グアム旅行より グアム観光スポット

メリッソ、ココス島

グアム最南端に位置する村「メリッソ」青く輝く海の向こうには
小さな楽園「ココス島」を眺めることができる。
ココス島でランチやマリンスポーツを楽しむのもいいし
グアム周遊旅行のついでに静かなメリッソの村に訪れるのもいい。
メリッソ、ココス島について紹介します。


トップ
グアム旅行

格安グアム旅行の方法
お得にグアム旅行を楽しみたい






メリッソからココス島を望む



メリッソ、ココス島

メリッソ ココス島

グアム1周旅行のついでにメリッソを楽しむか?
ココス島のビーチやジャングルを楽しむか?

美しい海を眺めるメリッソ
メリッソは小さな村でこれといった観光地ではなかった。
ツアーやレンタカーでグアム島周遊中に立ち寄る位だろう。
しかし、静かな集落と青く輝く海 そここから眺めるココス島はすばらしい。
ココス島を楽しむ
多くのリゾートホテルが集まるタモンエリアでもビーチを楽しめるが
遠く離れた小さな島でのビーチを楽しみたい旅行者も多いだろう。
ココス島はそれを満足させてくれるはずだ。

メリッソ ココス島へ行くには?

オプショナルツアーで参加するか、個人で行くか?
メリッソ
先にも述べた通り、メリッソにはこれといった観光地があるわけではないので
メリッソを目的に訪れる人はあまりいないと思う。
オプショナルツアーでグアム1周ツアーに参加する場合とか
レンタカーでグアム島をドライブするときに立ち寄るであろう。
だいたい、タモンを出発しアサン→ピティー→アガット→ウマタックというように
反時計まわりでまわる場合が多く海外沿いの道を走るのだからメリッソを通るはずだ。
レンタカーの場合
小さな集落で見逃しそうだが海の向こうにココス島を望むことできるし
集落の中心部にはセントディマス教会という白い教会が見られるから分かると思う。
メリッソまでタモンから車で1時間ちょっとで着きそうだが、道中あちこちに立ち寄ったため半日以上かかった。
なお、タモンから路線バスは確認できなかった。タクシーで行くことは可能だろうが、メリッソでタクシーの確認
はできなかった。推測では帰りのことも考えた方がいいと思った。


メリッソまでクネクネした道を走る。
(車は少なく走りやすかった。)


ココス島
ココス島へはメリッソの桟橋から船が出ている。桟橋には駐車場もあったのでレンタカーを使い個人でココス島に
訪れることができる。シーズンにもよろうが10:00〜14:15まで6本10分位で着く。
入島料を含めると30ドル程度だったと思うが確認してください。
オプショナルツアーに参加
ココス島へ訪れ、半日〜1日ゆっくりと島を満喫するのが一般的
タモンからココス島へのオプショナルツアーに参加する旅行者が多いと思う。
各ホテルまでお迎え ココス島に訪れビーチで食事をしたりマリンスポーツ、ジャングル探索を楽しむ
というパターンが多い。また、アガットからココス島までのイルカウオッチングやクルージングを楽しむツアーもあった。
グアムオプショナルツアーに参加したいで紹介しているAlan1.netでも各オプショナルツアーを紹介されてます。


桟橋から船が出ている。

メリッソ ココス島観光

メリッソの観光
セントディマス教会を拠点にまわった。
観光といってもちょっと立ち寄る程度15〜20分ほどだった。
村の中心部であろう。セントディマス教会あたりに車をとめてまわった。
中心部といっても家はポツンポツンとした雰囲気で全体的に緑に囲まれていた。
教会近くにはエルコンベルト(El Kombento)という1856年に建てられたというグアム最古の僧院がある。


セントディマス教会

ベルタワー
セントディマス教会のすぐ前にあるスペイン統治時代に建てられた鐘楼
当時の時計かわりであったという。(点呼という説もある。)


ベルタワー

コロンブスの丘
セントディマス教会の裏側にある丘、ここから眺めるココス島はすばらしい。
遊歩道はあったが私が訪れたときは草がボウボウ伸びていて登りにくかった。
その他
桟橋近くにレストランを確認したが営業時間に注意したい 
他に雑貨屋(ちょっとしたスーパー)を確認した。
とにかく田舎でどこでも簡単に食べるところが見つかるとは思わない方がいい。

ココス島の観光
半日〜1日かけて島を楽しむ
観光といってもちょっと立ち寄る程度15〜20分ほどだった。
島にはバナナボートやジェットスキー、ダイビング、パラセーリングといったマリンスポーツ
フィッシングやジャングルツアーなどがある。もちろんビーチでゆっくりしたり、遊歩道を歩いたり
また、レストランやバーで食事を楽しむこともできる。


桟橋からココス島を望む





グアムの観光に戻る。

トップ
グアム旅行


注意
09年9月の旅行経験から10月にまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。