フランス旅行 パリ

セーヌ川クルーズを楽しもう!

パリの中心部をゆったりと流れるセーヌ川
そこから眺める街並みは感動そのものだ!
セーヌ川クルーズについてまとめてみました。


トップ
フランス旅行

お得な旅をしよう!
格安フランス旅行



                    

セーヌ川クルーズ
セーヌ川クルーズ


目次

1.セーヌ川クルーズの魅力

2.セーヌ川クルーズの種類

3.セーヌ川クルーズの予約・利用方法

4.注意点








1.セーヌ川クルーズの魅力
セーヌ川から眺めるパリの街並みに感動

パリの街中を東西に流れる川ノートルダム大聖堂やエッフェル塔
ルーブル美術館など有名観光スポットはセーヌ川沿いにあることが多い。
その川から眺めるパリの街並みに道行く人々・・・
また違った視点でパリを観ることができる。

バックミュージックが盛り上げる
ディナーやランチクルーズでは生演奏が行われることもある
そうでなくてもバックミュージックが雰囲気を盛り上げてくれた。

夕暮れや夜のクルーズ
昼間や夕暮れ時 そして夜の夜景クルージングなど
時間帯によって異なる感動があるのだ。
自分の好みの時間帯を選んで利用するのもいい。

ランチ/ディナークルーズで素晴らしい思い出を
セーヌ川からパリの風景を眺めながらフランス料理のフルコースを楽しむのだ。
クルーズ会社によって異なるが、旬の食材をふんだんに取り入れた
コースが出されたり、生演奏を聴きながら食事をするなどさまざま
ディナーともなればパリの幻想的な夜景を眺めながら楽しむことができるのだ。
値段は高くなるがそれ以上の価値があるとのことだ。
詳しくは予約・利用方法


セーヌ川を眺めていると、ゆったりと時が過ぎる




2.セーヌ川クルーズの種類
クルーズの種類

1.遊覧クルーズ
一般的な遊覧で1時間程度でセーヌ川をまわる。
クルーズ会社やシーズンによるが30分とか1時間ごとに出航
値段も約10ユーロと割安、気軽に利用できるが
予約した方がお得なことがある
詳しくは予約・利用方法
クルーズのコース
自分の経験から
エッフェル塔〜シテ島、サン・ルイ島、〜リヨン(TGV)駅付近あたりをまわったと思う。
いうならパリの中心部、セーヌ川からエッフェル塔にノートルダム大聖堂
ルーブル美術館などを見ることができた。
そして何よりもノスタルジックなパリの街並みが最高のみどころであった。

2.ランチクルーズ/ディナークルーズ
船内でランチやディナーを楽しみながらのクルーズだ。
2時間前後のクルーズで予約は必須
クルーズ会社によるが昼は13:00前後、夜は20:00前後に出ることが多いと思った。
夏のパリの日の入が21:00〜22:00頃と思えば、ちょうどいい時間帯?
カジュアルか?フォーマルか?
注意したいのはカジュアルクルーズ フォーマルクルーズがあることだ
値段は
カジュアルで50〜70ユーロ フォーマルで100〜180ユーロ
さらに
フォーマルは座る席(窓側か内側か) ドリンクによって値段の差がある。
なお
ランチにカジュアル、ディナーにフォーマルが多いが一概に断定できない。
服装
注意したいのは
フォーマルだとそれなりの正装を求められるころだ。
どの程度の正装かはそれぞれで
Tシャツ ジーンズはNG 襟付OKという所もあれば
それなりの服装を求められることがあり
予約時に確認したい
詳しくは予約・利用方法


闇夜に浮かぶノートルダム大聖堂





クルーズ会社と選びかた
パリには数社のクルーズ会社があり
その中で代表的な3社を挙げてみました。



クルーズ乗場


バトームーシュ
(Bateaux Mouches)

最も一般的!?

