グアム旅行の買物

ショッピングセンター Kマート

タモンエリアに近いショッピングセンターである。
日本人旅行者から見ればマイクロネシアモールやプレミアアウトレットより
人気が落ちるような気はするが、このKマートは他のショッピングセンター
にはないような「よさ」もあった。ちょっと立ち寄ってみるのもいい!


トップ
グアム旅行

格安グアム旅行の方法
お得にグアム旅行を楽しみたい





Kマート
Kマート



Kマートはここにある!

Kマートへ行くには?

ホテルロードから近いが・・・
上の地図を見て分かるとおり多くのリゾートホテルが集まるホテルロードからは近い。
ただ、ホテルロードからちょっと歩けば着くという距離でもなく、ホテルロードから
Kマート前の道(マリンドライブという。)まで坂となっている。
元気があれば歩いても行けようが、蒸し暑いグアム汗だくになって歩くのはおすすめしないし
道中はあまり面白くないので時間の無駄にも思える。
路線バスがベスト
日本語表示のバスなので安心だ!

路線バスがおすすめ、ラムラム路線バス(赤いシャトルバス)ならDFS⇔Kmartシャトルとか
ショッピングモールシャトルなどがある。他にも多数あり頻発しているので便利だ。
バスの乗り方は至って簡単、下の写真のバス停を見て分かる通り、日本語表示で路線図も書かれている。
だいたい乗客のほとんどが日本人旅行者だった。


バス停も日本語で分かりやすく表示されている。

どんなバス?運賃は?

まずは赤いバスなのですぐに分かる。運賃は1回の乗車で3ドルでフリーパス(1日乗車券)10ドル
フリーパスはバスの車内で買えるが、フリープラン参加者ならフリーパスはサービスでもらえることも多い。
あと、確かKマートのバス停ではバスマップももらえた。


赤い車体に日本語で大きく「〜シャトル」とか書いてあるのですぐ分かる。

その他のバス

ただ、ラムラム路線バス(赤いシャトルバス)のみならずザ・ショッピングバス
というのも出ている。運賃もフリーパスの値段も同じだが、フリーパスの場合
他のバス会社の利用は不可となる。注意したい。

Kマートの魅力について

日本人旅行者から見ればプレミア・アウトレットやマイクロネシアモール
と比べ目立たない存在であるが、Kマート独特の魅力もある。


ローカル色あり
どちらかといえば地元の人に人気がありそうな気がする。
土産物として有名なチョコレートもあるが、衣類、玩具、食品、薬、その他 雑貨品など
地元風の品々が揃っている。しかし、そこは海外
日本では見られない品々にカルチャーショックをうけるかもしれない。お土産にもいい。
またフードコートもあったがプレミア・アウトレットやマイクロネシアモールの方が規模が大きいと思った。
24時間営業
路線バス利用者は24時間運行ではないのでメリットはない。だいたい21:00過ぎると終バスになることが多い。
例えばレンタカー利用の場合
夜遅くても、早朝でも買物ができるのがいい。例えば、コンビニなど除くと、10:00開店のショッピングセンター
が多いので朝早くドライブの買出しなど便利だと思った。
食材を購入
ホテルではなくキッチン付のコンドミニアムに宿泊のグアム旅行者にとっては
場所のよさからして、便利だった。肉や野菜など数多くの品々がそろっていた。
割安感がある
スーパーマーケットのようなものなので、コンビニよりは割安感はある。
ドリンクなどまとめて買っておくのもいいと思った。お土産なんかも安いかな?
と思うこともあった。

さいごに
所要時間
バスの場合、プレジャーアイランド(DFSギャラリア)から25分ほど
買物にかかる時間はなんともいえない、ちょっと見るだけなら20〜30分もあればよさそうだが
じっくり買物するなら、日本の巨大ショッピングセンターで買物する時間を参考にしたい。



グアムでのショッピングに戻る。

トップ
グアム旅行

注意
09年9月の旅行経験から2010年3月にまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。