパーカー」の
特権的存在であった個人旅行だが 今は一般的な短期間旅行者でも
個人旅行を楽しむ人も多い。
理由は
インターネットの普及であろう。
ネットで調べると
格安航空券はもちろん
ホテルの予約にミシェラン星付レストランなどのミールクーポン 各種ショー
そして パリなど現地発の観光オプショナルツアー(日本語ツアーも多い)
鉄道などのチケットにパリの主な観光スポットの入場ができる
パリ・ミュージアム・パス セーヌ川の遊覧船チケットまで
驚くほどに細かな手配ができてしまうのだ。
一般のツアーでは紹介されないようなホテルの手配もできるのだ。
パリから2泊のオプショナツアーに参加することも可能なのだ。





食事や現地発ツアー ショーなどを楽しみたいなら
オプショナツアーが便利


詳しくは下をクリック

オプショナルツアーに参加しよう!





自由に歩く
(リヨンにて)


個人旅行といってもいろいろある
安心重視からアドベンチャーな旅まで

インターネットで調べると いろんな手配ができると書いたが
格安航空券だけを手配して後は現地で手配するというアドベンチャーな旅を
することもできる。ただ、それなりの自己責任は問われるだろうし
シーズンともなればユースホステルなど格安宿もいっぱいになることが多いし
TGVなど鉄道の手配も難しいこともある(全席指定で立席は不可)
計画をしっかりしていたら事前に手配した方が安心であろう。
長期旅行や片道航空券の注意
航空券の手配の場合 往復航空券が一般的である。
もし片道航空券のみの手配で帰りは現地でチケットを購入とか
シベリア鉄道で帰る場合などは査証が必要な場合があるので注意
また、観光目的以外とか何ヶ月(確か3ヶ月以上だと思った)も
滞在する場合なども査証が必要となる。
本来
海外旅行をする場合 パスポートの他 相手国(フランス)入国許可にあたる
査証が必要だが、多くの国は観光目的で〜日以内の場合 免除という特約を受けているのだ。

インターネット予約がいい
格安フランス旅行をするなら!

航空券でもホテルでもとにかく多くの旅行会社で紹介されている
そして値段のバラつきも大きいのだ。
インターネットを通すといろんな会社を比較することができるうえに
ネット予約割引を設けている会社もあるのだ。
意外な掘り出し物を見つけることができる楽しみもある。


アットホームやホテルに泊まる


個人旅行のメリットとデメリット
個人旅行最大の魅力といえばやっぱり
自由きままな旅ができることではないか?
個人旅行のメリットとデメリットをまとめました。


自分のオリジナルな旅を作ることができる

通常ツアーでは訪れないようなところにも行くこともできるし
自分だけのオリジナルな旅ができる。
1人旅とか長期旅行者
ツアーだと2人以上の値段となっており 1人参加だと追加料金がかかることも多い。
また、ツアーの場合は8日間とか長くても16日程度ということも多いのだ。
もし1ヶ月とかかけてフランスばかりかヨーロッパを周遊するなら
ユーレイル パスを購入して個人で旅行した方がメリットがあるし安いことが多い。
自己責任を問われる
先にも述べたとおり 主催者は旅行者本人である。
会社側は手配をしただけで手配さえすれば ホテルや航空会社などでトラブルが発生しても
各自で対処するのが一般的である。また、交通機関に利用方法など
日本とは勝手が違うところがあり、よく分からずに利用すれば キセル乗車となって
多額の罰金になってしまうこともあるのだ。本サイトでも自分の旅行経験から見た注意点
を紹介してますが、個人旅行用のガイドブックなどでもいろいろ下調べをする必要がある。





各種手配について
航空券 ホテルの手配についてまとめてみました。


航空券の手配
格安航空券や正規割引航空券など

ほとんどの人は飛行機でフランス旅行(ヨーロッパ旅行)をするだろう。
普通運賃もあるが、格安航空券か正規割引航空券を使うのが一般的
ちなみに
格安航空券は旅行会社の団体割引のバラ売りの意味合いをもち
正規割引航空券は各航空会社が出す航空券で
JAL(日本航空)のWeb悟空14とかANA(全日空)のエコ割14など