フランス旅行のガイドブックでもよく紹介されるクルージング会社
一般的な遊覧の他、ランチクルーズディナークルーズなどもあった。
遊覧クルーズで10ユーロ ランチクルーズ50ユーロ ディナークルーズ95〜135ユーロほど
乗り場
一見悪そうに思えるが、地下鉄「ALMA MARCEAU」からすぐ
地下鉄利用方法がガイドブックにもよく紹介されているし
下調べをしておけばパリの地下鉄利用方法は簡単だった。

バトーパリジャン
(Bateaux Parisien)

エッフェル塔から便利

バトームーシュと並んでガイドブックでよく紹介される船会社
最も魅力的なのはエッフェル塔の目の前から出ていることだ。
遊覧クルーズ11ユーロ ランチクルーズ53ユーロ〜 ディナークルーズ97ユーロ
バトームーシュと比べ若干割高だが
エッフェル塔とセットで割安になるチケットもあった。
詳しくは予約・利用方法

ヴデッド・デュ・ボン・ヌフ
(Vedettes du Pont Neuf)

シテ島の西側から出航!

フランス旅行のガイドブックに紹介されることがある。
シテ島の西側から出発なのでノートルダム大聖堂から近い
確か遊覧クルーズのみで10ユーロ前後と記憶している。


エッフェル塔の上からセーヌ川クルーズの船を見る






3.セーヌ川クルーズの予約・利用方法
遊覧クルーズの場合は予約不要だが

日本の湖などで見られる遊覧船とほとんど同じ
桟橋のような所にチケット売り場があり
ここでチケットを購入する。
定員にならない限り予約なしでも乗船できるだろう。
セットでお得なチケットなど
遊覧クルーズの場合、オープンバスやパリ周遊など
セットで予約をするとお得になるプランがある。
特に魅力を感じたのは
エッフェル塔優先入場券+バトーパリジャンの遊覧セット(59ユーロ)
エッフェル塔も予約なしで登れるが
夏のシーズンなど長蛇の列
2時間待ちなんてのもザラ
優先的にエッフェル塔に登り
エッフェル塔の目の前から遊覧船利用できるのは
時間的メリット大に思えた。
ランチクルーズ/ディナークルーズは予約必須
クルーズの種類で説明したとおり
ランチやディナークルーズの予約は必要
カジュアルクルーズやフォーマルクルーズがあり
フォーマルなど服装の規制があるので
予約時にチェックをしたい。



おすすめオプショナルツアーのサイト
日本語で簡単 ネット予約で割安なこともある。
セーヌ川クルーズプランも豊富だ!







パリの街を流れるセーヌ川





4.注意点
冬期間は便数減

冬期間は運休は便数が大幅に減少することがある。
夏でも夜は寒いこともある
夏のパリはカラッとしていて日差しが強く、汗をかくような暑さである。
しかし、夜になると涼しくなる。セーヌ川のクルーズの場合、甲板(デッキ)
に出ると風も強く肌寒さを感じ、トレーナやちょっと羽織るものがほしいと思ったほどだ。
夜にセーヌ川クルーズを楽しむ場合は注意をしたい。
終電が行ってしまった!
船会社によっては23:00までセーヌ川クルーズを行うことがある。
個人で最終のセーヌ川クルーズを利用して地下鉄などでホテルに戻る場合
など最終電車に注意したい。
なお、クルーズに限らず夏のパリの日没は遅く21:30とか22:00とかである
知らぬ間に深夜になってしまったことが何度かある。
冬のパリの日の入は17:00とか18:00なので問題ないと思うが・・・
予約が入ってない!?
添乗員同行のツアーなら添乗員が責任をとってくれるだろう。
現地発のオプショナルツアーでクルーズを手配した場合は悲惨だ!
そのためにも必ず予約確認書の用意と
連絡先を控えておきたい。
万一予約が入ってない場合はすぐにでもクレームを出した方がいい。
フランス旅行ではないが予約が入ってなかった経験もあるだ。
ホテルまで送迎付ツアーの場合、ホテルのフロントに聞いたり
予約確認書を乗船場の係員にみせたりすればなんとかなることもあろう。


夜は幻想的な世界を見せてくれる
(終電に注意したい)






パリの観光に戻る


トップ
フランス旅行


スマートフォン



(注意)
08年7月の旅行経験から16年にまとめました。
状況の変化や実際と異なることも考えられます。
参考程度に自己責任で調査をしてください。