グアム旅行の食事

チャモロ料理を食べよう!

アメリカ領にあたるグアム、ファーストフードやフードコート
そしてレストランでステーキやハンバーグ、ホットドッグそして
バーなど思い浮かべる人も多いはず。それもグアムの楽しみ
だが、是非とも味わいたいのが郷土料理にあたる「チャモロ料理」
いろんな味が融合し 何とも日本人に合うのだ!
アメリカンフードとはまた違った味でもあるのだ!
自分の旅行経験からチャモロ料理についてまとめてみました!




チャモロ料理を味わう


トップ

グアム旅行


いろいろ調べてお得にグアム旅行を楽しもう!
格安グアム旅行の方法











チャモロ料理とは?

グアムの郷土料理
いろんな味が融合されているのだ。
一言でいえばグアムの郷土料理、「伝統的な家庭料理」という人もいるようだ。
郷土料理と聞けば、その地域の食材をふんだんに使った料理と想像するだろう。
それも間違えではないが、どちらかといえば、いろんな国や地域のティストが融合した
料理といった方がいいように思える。というのも グアムは1500年代の後半にはスペインの
植民地となっているのだ。日本では江戸時代より前の時代である。その後も日本やアメリカ
そして、その他の国や地域の影響を受けているとのこと、なるほど、自分の経験から食べてみると
マカオで食べたポルトガル料理 そして 東南アジアの料理などが融合しているような感じがした。
ココナツやタロイモなどその地域の食材も使ったメニューもあるとのことだ。
主食はレッドライス
チャモロ料理といってもいろんなメニューがあり、よく分からないのが正直なところ
ただ、よく目にするし覚えやすいのがレッドライス 日本でいう御飯である。
チャモロ料理の定番といえよう。自分の経験から、チャモロ料理では必ずと言っていいほど出された。
その名の通り、赤いライスでありアチョーテという実から絞り出した汁を使っているため赤いとのこと
アチョーテの素(パウダー)が売られているのでお土産にいいかも?
ちなみに
赤飯やチャーハンとは違った味がした。どちらかと言えばさっぱりしており
赤い色だが普通の御飯に近い感じがした。
日本人の口にあうか?
チャモロ料理の特徴はいろんな調味料があるらしく、酸味や甘さ、そして辛さ
といった味は含まれており、全体的に「辛い」とか「甘い」といったものではないようだ。
人によっては「辛いのはだめ」とか「甘いのはちょっと」ということもあるが、自分が思うにあまり刺激
も感じなかった。多くの日本人旅行者は美味しいと思うだろう。ファーストフードやフードコート、レストラン
のステーキやハンバーガーなどに飽きたときにもいいと思った。健康的な感じもした。
まあ、自分の経験上、レモンのような酸味の印象が強かったが・・・

BBQ(バーベキュー)
これはチャモロ料理といっていいか分からないが、グアムの人の大好きな料理の一つであろう。
言うなら郷土料理といっていいかもしれない。バーベキューである。休日にグアム島内をドライブ
するとビーチ沿いの公園や家の庭など、ジュージューとBBQの音が聞こえるし
ハガニアで毎週水曜日に開かれる「夜市」ウェンズデーマーケット
そして 毎週土日の朝に開かれる朝市 デデドのフリーマーケットでもあちこちでジュージュー
音がしていた。食事=BBQが主流と思えた位だ。屋台に行けば、1本1ドル位でBBQは食べられるし
レッドライスの上にBBQをのせた弁当が売られていたりした。
オプショナルツアーではサンセット(夕日)を眺めながらBBQを楽しむツアーや
BBQの付いたディナーショーを楽しみながらのツアーも企画されていた。
自分にとって絶対に食べたいグアムの食事の一つである。


BBQ(バーベキューもいい)
(ハガニア ウェンズデーマーケットにて)



チャモロ料理 どこで食べる?