正規割引航空券は航空会社でも購入できるが、
多くの旅行会社は格安航空券、正規割引航空券共に扱っており
インターネットでも検索できた。
料金の変動
航空会社やシーズンにより値段は大きく異なる。
安いシーズンの安い航空券なら5万円以下もあったし
高いシーズンで高い航空券なら正規割引航空券ならエコノミークラスでも
往復30万円位することもあった。
同一の航空会社で同一の出発でも9万円から30万円位の開きがあったりして複雑だ。
ただ、インターネットで調べると同じような航空会社でも格安に取り扱っていることもある。

経由便を利用して格安フランス旅行をする
パリやヨーロッパ各地へ向かう場合 日本からの直行便も多い。
しかし、ソウル経由の大韓航空やアシアナ航空
北京経由の中華航空といったような 台北経由の中華航空など
経由便の格安航空券を扱っていることが多く
直行便よりも安いことがある。
安いシーズンは5万円代というのもあった。
他にもタイ航空や中国東方航空にカタール航空などその種類は多い。
(接続が短いことも多い。)
経由便の場合 直行便と比べれば時間がかかるが 意外に接続がいいこともある。
例えば
北京経由でローマに訪れた経験から
成田空港を9:10に出発18:20にローマフィウミチーノ空港に到着
直行便なら例えば日本航空で13:45成田空港発18:30ローマ
フィウミチーノ空港に到着だ。4時間程度の差であった。
(直行便のない地方空港から利用)
例えば、福岡空港からパリの直行便はなかったが、
福岡空港からタイ国際航空でバンコクを
経由してパリへ向かう格安航空券をだしていた。
(さらに格安! 航空会社未定?)
格安航空券で特に安いのは航空会社未定だ。
余った航空券をさらに安く売り払うのだろう。
安いシーズンでは5万円以下もあった。
経験から出発日は指定できるが出発時間などは不明
直行便の望みは低いだろう。
旅行代金を支払い メールや郵送で予約確認証が送られて来て
はじめてどの航空会社利用か分かるのだ。
ちなみに
航空会社未定でも直行便確約とか日系航空会社利用というのもあったが
それはそこそこ高かった。


経由便でヨーロッパへ向かった


(シーズンは売れきれ多し、複雑な航空料金)

週末出発やシーズン、学生の夏休みの終わりなどは特にそうだったが
売れきれも多いようだ。
例えば、2ヶ月前に確認したら東京から北京までは
席があるが、北京からパリまでの席が往復共になかったのだ。
(なのでローマ便にした。) 実際、北京から先は中国人やフランス人旅行者
も多いのだ。経由便は沢山あるが確保できる席は少ないのでは?
安い航空券など条件のいいものから売れていた。
(ちなみに同じ航空会社でも高いチケットは売れ残っていることもあった。)

しかし

1ヶ月位前になって同じ格安航空券を1万円ほど値下げして売ることもあったのだ。
余ったものは値下げしたのだろうか?
しかし、そのとき売れ残った航空券は平日など条件の悪いものばかりだった。

もっというなら旅行会社によっても値段が異なることも多い。
しかし、多少高くても、手数料なしでフランスなどの鉄道切符の手配が
できるといたようなアフターサービスが充実している旅行会社もあった。

というように複雑なのだ。
個人旅行ならそういった調査も楽しみの一つかもしれない。

(オープンジョー)
周遊旅行の多い ヨーロッパ
パリに入ってローマを出国といったようなオープンジョーという手配方法がある。
直行便の他、経由便でもできることがある。
周遊旅行の多いヨーロッパ、便利だ。
聞いてみるもいいだろう。

(格安ビジネスクラス)
日本航空や全日空のビジネスクラスなら安くても60万円だ70万円はしてしまう。
やっぱりビジネスクラスは雲の上の存在?と思いきや
安い航空会社なら、パリまで往復ビジネスクラス20万円とか30万円代
というものあった。安い航空会社とはいえビジネスクラスはビジネスクラス
シートピッチも最低140cmはあるだろう
(航空会社によるがエコノミークラスは80cm位がいいところでは?)
専用のラウンジサービスに機内食も豪華なコースというのが多い。
ツアーとかフリープランでビジネスクラスにすると旅行料金が+30万円とか50万円
になることが多いがアジア系航空会社利用などで比較的安くだす旅行会社もあった。

詳しくはエコノミークラスとビジネスクラスの違い



ビジネスクラスでゆったりとした旅を!


