グアム旅行より

グアムのビーチを楽しもう!

グアムに訪れたら是非ともビーチを楽しみたい 青い輝く海
ちょっと潜ると美しい珊瑚(サンゴ)に色とりどりの魚を見ることができる。
マリンスポーツを楽しんだり、サマーベッドでヒナタボッコしたり
ビーチ沿いのテラスで食事も楽しめる。1日中いても飽きることはないだろう。
賑やかなタモンビーチやローカル色あるイパオビーチの他 多くのビーチがある。


タモンのビーチ
常夏の島 グアムのビーチを楽しむ。









トップ
グアム旅行


格安グアム旅行の方法
お得にグアム旅行を楽しみたい


格安で安心なグアムを楽しみたい!
安心グアム旅行
格安でも安心なグアム旅行を楽しみたい
フリープランを中心に紹介します。

航空会社や出発時間を選ぶ
個人旅行はもちろんフリープランでも
航空会社やフライト時間を選ぶことができるのが多い。
よりオリジナルなグアム旅行を楽しむ。
自由なグアム旅行を楽しみたい
格安で自由にグアム旅行を楽しみたい
個人旅行を中心に紹介します。

ホテルを選ぶ
個人旅行の他、グアム島フリープランなら
 ホテルを選択できることが多い。



グアムのビーチの魅力について

多くの旅行者が集まるタモンのビーチに訪れての感想です。
1年中泳ぐことができる。
タモンのビーチに限ったことではないがグアムは1年中海で泳ぐことができる。
沖縄でも1年中泳げるわけではないのでかなりの魅力ではないか?
遠浅
かなり沖合いまで行っても足がついたのは驚いた。ただ、沖合いまで出すぎるのは注意
深みにはまることもあるし、遠くでは白波がたっている。白波が立つところへは絶対に行ってはいけないと
注意書きもしてあった。あと子供も絶対に目を離さないようにしたいもの。

グアムは遠浅の海
遠浅であった!

サンゴや美しい魚を間近に見られた。
海にちょっと入ると色とりどりの綺麗な魚を沢山みる。じっとしていると体に吸い付くほど近づいた。
浅瀬でも水中メガネをつけて潜るとあちこちに綺麗な魚にサンゴを見ることもできた。
泳ぐのに夢中になってしまった。


魚が近くまで寄ってきた。

ナマコ
グアムのビーチで泳ぐとナマコを沢山みた。(日本のナマコとは異なる)
黒くてクニョクニョしていて、海中から出すと水をチューッと出す。
愛らしさも感じたが嫌いな人は嫌いだ。なお、ナマコがあるから海が綺麗ともいう。

オープンテラスのレストランやレンタルなどが充実
タモンだとリゾートホテルの前がビーチというパターンも多い。
ホテルのプールとビーチがつながっているいることが多いのでそのホテルに宿泊している旅行者にとっては
プライベートビーチのように使えて便利である。他にもビーチ沿いにはオープンテラスのレストランがあって飲食を楽しめるし
また、タモンのビーチはマリンスポーツを楽しむためにバナナボードやカヤックなどのレンタルも沢山みた。
グアムのビーチをより楽しむことができる。

グアムの海
マリンスポーツを楽しむためのレンタルもある。

プールも楽しい
ビーチだけではなくプールが充実したホテルも多い。
日本でも流れるプールなどがあるがグアムもいろんなゲームなど楽しめる広大なプールもある。
それに、プールなら安心して楽しめるし、ビーチとつながったプールも多い。
有料ではあるもののそのホテルの宿泊者でなくても楽しめるプールもあった。


アミューズメントパークのようなプール

シュノーケルを楽しむならイパオビーチ
グアムで一番賑やかで旅行者に人気があるといえばタモンビーチだが
その近くにあるもう一つのビーチ「イパオビーチ」がある。
バーベキューができる公園があったりとどちらかといえば地元に人気がありそうだが
シュノーケルをするならおすすめとのことだ。

詳しくは下をクリック

イパオビーチを楽しもう!





グアムには他に魅力的なビーチが沢山ある。
プライベートビーチに訪れるビーチツアー
グアム旅行の拠点となるタモンにあるビーチもすばらしいが、グアムには他に多くの魅力的なビーチがある。
そのビーチへ訪れるオプショナルツアーも多く、例えば 町から離れた静かなビーチ ココパーム・ガーデン・ビーチ
グアム南部のメリッツオから船で行くココス・アイランドなどがある。
郊外には人の少ない静かなビーチを見ることができた。グアムのビーチを楽しみたい!

ココス島を望む
メリッツオからココス島を望む

ビーチの注意点

美しいグアムのビーチでも危険は沢山ある。
私の調べた範囲で注意点をまとめてみました。
ホテルやビーチにも日本語で注意書きがしてあった。

遊泳禁止
日本と同様 グアムもどこでも泳げるというわけではない。
ちゃんと泳いでいいか確認しよう。また、個人的には人気のないところでも泳ぎたくない。


泳ぎたくなるような美しい海でも遊泳禁止場所が多い。

白波がたっているところへは行かない。
グアムの海は遠浅でどこまでも沖へ出れそうな気がある。
しかし、調子にのらない方がいい。潮の流れが強いところもあるし、急に深くなるところもあるとのこと
特に白波のたっているところより先には絶対へ出てはならないとのこと。
海を見ていると沖合いで白い波が立っているのを見る。
なお、浅瀬でも急に深くなるところがあるらしい。
子供には目を離さない
これは日本でも同様であろう。また、16歳以下は保護者の同行が必要という表示もみた。
監視員が常駐しているとは限らない
必ずしも監視員がいるとは限らない、自分の身は自分で守るが基本となろう。
置き引き
ビーチには必ずいると思っていた方がいいらしい。貴重品は置きっぱなしにしない。
カメラやビデオなども注意 パスポートはなるべく持ち歩かない方がいいとのこと
私はホテルに荷物を置いて 必要最小限のお金と予備用に持っていった古いカメラだけを持ってビーチにでた。
岩で足を切る
ちょっと潜ると美しいサンゴ ということは砂地でも所々に岩があるとのこと、足を切る恐れもあり
私はビーチサンダルを履いたまま海に入り、泳ぐときサンダルを脱いで手で持った。
日差しが強い
私がグアムで泳いだときは曇っていたので気にならなかったが晴天のときは日差し(紫外線)に注意したいとのこと。
ビーチのマナー
ゴミ捨て禁止など当たり前、グアムの海で落ちているゴミを見ることはなかった。

他にもいろんな注意点があるし、タモンエリアのビーチには日本語の注意表示もあった。














トップ
グアム旅行

注意
09年9月の旅行経験から10月にまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。