北海道旅行より

道北のグルメ

新鮮な海の幸に最北の宗谷黒牛ステーキ
ロシア料理など、道北に訪れたらグルメも堪能したいもの!
稚内をはじめ、利尻島 礼文島など
自分の道北旅行経験から、どこでどのような食事をしたか
簡単にまとめてみました。








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖








稚内 礼文 利尻 道北でグルメを満喫しよう!



北海道 道北エリア


道北グルメスポットについて
どこでも気軽にといった雰囲気ではなかった。

札幌や函館、釧路といった都市部の歓楽街などを歩くと北海道名物の店も多く気軽に名物料理
を食べることができたが、全体的に見れば道北は田舎、稚内であっても都会といった雰囲気ではなく
稚内駅近くの歓楽街といってもさほど大きなものではなかった。昼が遅くなったりして
時間帯が悪くコンビニ弁当となってしまったこともある。
しかし、稚内ならともかく、郊外へでたり礼文や利尻島へ行くと、店すらなく
食事するところに困ることがあった。


食事するところか店すら見当たないこともある


食事をするところを事前にチェックしたい

しかし、インターネットなどで検索すると道北の名物料理の店も結構見つけることができる。
また、JR稚内駅の複合施設「キタカラ」にある観光案内所では稚内のグルメ情報も豊富なのだ
ある程度目星をつけた方がいいと思った。

観光スポットで食事をした方がいいことも?
観光スポットでの食事は「高い」「品質が悪い」と思うかもしれない。しかし、
値段も特段高いといった感じでもなかったし、名物料理を扱う店がある可能性が高いのだ。
例えば、稚内周辺なら宗谷岬やノシャップ岬 副港市場、JR稚内駅近く(観光スポットというわけではないが)
利尻島のオタトマリ沼など、ただ、シーズンや時間帯によっては「閉店」「準備中」ということもあるし、
ほとんど店も何もない観光スポットあっても食事はできないところなどもあった。
やっぱり事前に確認した方がいいかもしれない。


道北の人気観光地 日本最北端 宗谷岬にて
(名物料理を扱う食堂も多い)


グルメがいっぱい宿の食事

特に礼文島や利尻島を旅行した経験から最もグルメを満喫できたのは
宿の食事であった。道北のみならず北海道の幸がギッシリ!
採れたてとも思える新鮮な魚介類もあったり・・・
大満喫できた。ちなみに利尻島や礼文の名物といえば雲丹(ウニ)であるが
安い宿やビジネスプランの場合はでないこともある。(苦手な人ならいいかもしれないが・・・)
シーズン等によるかもしれないが利尻島に泊まった経験から1泊2食で1万円位出せば
雲丹がでるような気がした。


宿の食事は道北、そして北海道の名物がギッシリ


シーズン時間帯による注意点

先にも述べたがピークシーズンなら営業していてもオフシーズンなら閉店
としていることもあるし、時間帯によっては「準備中」ということもある。
事前に確認しておいた方がいいと思った。


どこでどのような食事をしたか?
自分の道北旅行経験や調査からどこでどんな食事をしたか
まとめてみました。


海鮮丼

道北に限らず、北海道名物の一つともいえよう海鮮丼
種類も豊富でイクラやウニ、カニが入った三色丼、イクラぎっしりのイクラ丼
マグロにイカ、イクラに鮭などいろいろ入ったぶっかけ丼にカニ丼など
値段は安いものなら1,000円位からウニなどギッシリ入った物なら3,000円位はするだろう。
北海道 道北らしいし、昼食にいいのだ!
(どこで食べたか?)
いろんなところで見つけた。例えば稚内なら駅近くの市場や副港市場
ノシャップ岬に宗谷岬、利尻島の鴛泊(おしどまり)やオタトマリ沼、
礼文島の香深(かふか)の食堂など、観光地へ行くと大きな看板に〜丼〜円
など写真入りで表示、食欲を注ぐ
場所によっては
刺身定食1,500円とか海産物の入ったラーメンが1,000円程度などというのもあった。
あと礼文島などでホッケ定食を1000円位で扱う店もあり
比較的リーズナブルである。


ホッケにウニイクラ丼
(道北で写真を撮るのを忘れたため札幌の食堂で撮影)


礼文島や利尻島といったら雲丹(ウニ)

礼文島利尻島の名物といえばウニである。宿でウニを出すこともあれば
ウニ丼を扱う食堂もあるが、観光地によっては、ちょっとつまむということもできるのだ。
(どこで食べたか?)
ちょっとつまむ といえば礼文島のうにむき体験センターその場でウニをさばいて食べる
新鮮そのもの1回500円であった。利尻島のオタトマリ沼では
ウニの握り一貫400円であった。


ウニの握り(利尻島 オタトマリ沼ほとりの食堂にて)


礼文島のうにむき体験センターではその場でウニをあけて食べることができる。


宗谷黒牛のステーキなど

日本最北端の宗谷岬牧場で育った牛である。流通量が少ないため希少価値があるとのこと
調べると稚内で宗谷黒牛ステーキやしゃぶしゃぶなど食べられる食堂何件かあり
値段はまちまちだが ざっと2,000〜3,000円位か?
(どこで食べたか?)
観光案内所で聞いてJR稚内駅近くの店で食べた。
確か2,000円ちょっとだった。どこの食堂でも扱っているというわけではないため
インターネットなどで事前に確認して方がいい。


宗谷黒牛のステーキ


ロシア料理

宗谷岬からサハリン(ロシア)まで43kmほど天気のいい日はサハリンを眺めることができる近さ
そして稚内の街を歩くとロシア語の表示も見ることができる。
ロシア料理を食べたくなった。また、独特の味わいがあり親しみも感じる。
(どこで食べたか?)
副港市場のロシア料理店「ペチカ」メニューが分からなくても
1,500〜3,000円のコースメニューがあり
さらにウォッカやビールなどロシアのお酒も味わえるのだ。結構酔った!


ロシア料理を堪能する


ソフトクリームや稚内牛乳など

酪農が盛んな北海道 道北に限らず観光地にはソフトクリームの店を見ることが多い。
自分の場合 稚内から礼文や利尻へ向かうフェリーの中 船内で稚内牛乳アイスクリーム
が280円で売られていたので購入 海を眺めながら食べた。
また、礼文島最北端のスコトン岬の売店で昆布ソフトクリームを食べた(300円であった。)
他にも副市場港でソフトクリームを食べる。濃厚な味がいい!


稚内牛乳アイスクリームを食べる


トド肉

北海道らしいちょっと変わった物であろう。
礼文島の澄海岬で1串200円で食べた。
ちょっとくさみがあるのが良かった。


トド肉を食べてみる。


 





トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。