フランス旅行より  パリの交通

タクシーに乗車する

夜間の利用や疲れたとき、荷物が多いときなど
便利なのがタクシー、パリ市内では多くのタクシーを
見かけることもありちょっとした移動にも便利なのだ。



パリ市内でみかけたタクシー











トップ
フランス旅行


いろいろ調べヨーロッパへのお得な旅をしよう!
格安フランス旅行


パリのタクシー
便利なタクシー

どこへでも好きなところへ行けるのでタクシーというのは便利である。
行き先さえ伝えれば特別な語学が必要とされることもない
どのようなときに便利!?
ちなみにパリは地下鉄(メトロ)の路線が発達しているうえに
慣れれば利用方法も難しくはない。運賃もパリ市内なら1回1.7ユーロ
距離にもよるがタクシーなら基本料金で2.3ユーロ
距離によっては10ユーロ位はかかってしまう。
地下鉄(メトロ)だけでもパリ市内観光は可能なのだ。
どのようなときにタクシーは便利か?
いくつかピックアップ
(深夜の利用)
夏ともなればパリの日の入は21:00とか22:00 場所によっては0:00過ぎても
賑やかなので 時間が過ぎるのを忘れてしまい気がついたら
メトロの最終が出てしまったということがある。(0:30頃?)
そのときはタクシーは強い見方なのだ。
ただ、終電に間に合うようにしたいが・・・
(荷物が多いとき)
ホテルをチェックアウト、スーツケースにバックパックなど荷物が多いだろう。
鉄道駅へ行く場合 地下鉄という方法があるが、混雑していることもあるし
大荷物だと利用しにくい。タクシー利用が便利だろう。
空港(シャルル・ドゴール空港など)へ行く場合、空港までタクシーという方法もあるし
エアポートバスのりばまでタクシーという方法もある。
(疲れているとき)
パリ滞在の貴重な時間 大切に使いたいし、疲れているうえに
ルーブル美術館やノートルダム大聖堂、エッフェル塔など観光地内でも
並んだり歩いたりすることも多い。疲れることも多い。
そのとき ちょっとした距離でもタクシーで移動すればかなり楽なこともあり
(高級レストランで食事など)
ミシュラン3ツ星以上のレストラン予約をした場合
正装でタクシー利用というのが一般的といわれている。
(大人数で利用)
とはいえパリ(フランス)のタクシーは3人が一般的
助手席は乗れないこともあるのだ。それでも3人で利用すれば
1人比で運賃は3分の1 9ユーロなら1人あたり3ユーロになるのだ。
あと荷物が多い場合など追加料金がかかることがある。


パリのタクシーの利用方法
注意点を含めて経験と調査から
パリのタクシー利用方法についてまとめてみました。


タクシーを拾う(呼ぶ)
Taxiと書かれた表示

地下鉄駅の近くなど街中にはTAXIと書かれた表示板があるタクシーのりば
がありそこでタクシーが待機していることがある。
一番簡単なタクシー利用方法であろう。屋根にTAXIと書かれているので分かるはずだ。
タクシーを呼ぶ
タクシーのりばがない場合はあってもタクシーが来ない場合はホテルやレストランで
タクシーを呼ぶ方法がある。タクシーを呼んでもらったら1ユーロ程度のチップは払いたいもの
タクシーがない!?
経験上、パリの街中でタクシーのりばがなくて困った経験がないが、不便な場所など
タクシーはなく、レストランなど呼んでもらうこともできないこともある。
特に行きはホテルでタクシーを呼んでもらったが帰りはタクシーがない!
ということはないように事前に帰りの「あし」について確認をしておきたいものだ。
特に夜間など注意したい。


パリ市内にはあちこちにTAXIと書かれた表示があった。



タクシーに乗車
行き先を告げる

まずは言葉 日本語はもちろん 英語すらままならないこともあるが
紙に行き先を書いてみせるか、フランス旅行のガイドブックで指さして
みせるなどすればいいと思う。
あとは3人乗りが一般的で助手席には乗れないと思った方がいい。
ドアは手動
今までの海外旅行経験から自動ドアのタクシーを見たのは香港位である。
実際 その香港でも一般的に手動ドアと言われた。
見た目や内装もタクシーというより普通の乗用車に乗った間隔があるがそれが普通と思った方がいい。
ルートの確認
海外旅行の経験からまれに遠まわりされて多めに運賃をとられた話も聞く。
気分よくない!おおよそのルートを確認して もしおかしいと思ったら
片言英語でも文句言おう。なお、日本のタクシー同様
登録ナンバーなど書かれていた。
運賃
確か基本料金が2〜2.5ユーロほどで
曜日や時間帯によって異なるが1kmあたり1〜1.5ユーロ程度という
また、大荷物の場合など追加料金がかかることがある。
これは自分に経験であるが
イタリア広場からバスチーユ広場近くまで深夜利用で8ユーロちょっとだった。
メーターは倒したか?
フランス旅行ではなかったが メーターを倒したか確認しよう。
自分の海外旅行経験から流しのタクシー(チャーターした観光タクシーではない)
メーターを倒さず言い値で運賃を払った場合は通常より高額であることが多い。
乗車中
運転手と言葉は通じないにしろ 片言英語などで話がはずむこともあった。
それも楽しい旅の思い出になることがある。

目的地に到着
目的地に到着 精算する。

目的地に到着 メーターを見て精算 大荷物の場合など
追加料金がかかることがある。
チップは特段払わないでいいと思ったが
運賃の5パーセント程度が一般的と言われている。
アメリカのタクシーは15パーセントだったので安いと思った。

観光タクシー
観光客に便利

〜時間とか半日 1日チャーターするタクシー
または送迎など、土地に不慣れな旅行者にとってうれしい存在
ただ、言葉の問題もあるしパリでいきなり予約は難しいと思う。
オプショナルツアーで貸切タクシー(専用車)などの案内があることもある。
日本からインターネットで簡単予約も可能なのだ。


詳しくは下をクリック

オプショナルツアーに参加しよう!


















パリの交通に戻る





トップ
フランス旅行





(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。