フランス旅行

TGVを利用して

最高時速320q世界最速と言われる
フランスの高速鉄道「TGV」速さだけでなく
デザインも素晴らしいし、ゆったりもしていた。
TGVを利用しての感想をまとめてみました



 ツイート



TGVでパリへ向かう
(リヨン駅にて)










トップ
フランス旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安フランス旅行


とにかく便利なTGV
フランス国内や周辺諸国を短時間で移動できる

時速300q以上で走るフランス高速鉄道TGV
フランス国内や周辺諸国を短時間で移動できる。
例えば
パリから400q以上離れているだろう。
リヨンまで2時間〜2時間半程度
本数の多さから
日帰りでフランス第2の都市そしてグルメの街
リヨンまで日帰りで行くことも可能だ。
他にも
地中海沿いにあるフランスを代表するリゾート地
ニースまで5時間半〜6時間位である。
スペインやドイツ、スイスなどの
国際線もあり
パックツアーの
パリの自由行動日を使って
ジュネーブ(スイス)まで日帰り旅行を楽しむ旅行者もいるようだ。


フランス国内や周辺諸国を高速で移動できる


日本からチケットの手配が可能

インターネットを通せば簡単にチケットの手配が可能だ。
シーズンともなれば満席ということもあったので
心配なら予約をしたい。
TGVは全席指定であり立席はないので
指定券がないと乗れない。
(指定券なしに乗ったら罰金もの)
500円だの1,000円だの
手数料はかかるが全体額からみれば少ないものだ。
ちなみに値段
出発時間や曜日 シーズン、割引 レート
などいろんな条件があるが
例えば
パリ〜リヨンで
2等座席で7千円とか1万5千円
1等座席で1万円〜2万円など
(パスホルダーの場合)
ヨーロッパ自由旅行をする場合
ユーレイルパスやセレクトパスという
周遊パス(いわゆる周遊券)
を持っている場合がある
全席指定のTGVは
パスを持っていても指定席の予約は必要
現地の駅の窓口でパスを見せて予約もできたが
日本でも指定券の予約ができた。
但し手数料がかかる。

参考に
リヨン駅でパリまでの指定券(2等座席)の予約をしたとき
3ユーロだった。

周遊パスについて
詳しくは
フランス鉄道旅行
を参考にしてください




TGVを利用して
フランス第2の都市と言われるリヨンから
首都パリまで2時間ちょっとTGVの旅をしてみた。


リヨン駅に到着

リヨンの街を歩いて、駅に到着
ちなみにリヨンは人口160万人以上で
フランス第2の都市であるが
「驚くほどの大都会」といった印象は低く
逆に静かな雰囲気で街を楽しむことができた。


リヨン新市街の様子

切符を購入

日本で購入したヨーロッパ時刻表で自分の乗る予定の
TGVの番号と行先 等級(2等座席)を紙に書き
ユーレイルセレクトパスを掲示し
パリまでの切符を購入
スンナリと買えた。
周遊パスを持っているので値段も3ユーロであった。
夏休みシーズンのニース〜パリでは
満席だった経験がある。
手数料はかかるが心配なら日本で予約したい。


リヨン・ペラーシュ駅の様子


刻印機に入れてホームへ

電光掲示板で自分が乗る予定で列車番号と
ホーム(番線)を確認
改札口を入れてホームへ向かう。
基本的な流れは日本と似ていたが
改札口というのはなしに等しく
誰もいないところに刻印機が置かれているだけ
その刻印機に指定券を入れて刻印する。
ちなみに
ユーレイルパスなどパスは
刻印はしない(日付の記述は必要)
しかし
乗車券や指定券は刻印をしなくてはいけないようだ。
検札で痛い目にあう


改札口?
(刻印機があるだけ だけどしっかりと刻印しよう)


TGVに乗車する

ホームには、すでにTGVが停車していた。
2階建て車両で1等席と2等席 バーが連結されていた。
1等席は1×2席でゆったり
2等席は2×2の向かい合わせ
真ん中にテーブルがあった。
ヨーロッパの鉄道は
向かい合いの席や個室の席をみることがあった。
個室感覚はあるが
若干狭いようにも感じた。
各座席には220Vのコンセントもあった。
天井は若干狭い感じはしたが
車内は清潔でゆったりした感じだ。
また、デザインもすばらしい。
訪れたのは夏 車内の窓にエアコンの涼しい風
がきていたが、全体的に暑い感じだった。
2等席の指定された席に座る。


2等席の様子


ゆったりした1等席


いよいよ出発!

時間になるとTGVは滑るように走りだした。
リヨンのノスタルジックな街並みや美しい川
を渡ってゆっくりと進む
電車は高速で走りだす
しかし、ゆったりしている。


リヨンの街を後にする


車内放送

出発のアナウンスがないので注意しよう。
車内放送があったかほとんど記憶はないが
あっても言葉が分からない。
目的の駅の時刻をチェックしたり
途中下車を予定しているなら
一つ手前の駅を調べておいて
そこに着いたら降りる準備をしておくのもいいと思った。
車窓
郊外に出ると、ほとんどが農園や牧場
ときどき小さな集落や教会が見られる。
また、日本の新幹線と比べまるで在来線を
高速で走行している感じがした。
車内は静かだ。


農園の中を高速で走る


検札

ちなみに検札が来る。
厳しい感じで
トイレなどで席に切符を忘れても
席に戻るまで付いて来た。
車内清算も通用しないし
指定券なしで乗った場合も処罰対象
目的地までしっかりと切符と指定券を購入しよう。

バーに入る
せっかくのTGVバー車両に入ってみる。
こじんまりとした感じだがメニューは豊富
ちょっとした食事が10〜15ユーロほど
また、ケーキにデザート
他にもワインやコーヒー ソフトドリンクなど
ヨーグルト(3.1ユーロ)とコーヒー(2.4ユーロ)
を注文した。車窓を眺めながら食べる。


バーの様子


ヨーグルト(3.1ユーロ)とコーヒー(2.4ユーロ)


パリに到着

少しずつ街になっていく
そしてしばらくしてからパリ(Gare de Lyon駅)に到着!
さすがにパリ!
多くの人で賑やか、そして多くのTGVが並んでいる。
しかし、駅は比較的シンプルで分かりやすい
外に出るとノスタルジックな街並みが広がる。


パリに到着
(賑やかだ)



駅前の様子
(ノスタルジックな街並み)






ツイート















フランス鉄道旅行に戻る


トップ
フランス旅行



(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。