フランス旅行より

ベルサイユ宮殿の行きかた

パリ郊外にあるベルサイユ宮殿
パリ中心部からベルサイユ宮殿への
行きかたをいくつかまとめてみました。


 


トップ
フランス旅行


いろいろ調べヨーロッパへ
お得な旅をしよう!

格安フランス旅行






ベルサイユ宮殿最寄駅に到着!
(ツアーも豊富だ)


パリ中心部から日帰りで訪れることができる
自由行動日を活用して訪れることも可能だ!

ベルサイユ宮殿はパリ中心部から1時間もしないで
着くような近さ!「日帰り」ないし「半日」でも
ベルサイユ宮殿を楽しむことは可能である。
つまり
パックツアーでベルサイユ宮殿に立ち寄らなくても
パリ自由行動日を活用しても行けるのだ。

オプショナルツアーに参加するか?
個人で訪れるか?

パックツアー参加者でツアー行程に
ベルサイユ宮殿が含まれているなら問題ないが
実際は含まれていないことが多い。
その場合は個人で行くか
現地(パリ)発のオプショナルツアーに参加して
ベルサイユ宮殿に訪れることになるだろう。


パリからベルサイユ宮殿へ向かう道中


オプショナルツアーに参加する
世界的に有名なベルサイユ宮殿
パリ発のオプショナルツアーも豊富
日本語ツアーもある!


オプショナルツアー利用方法
現地(パリ)発のツアー

先にも述べたとおりオプショナルツアーとは
現地発のツアーであり、パリから多くの
ツアーが紹介されている。
個人旅行者はもとより
パックツアーでも
パリ自由行動日を設けて
いることが多く。そういった日を使って
参加することが可能だ。
事前に申し込めば
パックツアーでも
延泊でパリ滞在期間(自由行動日)
を延ばすことできることが多い。
ネットで簡単に手配もできる
もちろん日本から簡単に予約が可能
旅行会社でもツアーの予約ができるが
インターネットを通すと
より多くのツアーを調べることができるうえに
割引などお得情報を得ることもできることが多い。

サービスで付くこともある
フリープランなどに参加する場合
追加料金不要でオプショナルツアーが付くことがある。
一応チェックはしておきたい。

大きな荷物があるときは?
個人旅行者などツアー終了後に
そのまま鉄道でパリを後にする人などもいるだろう。
ツアーによるが大きな荷物を預かってもらえる
こともあった。事前に確認しよう。

どんなツアーがあるの?
(半日でベルサイユ宮殿のみを観光する)

メインとなるベルサイユ宮殿内部を観光するツアー
値段はパリ出発で45ユーロ程度だ。


宮殿だけでも感動がいっぱい!


(1日かけてベルサイユ宮殿+パリ市内まわり)

ベルサイユ宮殿は世界的に有名な観光スポットであるが
パリとその周辺には、他にも魅力的なスポットが沢山
短時間でいろんなところにまわりたい
そういう旅行者もいるだろう。
パリ市内観光+ベルサイユ宮殿といったツアーもあった。
値段は
100~130ユーロなど
ただ
パリ市内観光といっても車窓からの眺めが多いようだ。
半日や1日でじっくりパリを満喫するのは難しい!?


パリ観光とセットでまわる
(モンマルトルの丘では下車!?)


(1日かけてベルサイユ宮殿とその周辺をじっくり観光)

ベルサイユ宮殿にこだわりを持ちたい人向けであろう。
ベルサイユ宮殿のみならず、マリー・アントワネットの離宮など
まわったり、一般公開されないところの特別入場
夜の噴水ショーや自転車で庭園をまわるなど
こだわりのあるツアーも多いのだ
値段はいろいろ70~200ユーロとか?


ベルサイユ宮殿といっても広く
まともにまわれば1日がかり!?



オプショナルツアー参加の注意点
出発日を間違える!?

旅行期間が長いと曜日感覚など薄れてしまうもの
まれに日にちを間違えるというトラブルもあるとか?
自分の場合
ノートに旅行行程を記述してチェックをしている。

時間 集合場所も
ホテルまで送迎してくれればともかく
そこまでサービスがよくないこともあり
集合場所の確認をしておきたいし
時間に余裕を持ちたい
迷ったり渋滞などで遅れるリスクもありうる。

日本語ツアーか?
パリ発の日本語ツアーは多いが
まれに英語のみというのもある。
確認したい。

予約漏れ?
まれにオプショナルツアーの予約が漏れていることもある。
そのときはすぐにクレームを!
オプショナルツアー会社への連絡先を控えておこう。
また、急なキャンセルもありうる。
そのためにもオプショナルツアー会社の連絡先を
控えておきたい。