とにかくインターネットで検索するといろんな利用方法があるので
調べてみよう!

直行便の魅力!
東京(成田)からパリ(シャルルドゴール空港)への直行便は
日本航空や全日空、エールフランス航空
(アエロフロート ロシア航空もあるがモスクワで降りるので直行便とはいえるか?)
だろう。なんだかんだといっても経由便よりは時間短縮できるだろうし
日系の航空会社ならフライトアテンダントも日本語が通じるし
他にもいろんな面で安心感もある。
値段も
日本航空の正規割引航空券で安いシーズンのエコノミークラスで
6万円とか7万円代もあったしピークシーズンでも15万円代というのがあった。
せっかくのヨーロッパ フランス旅行なのだから直行便もいいのではないか?

安いということは条件も厳しい
キャンセル不可であったり多額のキャンセル料がかかる。
(例えば7万円の航空券に対し5万円のキャンセル料とか)
行き帰りのチケットを指定し変更不可(FIXチケットという。)
というように条件は厳しくなる。

普通運賃の魅力
パリならエコノミークラスでも往復70万円以上する普通運賃
考えようによっては魅力的な面もある。

例えば

航空会社の変更ができるし、飛行機に何かあって予定日に帰国できなくても
航空会社の変更もできるし、優先度が高いのだ。
確か有効期間は1年だったと思う(要確認)
そして、途中降機もできるので有効期間内なら
東京からパリまでの間、あちこちの空港に降り立つこともできるのではないか?
(前もってルートに応じた航空券を手配する必要があるかもしれないが・・・)
私は普通運賃は使ったことがないので詳しくは不明
詳しいことは航空会社や旅行会社に聞いてください。

表示料金だけではない
(空港使用料 燃料サーチャージなど)

航空券など表示料金だけではなく
例えば燃油特別付加運賃とか空港使用料、航空保険などで
かなりの金額になることもある。
私自身79000円の格安航空券を購入したら
約120000円の請求がきた。
また
燃油特別付加運賃は航空会社によっても異なり
それで差が開くこともあった。
最終的な料金は旅行会社に確認してください。
空港使用料は空港によっても異なり
例えば大人料金で成田空港は2040円
関西国際空港は2650円、中部国際空港なら2500円
パリ(シャルルドゴール空港でEU外行きで13.51ユーロ だった。
航空券購入時に支払うのが一般的だ。


ヨーロッパへと向かう



ホテルの手配
ホテルを予約するかしないか?

以前は個人旅行とは格安航空券など往復航空券を手配して
あとは現地で手配するというイメージがあった。しかし、最近はインターネット
の普及でホテルの予約も簡単にできるのだ。
ホテルの種類も多いし、インターネットならホテルの写真が付いていることも多かった。
私自身 ホテルの予約をした。
(ユースも予約したほうがいい?)
ヨーロッパの安い宿といえば、ユースホステルではないか
パリをはじめフランス(ヨーロッパ)には多くのユースホステルがあり
値段も20〜30ユーロ 安いところなら20ユーロ以下で泊まれた。
パリのホテルを探すと、シングルルームで50ユーロ以上は普通
安宿が多いと思われるモンマルトル周辺でも最低30ユーロ程度だった。
ドミトリーという(相部屋でだいたい2段ベッド)だが
安いうえに多くの旅人と話ができるユース独特のよさもある。
ユースホステルに泊まりながらフランスやヨーロッパ旅行をする
日本人旅行者(主にバックパーカー)もみた。
ただ、問題は予約をしないと「満室」ということが多かったのだ。
以前ニースのユースホステルで断られ、パリも3件のユースに断られたことがある。
ニースはあきらめ、パリでは幸い一つのユースタイプの宿に直接行ってみたら
ベッドがあいていて泊まれたのだ。
目をつけたユースホステルがあったら事前に予約したほうがいいと思った。
なお、ユースホステルもインターネットで予約可能
ガイドブックなどでユースのURLを調べインターネットで
直接予約をしたのだが英語のみ、辞書を開いてなんとかした。
あとクレジットカードが必要だった。


ユースホステルも予約した方がいい!?


