グアム旅行より

グアムの気候や服装について

1年を通して海で泳ぐことのできる島「グアム」
グアムにはどのような服装がよかったかまとめてみました。


トップ
グアム旅行

格安グアム旅行の方法
お得にグアム旅行を楽しみたい






常夏の島「グアム」

グアムの気候や過ごしやすさについて

気温は安定していて、1年中泳ぐことができる。
沖縄だって1年中泳げる というわけではない。しかし、グアムなら、1年の温度変化が少なく
いうなら1年中 夏である。
台風などで天候が悪化しなければ1年中泳ぐことができる。
雨季と乾季
もう一つ グアムには雨季と乾季に分かれる。雨季は6月から10月頃でそれ以外は乾季である。
雨季だからオフシーズンとは思わなかった。
ちょうど夏休みのシーズンは雨季になる。
しかし、9月にグアム旅行をした経験から雨季だからといって特に抵抗を感じなかった。
雨季の場合、1日に数回などスコールがある。急激な雨ではあるがだいたいはすぐにやむ。30分も降っていた記憶はないのだ。
それにもともと気温も湿度も高いグアム それにスコールでも遠くの空が青いので「冷たい雨」という記憶はない。
特に気にするものではなかった。
雨が降っているときだけどこかに雨宿りをするか、雨に濡れてもすぐに乾いた。海で泳いでいたら気づかないことすらあった。
また、傘を持つ人はほとんどいなかった。


雨が降っても空が青いことも多い。
人気がないのは、みんな雨宿りしてたのだ!(^_^)


雷雨
とはいえ、時には(私の場合、4日の滞在中で約2時間ほど)ものすごい雷雨に巻き込まれることがあった。
日本の夕立のように空も薄暗く雷も 一時停電もあった。幸いショッピングセンターにいたのだが、外へ出ることはできなかった。
ちょうど昼時、フードコートで食事をしたりカフェでコーヒーでも飲みながら過ごした。
なお、台風に巻き込まれたことはないので何ともいえないが、まあ、グアムを屋内でも楽しめるところは多い! というくらいか?


まれに雷雨に巻き込まれることがあった。(;_;)

むし暑い!しかし、建物内はエアコンが効いている。
(朝や夜は過ごしやすかった。)

私がグアムに降り立って最初に感じたのは「むし暑さ」である。
水着姿でビーチを歩いたり泳ぐには最高だ。しかし、街を歩くだけで汗をかくこともあった。
ただ、建物内はほとんどエアコンを効かせているし、タモンやハガニアなどグアムの街歩きは建物内も多いので
特に気にすることもなかった。窓のないバスに乗ったりホテルのバルコニー(ベランダ)に出ると風がふいて気持ちがいいこともある。
また、朝夕は涼しく過ごしやすかった。毎週水曜日の夜にハガニアでおこなわれる「チャモロビレッジ」や
朝に行われる「デデドのフリーマーケット」など屋台が主であるが暑さを感じることはなく 気持ちがよかった。
逆に昼間 サイクリングやランニング(速足で動きまわる)のような運動をすると汗がダラダラかくことになり気持ちはよくなかった。


夜に行われるチャモロ・ビレッジは気持ちがいい!(^0^)/

日差しが強い
グアムに日本と比べ紫外線が強い。それは有名な話だ。私も警戒して今まで一度も使ったことのない
日焼け止めを用意した。ただ、「灼熱地獄」ではないので、特に神経質になる必要はなく普通に街歩きをするなら屋内にいることも多く
肌がヒリヒリするような日焼けには至らなかった。しかし、水着姿でずーと ビーチにいたら どのようになるかは私は知らない。
肌を守るためにも日焼け対策はするべきだと思う。

私の経験からグアム旅行の服装について

基本的には軽装でいいと思う。
基本的には短パンにTシャツといった軽装でいいと思う。
グアムではお洒落をして街歩きをする女性も多いし、バスやタクシーで街歩きをする分では問題ないと思う。
ツアーでもエアコンに効いたバスでホテルまで送迎してくれるから特に問題はなかった。
運動をする場合
サイクリングにトレッキングなど運動をする場合はハイキングをするような服装にはしたいと思う。
蒸し暑いグアムだからちょっと運動するとすぐに汗だくになった。すぐに乾くのだが、お洒落な服装はあまり向かないと思った。
ツアー参加者なら主催元に聞いて見てください。それなりの考慮をしてくれるところもあった。
下着など日数分の着替えを用意
長期間の旅なら現地で洗濯もあろうが、グアム旅行の場合、ほとんどは短期間での旅行
それに服装も軽装なので、現地で洗濯しないで旅行日数分の着替えを用意するべきだと思った。
仮に洗濯をしてもホテルのバルコニー(ベランダ)で洗濯物は干してはいけない。
なお、Tシャツやアロハシャツなど現地で沢山売られていたので、現地で買って着るもいいと思った。
お洒落な服やアクセサリーなど沢山売られていたので現地でイメージチェンジするのもいいと思った。
羽織るものもほしい
暑い所へ旅行するにもエアコンの効きすぎや朝夕冷え込むことがあるので羽織るもほしい。
それは旅行の常識と思った方がいい。
雨対策
まず気になったの道路、スコールの後 道に大きな水溜りができることがあった。
スニーカーなら靴の中に水が入ると思った。そのときはサンダルの方がいいと思った。
雨季なら折りたたみ傘でも持っていればいいとも思うが、傘を持ち歩く旅行者はほとんど見なかった。
なお、合羽(レインウエアー)はあまりすすめない。多分 蒸せると思う。
以上 グアムの気候より



トップ
グアム旅行

注意
09年9月の旅行経験から10月にまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。