ディナーショーやレストラン フードコートでも食べられる
どこでも簡単に見つかるわけではなかった。
いろいろ調べてみるとグアムにはチャモロ料理のレストランもあるし、フードコートでも
チャモロ料理の店があり、ハガニアのウェンズデーマーケットの屋台でもちょっとした
チャモロ料理を味わうことができる。オプショナルツアーのディナーショーでも出される
プランもあるとか?しかし、実際 グアムを歩いて簡単に見つけることができなかった。
ガイドブックやインターネットで事前に下調べをしてから訪れてみたい。

チャモロ料理のレストランへ行ってみる。
本格的にチャモロ料理を食べてみたい というなら専門のレストランへ行くのがいいと思った。
数はあまり多くはないが調べるとチャモロ料理のレストランもあるようだ。
調べたところ、ガイドブックでもインターネットでもよく紹介されていたレストランが
プレジャーアイランドから徒歩圏内にあるオハナ・オーシャンビュー・グアム内にあるチャモロ亭
自分も昼に訪れてみたが店内はあかるくリゾート風といった感じでよかった。
ちなみにランチにビールを注文して25ドル位であった。
結構満足できた。
あと聞くのが「プロア(Proa)」というレストラン
タモンエリアのイパオビーチパークの近くにあるレストラン
タモンエリアなので、多くのホテルからラムラム路線バスなど気軽に行くことができると思う。
チャモロ料理専門というかは分からないが人気があるレストランとのこと
そして地元の食材を多く使っていうとのことだ。
(注文について)
チャモロ亭での食事経験からメニューは分かりやすいが、実際食べてみないと分からないもの
量もどの程度か不明なので、とりあえず一皿だけ注文
実際はレッドライスや野菜も付いたりして満足できる量となった。
チャモロ料理に限ったことではないが、海外で料理を注文すると思いの他
ボリュームがあったりすることもあるのだ。

気軽に入れるフードコート
ショッピングモールやアウトレットに行ってみると、よく目に付くのがフードコート
日本のフードコートと似ており、中央に椅子とテーブル、それを囲むように
多くのフードコートが並んでいる。グアム最大のショッピングモールと言われている
マイクロネシア・モールのフードコートにチャモロ料理の店を見つけた。
気軽に入れるのもいい。値段だって10ドルしないのではないか?
子供連れにいいのではないか?


フードコートでチャモロ料理を食べるのもいいかも?
(マイクロネシア・モールにて)


ウェンズデーマーケットやデデドのフリーマーケット
の屋台でチャモロの味を楽しむ!
(雰囲気は最高!)

毎週水曜日の夜にグアムのハガニア(チャモロビレッヂ)で開かれる「ウェンズデーマーケット」
地元の人も多いし、まるで夜祭のような賑わい。
そして 土日の朝にデデドで開かれる デデドのフリーマーケット
なんとなくアジアの朝を思い浮かべてしまうのもいい。
もちろん 地元の人で賑わっている。
そこで見かけた食事はBBQ チキンにポークそしてまれにビーフ 1本1ドル程度だ。
そしてレッドライスに酸味の効いたちょっとしたおかず
その上にBBQをのせて食べたり!値段は6〜8ドル程度だったと思う。
質素ではあるが、それぞ地元の味 といってもいいかもしれない。

ディナーショー
せっかくのグアム旅行 贅沢に食事を楽しみたいならオプショナルツアーでも紹介される
ディナーショーの他、サンセットを楽しみながらのゆっくりとした食事もある。
ホテルのディナーショーなら個人でも予約は可能ではないか?
ダンスを見ながら食事を楽しんだり
海に沈む夕日を眺めながらのディナーも感動的ではないか?
ただ、メインはBBQであったりチャモロ料理というよりいろんなメニュー(料理)がある。
チャモロ料理でないこともあるのでメニューは事前に確認したい。


ショーを見ながらディナーを楽しみたい

















グアム旅行での食事に戻る


トップ
グアム旅行





注意
09年9月の旅行経験からまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。