安い宿も予約できる

というよりフランスはもともと物価が高いのでユースホステルより
安い宿をみつけることができなかった。
インターネットでいろいろ調べると1泊10000円以下のホテルもあった。
50〜60ユーロなので安い方だと思う。
数は少ないが30ユーロ程度のホテル予約を受け付ける
サイトもあった。


こじんまりとしたホテル


ホテルの予約をしない場合

ただ、私はフランス旅行にて全てホテル予約したわけではなく
ホテル探しもしてみた。
その経験から
(どこでもいいならなんとかなった。)
例えばパリ市内を歩くとあちこちにちょっとしたホテルをみつけたし
リヨンでも駅前にちょっとしたホテルがあったりした。
空室ありも多かった。どこでもいいといえばないことはない。
但し、あくまでも経験上のものでホテルを予約しないのだから
自己責任は問われるだろうし保障できるものではない。
あとはホテル探しにそこそこ時間もかかった。
ちなみに
小さなホテル(日本でいえば安いビジネスホテルみたいなもの)
で50〜80ユーロ位が多かったが場所によってもホテルの値段はさまざまで
パリならシテ島やサン・ルイ島周辺などのホテルはもっと高く
モンマルトル周辺の路地裏にあるようなホテルならもっと安く30ユーロ
というのもあった。ただ、パリなど適当に歩いて50ユーロ以下のホテルを
見つけるのは難しかったので、フランス旅行のガイドブックやパリの
観光案内所にあるホテルリストなどで前もって情報を仕入れておきたい
と思った。(パリの観光案内所でもらったホテルリストは情報豊富でよかった。)
(08年7月の旅行経験による)
(気に入った街で気に入ったホテルを見つける。)
ホテルの予約をしない場合 とにかく安さを追求する人も多いだろう。
ただそれだけでは面白くない
パリなどフランスの街を歩くとちょっとしたところにお洒落なホテルがあったりする。
自分の気に入ったホテルを見つけそこに泊まる。
時間的なゆとりが必要だがそんな旅もいいなあ と思った。
(もちろん空室があれば だが・・・)



その他の手配
インターネットの普及でかなり細かい予約もできるのだ!

日本の旅行会社でも予約できることが多い。
最近はインターネットの普及でホテルの予約やパリ発現地ツアーはもちろん、
鉄道のパスや指定席の確保パリの主な美術館などに入れる。
パリ・ミュージアム・パスの手配にセーヌ川遊覧、フランス料理の予約
など細かい手配もでき、レストランなど予約が
なければ入れないところもあった。
日本から予約したからと値段も高い特別わけではないようだ。

例えば
2日間パリミュージアムパスは日本で5500円程度で買えて
現地(パリ)では30ユーロで売っていた。

日本の銀行や金券ショップでは1ユーロ170〜173円程度だったので
その場合の現地価格5100円〜5190円で

パリの両替所なら1ユーロ175〜180円程度だったので
その場合の現地価格5250〜5400円となる。

多少高くはなるものの、現地でパスが手に入らないことを
思えば、安心料だと思っていた。(08年7月のフランス旅行経験から)


ちなみに
ヨーロッパ(フランス、イタリア)鉄道のためパスを
手配したが出国前にインターネットで日本の旅行会社を通して購入、
ユーレイルパスなど基本的に現地では購入不可という情報があったのだ。

他にもいろんな手配サービスがあった。



パリミュージアム パスでノートルダム大聖堂に登った!















格安フランス旅行に戻る


トップ
フランス旅行





(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。