グアム旅行の食事より

テイクアウト

グアムのコンビニやスーパーマーケットで
飲み物や食料を買って食べるという方法
ジュースを買って飲み歩いたり、ビールを買って
ホテルで酒盛りを楽しんだりした
どのようなところを利用したかまとめました。






トップ
グアム旅行


格安グアム旅行の方法
いろいろ調べてグアム旅行をお得に楽しみたい!


ホットドッグを買って食べる。

私のグアム旅行経験からテイクアウトについてまとめました。
便利なスーパーとコンビニ
旅行中 ちょっとジュースや菓子を買って食べたくなるもの、便利なのはコンビニやスーパーである。
そのいくつかを紹介します。
グアムの街歩きのとき便利だったのがABCストアー
多くのリゾートホテルが並びグアム観光の拠点となる。
タモンエリアで便利だったのがABCストアー[ABC STORES]と書いてあるので分かりやすい。
繁華街のプレジャーアイランドを中心の点在し気軽に利用できるのがよかった。
ジュースやスナック類はもとよりビールなどの酒類につまみサンドイッチにおにぎり
カップラーメンにヨーグルトなど日本のコンビニエンスストアー
とほぼ同じ品揃え値段も、500CCペットボトルのコーラが1ドル、サンドイッチが3ドル
ガムが多種多様で40セントから1.5ドルなど
特別高くはない。
ただし、「赤いきつね」と「緑のたぬき」とか「おにぎり」など
日本のものと同じ品も売られているが、日本で買うより割高ではあった。
食料だけではない
ABCストアーは単にコンビニというものでもなく日本人旅行者には便利な店なのだ。
例えば、小物やTシャツアロハシャツなどの土産物も売られていたし、ビーチの近くなら
ビーチサンダルなども売られていた。また、日本円も使えて、例えば1ドル位のガムを購入
10000円を出してドルでお釣りをもらうこともできると店員が言っていた。
基本的に店員は英語のみだが言葉の心配はほとんど無用だった。日本のコンビニと同じシステムだ。
日本人旅行者も多いのだろう。日本人慣れもしているようだった。


グアム旅行中便利だったABCストアー

ABCストアー以外でも
タモンエリアにはABCストアー以外でも便利な店がある。例えばプレジャーアイランドにあるJPスーパーストアー
お土産屋中心であったがここでビールやつまみなどを買ってホテルの部屋で飲酒を楽しんだこともある。
小瓶のビールが1本1.8ドル、ちなみにバーだと5ドル前後するので安上がりだし、くつろぎながら飲酒できるので楽だ。
アルコールの規制は厳しい
日本でもアルコール類の販売をするときは年齢確認することがある。
アメリカも厳しく、日本人は若く見られるのか、アルコール購入時にパスポートのチェックを受けることがある。
深夜のアルコール販売も禁止されている。


ビールやつまみを買ってホテルの部屋で飲酒を楽しんだ。
楽だし安上がりだ。


ドライブに便利なのはガソリンスタンドのコンビニ
(コンビニ併用がほとんどだ!)

レンタカーでグアム島を周遊ドライブするのに便利なのはガソリンスタンド、コンビニと併用しているのがほとんど
ドリンクにスナックなど売られている品のほとんどは日本のコンビニと同じ、システムも日本と同じなので
言葉の心配もほとんどいらない。ドライブがてらジュースやガムなど買って食べたものだ。
特にガソリンを入れることを目的でなくてもいい。隅に車をとめてコンビニに入った。
ただ、車の運転中なのでアルコールの販売については関心がなく、売られているのを確認したことがない。


コンビニ併用のガソリンスタンドがほとんど

田舎のスーパー(雑貨屋)
グアムでも島の端へ行けばジャングルばかりでガソリンスタンドすら見つからないし
あったとしてもコンビニが併用しているか不明、そのときときどき見られるのが
スーパーというか雑貨屋、日本の田舎の雑貨屋と似ているが品揃えは結構豊富
ドリンクやスナックなど手に入る。食事ができるところがなくて、実質的にここで買ったもので
食事ということもありうる。他にもまれにホットドッグのテイクアウトを扱うような店もあった。


田舎のスーパー(というか雑貨屋)

郊外のショッピングセンター
マイクロネシアモールやKマートといった郊外にある巨大ショッピングモール
コンビニよりも安上がりだが、ジュースを1本買ったりするのに入る雰囲気ではない。
ただ、飲み物や食料を買い込んでホテルの部屋の飲んだり食べたりするのもいいし
キッチン付のコンドミニアムを利用する場合、調理する食材を買い集めるのもいいかもしれない。


郊外のショッピングセンター

どんなものが売られているか?
だいたい日本のスーパーやコンビニと似ており、ジュースやコーヒーに酒類、つまみやスナック
料理をするならレトルト食品に肉や野菜、魚など その他、いろいろ といったところだ。
コンビニ(ガソリンスタンドやABCストアー)でよく見たのが、カップのジュースやコーヒー
サイズによるが1カップ1ドル前後でセルフサービスが基本、店内にドリンクバーのようなところがあるので
そこで注ぐ。勢いよく注ぐと泡ばかりになることがあるので少しずつ注いだ。
カップのサイズは大きく、Sサイズでも日本のLサイズ位あった。


カップジュース



グアム旅行での食事に戻る

トップ
グアム旅行

注意
09年9月の旅行経験から11月にまとめました。
なるべく多くのニーズに応えようと努力はしていますが主体的な部分や
実際と異なる点、今後の状況の変化も考えれます。
自己責任のもとでの調査をお願いします。