おすすめオプショナルツアー会社
Alan1.net
世界中のオプショナルツアーが豊富にそろっており
インターネットで簡単に予約することもできる。
ベルサイユ宮殿のみならず、パリ市内観光に
レストランでの食事 エンターテイメント
セーヌ川クルーズなど、その種類は豊富だ。

詳しくは










個人で訪れる
RER(郊外鉄道)を利用すれば
パリ中心部から30~40分位で
行くことができた。
自分だけのオリジナル旅行もできるし


RER(C線)を利用する
下調べをすれば利用も難しくなかった。

パリ中心部から個人でベルサイユ宮殿へ行く場合
最も便利なのがRER(郊外高速鉄道)であろう。
A~E線パリ中心部に何本か路線があり
まるで放射線状にパリ郊外へと結んでいるようだった。
そのC線を利用、Versailles-Rive Gauche駅まで行く。
フランス旅行のガイドブックを開けば
地下鉄と同じくRER線の路線図が掲載されていることが多い。



個人で訪れるならRERが便利だった。

切符を購入する
フランス(というかヨーロッパ?)には清算という習慣がない
終点まで購入する。運賃はパリ1区間で1.7ユーロであったが
ベルサイユ宮殿は1区間より離れるため2.9ユーロであった。
分からなければ切符売り場でVersailles-Rive Gauche
というメモを見せたら簡単に買えた。
なお、目的の駅まで切符を買わなかった場合は
多額の罰金をとられる。
先のも述べたとおり
清算という習慣はない。

安い!
オプショナルツアーでは半日観光でも40ユーロ以上するが
RER往復で6ユーロ ベルサイユ宮殿入場で15ユーロと思えば安い!


ベルサイユ宮殿最寄の
Versailles-Rive Gauche駅にて


乗車する

乗車方法は基本的に日本と同じ
パリ中心部は地下を走るが
途中から地上に出る。
列車も2階建で風景を楽しめた。
郊外へでるとなんとなくのどかで
フランスの生活が垣間見られる感じもあった。
一般の人と一緒に行動がとれるという魅力もる。


RERの車内

Versailles-Rive Gauche駅から歩いてすぐだ!
確かVersailles-Rive Gauche駅は終点だったし
多くの人が下車したので分かりやすかった。
そこからベルサイユ宮殿まで数百mあるが
ゆっくり歩いても15分ほどで着いた。
地図があれば迷うことはないだろう。

詳しくは

RER(高速郊外鉄道)を利用しよう!




Versailles-Rive Gauche駅周辺の様子


個人で訪れる場合の注意点
乗り間違え

C線といえば分かりやすいように思えるが
途中で2本に分かれているのだ。
間違えるととんでもない方向へ向かってしまい
疲労もたまるし、相当な時間のロスとなる。
パリ中心部からベルサイユまで
1時間もかからないのに
乗り間違えて2時間も3時間もかかることもあろう。
路線図でしっかりと確認しよう。
車内放送がない
車内放送がないし、あっても言葉が通じないので意味はなかった。
自分は、ガイドブックに載っているRER路線図をたどり
ホームに書かれた駅名から路線をたどった。
(乗り間違えや帰りの下車駅に気づくことができた。)

不正乗車!?
先にも述べたとおり切符は目的の駅まで購入
でなければ不正乗車で罰金もの!!

混雑していて分からないことも!!
ベルサイユ宮殿に着いたはいいが
すごい混雑!
ガイドがいるわけではないので
どこを並べばいいのか分からなかった。

言葉が通じない
乗り間違えなどトラブルが発生しても言葉は通じないので
疲労は相当たまった。

疲れる!
見知らぬ土地、下調べをしない場合や
体力に自信がない人は個人で訪れる
ことはあまりおすすめしたくない。
自分で地図やガイドブックを見ながら
歩いたり、暑い中、長蛇の列を並ぶこともあった。
具合が悪くなり
せっかくの旅が台無しになりかねない。


簡単にRERの説明
フランスやパリのガイドブックなどにパリ市内の地下鉄路線図が
載っていることが多い。それと一緒にRERの路線図もある。
RERとはパリ市内と郊外を結ぶ郊外鉄道のようなものだ。
パリ市街地では地下を走るので一見地下鉄と同じだ。
ただ、地下鉄よりも停車駅は少なくはやい。
RERはA線からE線まで5つの線がある。

他にも
フランス国鉄や(地下鉄+路線バス)などの方法があるが
個人的にはRERが分かりやすかったのでそれを利用した。




ベルサイユ宮殿に戻る


トップ
フランス旅行









スマートフォン



(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。