フランス旅行より

パリのレンタサイクル(ヴェリブ Velib)

パリの街を歩くとVelibと書かれた自転車が並んでいるのを見る。
ヴェリブという市が提供するレンタサイクルだ。
無人なので最初は戸惑うが慣れれば簡単 安くて効果的に
街中の移動ができるのだ。ヴェリブの利用方法や
パリのサイクリングについてまとめてみました。



パリではヴェリブをよく見かけた











トップ
フランス旅行


いろいろ調べヨーロッパへのお得な旅をしよう!
格安フランス旅行


ヴェリブ Velibとは?
パリのレンタサイクル

もともとパリの渋滞緩和のために2007年に市が導入したものである。
今や街のあちこちにヴェリブのパーキングがあり
好きなところで借り返却することができる。
元の場所に戻す必要がないのだ。
便利
パリは狭いエリアに多くの観光スポットが集中している。
地下鉄やバス路線が発達しているものの
1回乗車するごとに1.7ユーロかかるし
待ち時間など面倒 ちょっとした移動なら徒歩が便利といいたいが
歩くのも結構疲れる
自転車だとちょうどいい距離というのもいいし
風をきりパリの街を眺めながらのサイクリングは楽しいのだ。

夜中の移動はおすすめしないが
ヴェリブは24時間 終電後でも利用できるのだ。


ヴェリブ Velibの利用にあたって
無人である

少々面倒なのはパーキングは無人で自分で操作して借りる必要がある。
慣れれば難しいことはないが 最初はなんだか分からないだろう。
フランス旅行のガイドブックやインターネットなどで下調べをしておきたい。
基本料金と利用料金が必要
まずは基本料金が必要となる。パリ在住者のためか1年間の登録もあるが
短期間の旅行者のため 1日(24時間) 1週間の登録もある
ちなみに
基本料金(登録料金)
1日は1ユーロ 1週間(7日間)5ユーロで
クレジットカードが必要だが現地(パーキング)で登録できる
1年間有効というのは29ユーロで役場などでの登録が必要となるが
一般的な旅行者が1年登録することはほとんどないと思う。
利用料金は
30分以内は無料
30分を越えて60分以内なら1ユーロ
60分を越えて90分以内なら3ユーロと加算される
2時間以内で7ユーロと単純に比例ではなくどんどん加算される。
あちこちにパーキングがあるので30分以内に返却するのがコツ
もし そのパーキングが満車ならば
このパーキングで手続きするとさらに15分間無料時間が延長されるのだ。


ヴェリブ Velibの利用方法
まずは登録をする
ボルヌで登録手続き

ヴェリブのパーキングへ行くとボルヌ(Borne)というという券売機のようなものがある。
1日とか7日間の登録ならここで可能だ。
言語を選択
基本は英語の表示であるが言語の選択ができる。
英語の方がいいのでは?(たまに日本語もあるらしいとか?)
1 or 7days・・・を選択
1日または7日登録なので必然的にそちらを選択
次に1日か7日かを選択する。
クレジットカード
利用できるクレジットカードの種類とその他利用規約のようなものが表示される。
150ユーロの保証金が課せられることも書いてある。
自転車の破損とか紛失とかなければ課かせられない
そして クレジットカードを挿入し4桁のカード番号入力
Vボタンを押す。
レンタル暗証番号
次にレンタサイクルの暗証番号(4桁)を入力 Vボタンを押す。
自転車を借りるとき必要になる番号なので忘れないようにしよう。
確か確認用か2回押したと思う。
その後 8桁の番号が入った登録カードがプリントアウト
登録終了!
この登録カードの番号も自転車を借りるとき必要になるので紛失しないようにしよう!
これで終了なら確か赤表示のAボタンを押す。

自転車を取り出す
そのまま自転車を借りる場合は

Take a bike immediatelly を選択
4桁のレンタサイクルの暗証番号を入力したVボタンを押す
次に注意書きされているのでVボタンを押した
次はパーキングにある使用可能な自転車が表示されているので
好きな番号を選択 1分以内に自転車を取り出す。
ここから30分は利用料金はかからないが
それ以上になると1ユーロ 3ユーロと加算されるので注意しよう。
取り出すときはスタンドのボタンを押すのだ。
取り出せなければ 2〜3分ほどたって再度やり直しとのこと。

自転車を返却
緑のランプに点灯したことを確認する

借りたところでなくてもいい。ヴェリブのパーキングを見つけて
スタンドに押し込むのだ。押し込んだときランプが緑色に点灯されたことを確認
赤の表示なら返却したことにならず利用料金が加算されてしまうのだ。
満車(空きスペースがない)の場合
パーキングに空きスペースがない場合は
このパーキングのボルヌに登録番号(確か8桁の番号)を入力すれば
さらに15分間無料時間が延長 周辺のヴェリブのパーキングの案内あり
次のところも満車なら登録したら15分追加料金不要とのこと

再度自転車を借りる
8桁と4桁の登録番号が必要

プリントアウトされた8桁の番号と4桁の暗証番号を入力
先と同じ要領で借りるのだ。


注意点
返却されていない

返却するときスタンドを押し込み カチャッと音がしてランプが緑に変わったことを確認しよう。
そうしないと返却と認識されないのだ、認識されなければドンドンと利用料金があがり
100ユーロとか150ユーロとなってもおかしくないだろう。
パンク
海外のレンタサイクルでパンクをした経験がなんどかある。
自転車を出すときパンクやその他故障がないかを確認しておこう!


パリのサイクリングについて
基本的に車と同じ

パリの場合 日本以上に自転車のルールは厳しいと思った方がいい。
まず注意したいのは 自転車は車両なので車道を走るのだ。
日本みたいに歩道を走ってはいけない。
ただし、自転車マークの入った自転車専用道路ならOK
あと、右側通行なので車道の右側となる。
他にも 一方通行の逆走も禁止されているのだ。
基本的に車を運転しているのと同じだと思った方がいいのだ。


パリの街をサイクリングしよう

















パリの交通に戻る





トップ
フランス旅行





(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い
状況の変化、その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。