グアム旅行より グアム観光スポット

イナラハンに訪れて

グアムの田舎に訪れたいならイナラハンを
おすすめしたい!小さな集落にチャモロ文化に
スペイン統治時代を想わす教会純粋な自然の風景を楽しむことができた。
レンタカーやグアム島1周ツアーで訪れることができる。


トップ
グアム旅行

格安グアム旅行の方法
お得にグアム旅行を楽しみたい







イナラハンの場所

イナラハンの魅力

小さな田舎町にスペイン統治時代やチャモロ文化の面影が残る。
タモンやハガニアなどを除くとグアムは田舎である。イナラハンもそれを知らず
車で走ると通りすぎてしまうような町だった。しかし、そこには手付かずの自然に
美しい教会、チャモロ人の遺跡が点在する。素朴なグアム旅行を楽しめる。



素朴な風景がすばらしい

イナラハンへ行くには?

オプショナルツアーに参加するかレンタカーで訪れるのが一般的
オプショナルツアー(グアム島1周ツアー)に参加する
グアム旅行の拠点となるタモンエリアからでる日帰りツアー「オプショナルツアー」
日本語ツアーも充実しているから安心だし、個人ではなかなか訪れないところへも行けるのもいい。
グアム島1周ツアーというのがあり、かなりの確立でイナラハンに訪れるだろう。
だいたいゲルパゴというチャモロ人の文化体験村に訪れるようだ。昔のチャモロ人の生活を伺える。
なお、イナラハンはタモンから離れており数時間でまわるようなグアム周遊観光で訪れるとは思えない。
ちなみに
グアムオプショナルツアーに参加したいで紹介しているAlan1.netでも
多くのツアーが紹介されているし、割引価格で提供されていることがあった。
(ツアーならではの魅力)
団体でぞろぞろまわるツアーに抵抗を感じる旅行者も多いと思うが、ツアーならではのよさもある。
よく分からずに個人で訪れると旅行者はおらずポツンとしてしまうこともある。
団体で訪れると明るい感じがしたし迷うことなく効率よくまわれる。
また、チャモロ名物のシーサイドバーベキューを楽しむこともあった。
個人で訪れる
(レンタカーが一般的)

グアム島をまわる一般の定期路線バスが確認されなかったことから個人ならレンタカー利用が一般的ではないか?
アメリカの交通ルールを調べておく必要があるが、
グアムの場合、短期間の観光旅行なら日本の免許証をそのまま使えるのもうれしい。
地図を見れば分かると思うが海岸沿いの道を走ればイナラハンに到着する。
このあたりはとにかく田舎で知らずに走ると通り抜けてしまうだろう。
目印となるのはイナラハンの中心部に聖ヨセフ教会という教会があるので
ここを拠点にイナラハン観光を楽しむのもいい。
聖ヨセフ教会とイナラハン天然プール、ゲフパゴ文化村をまわって1時間半〜2時間ほどだった。
駐車場の心配はほとんどなかった。
(タモンからイナラハンへ行くには?)
地図を見れば分かるとおり、海岸沿いの道を走ればイナラハンに到着する。
タモンエリアから直接イナラハンへ行くには緑のルート
ハガニアから東海岸沿いを抜けて向かう方法がある。1時間位で到着したと思う。
しかし、レンタカーでグアム周遊ドライブを楽しむ場合はピティーやウマタックを
経由する赤のルートをとり緑のルートで戻る人が多いだろう。
赤のルートには美しいビーチに山々、遺跡など多くの観光スポットがあるのだ。
9:30頃に出発してゆっくりドライブを楽しんでいると、イナラハンに着くのが16:00頃になってしまった。
2日(もしくは1.5日)に分けるとか、時間配分も考えてドライブをしたいと思った。
経験上レンタカーを2日も利用すればグアム島をしっかり1周できた。


イナラハンに入る

イナラハン観光

どのようにイナラハンをまわったか
聖ヨセフ教会を拠点
車でイナラハンへと向かった。最初に聖ヨセフ教会に立ち寄る。
目立つ建物なのですぐ分かる。セント・ジョセフカトリック教会ともいい
スペイン統治時代の1680年に建てられた。現在の教会は1939年に村人により設立
ひとことで言えば「村の中にある静かな教会」といった感じだ。



聖ヨセフ教会を拠点にした。

ゲフパゴ チャモロ文化村
聖ヨセフ教会から歩いてすぐのところにある。道路沿いなのですぐ分かろう。
昔のチャモロ人の生活を再現した村である。
家の中にはカマドなどあり、昔チャモロ人が使っていた道具などを使うことができる。
このあたりがイナラハンの中心部であろうが、周辺は雑貨屋が一軒見かけただけ
あとはポツンポツンと家が建つ。
営業時間
9:00〜12:00(午前中だけとのこと確認してください。)
料金
10ドル(子供5ドル)
09年9月に訪れた経験から


ゲフパゴ文化村入口


昔のチャモロ人の家?


中に入る。

イナラハン天然プール
聖ヨセフ教会から南へ向かう道沿いにある。
聖ヨセフ教会徒歩でも15分もあれば行けそうだが
車で移動するもいい。
ちょうど駐車場や「あずまや」があり公園みたいになっていて、その向こうに
泳ぎたくなるような池(というか湾)がある。
海は波が高く危ないがここは波もなく穏やか、まさに天然プールである。
子供達に人気があり、ここで泳いだり地元の人がバーベキューを楽しんだりするそうだ。
(可愛らしい魚たち)
プールを覗き込むと小さくきれいな魚を眺めることができる。
ここからの風景もよかった。
ただ、私が訪れたときは平日 人もおらず、向かいに雑貨屋がある位だった。
所要時間も15分位だった。


イナラハン天然プール

ガダオ洞窟の壁画
ここは少々マニアックなところで個人ではなかなか行きにくいところ。
聖ヨセフ教会の北側 イナラハン湾の北側の海沿いにある。メインとなる道を抜け
ジャングルの道を走り、途中 海岸沿いの道を歩くと洞窟に到着する。
その洞窟内で見るのは古代チャモロ人が描いたと思われる壁画だ。
文字をもたなかった民族だけにより神秘的に思えた。
特別危険 というほどでもなかったが、足場は悪く 洞窟に頭をぶつけそう。注意したい。
なお、地元の人の案内がほしいところ、調べるとゲフパゴ文化村でガイドツアーもあるとのこと。


波打ち際にある洞窟


古代チャモロ人が描いたと思われる壁画

ラッテストーン
聖ヨセフからイナラハン天然プール方面へ歩いている途中で見かけた。
観光地化されているわけではなく、本当に芝の上ある石柱である。詳しくは下をクリック

イナラハンに訪れて


ラッテストーン?



グアムの観光に戻る。

トップ
グアム旅行


注意
09年9月の旅行経験から10月にまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。