北海道旅行より

美瑛・富良野へ行こう!

北海道のほぼ中心部、雄大な丘に延々と続く農地
「美瑛の丘」、神秘的に輝く「青い池」、十勝岳の裾野
にある温泉、ラベンダーが魅力の「ファーム富田」
そして、素朴さを感じさせてくれる。「北の国から」のロケ地
「六郷の森」柔らか味を感じさせてくれるエリアなのだ。








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 層雲峡
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖








ラベンダーに美瑛の丘、北の国からのロケ地などみどころいっぱいの美瑛・富良野





富良野・美瑛エリア


富良野・美瑛エリアのみどころ
大きく4つに分けてみた

多くの観光客が訪れる美瑛・富良野 エリアによってそれぞれ異なる趣があるのだ。
そこで自分なりに4つのエリアに分けてみました。

美瑛の丘エリア
美しい丘が広がる

北海道の風景と言えばいろいろあるが、その一つが広大な農地ではないか?
美瑛に訪れると、ゆったりとした丘に遠くまで続く農地・・・
北海道に来たことを実感させてくれるのだ。
「パッチワークの丘」や「パノラマロード」といったコースがあり
所々に展望台や休憩所、レストランや喫茶がある。

詳しくは

美瑛の魅力



多くの人がおなじみ「マイルドセブンの丘」


富良野ラベンダーエリア
ファーム富田が有名

富良野=ラベンダーを連想する人は多いだろう。
富良野から上富良野方面へ向かうと、いくつかのラベンダー園が見られるが
中でも有名なのが「ファーム富田」である。ラベンダーが咲き乱れる7月下旬や8月上旬
の休日ともなれば多くの旅行者で賑わう。ラベンダーの季節でなくても訪れて
名物のラベンダーソフトなどを食べたりする人が多い。(冬期は不明)
また、中富良野から徒歩20分位で行けたし
シーズンなどラベンダー畑駅に鉄道は停まる。

詳しくは

ファーム富田



人気ある観光スポット「ファーム富田」


六郷の森エリア
懐かしさ漂う「北の国からロケ地めぐり」

ドラマ「北の国から」の舞台にあったのが富良野駅から車やバスで20〜30分位行った
ところにある「六郷の森」にある。廃材などを組み合わせて作った家など
ドラマを知らなくても興味を注いでしまうのだ。

詳しくは

北の国からロケ地めぐり



「北の国から」のロケセットを見られる。


青い池 白金温泉 十勝岳エリア
森の中にある神秘的な池、そして温泉地

美瑛や上富良野から十勝岳方面へと向かう、そこに見られる
人気観光スポットの一つ 青い池がある。神秘的な青さなのだ。
さらに奥には白金温泉や十勝岳温泉がある。
美瑛富良野エリアから比較的近い温泉となろう。
宿泊設備もあるので、温泉泊まりを希望するならいいかもしれない。

詳しくは

青い池




神秘的な青い池


富良野・美瑛へ行くには? まわるには?
札幌から旭川までの交通機関は発達しているが、いざ美瑛・富良野観光となると
意外にも駅から離れているスポットも多い。どのように訪れるか、どのようにまわるか
確認しよう。シーズンともなればお得なチケットが販売している。


定期観光バスを利用
札幌から日帰りで美瑛、富良野に訪れる

札幌から旭川や富良野までの公共交通機関は比較的発達していると思うが
事前の計画は必要だし、乗り換えがあったり 駅から歩いたりで結構疲労がたまるもの
そこで便利なのが定期観光バスを利用 朝8:00とか8:30に札幌を出発して
美瑛の丘 富良野(ファーム富田)などをまわる(旭山動物園がセットになったツアーもあり)
夜19:00頃に札幌に到着するという日帰り観光 値段も7,000〜7,500円
観光バスで移動、案内もしてくれるし、それほど歩かないでいい。
それに手際よくまわれることから、歩きなれていない人や時間のない人には向いていると思う。
実際 美瑛や富良野では多くの観光バスも見かけた。
ただ、オフシーズンなど運休になるし、事前に予約をしたい。


ファーム富田では多くの観光バスを見かけた


公共交通機関を利用
フリー切符がよかった。

公共交通機関を利用する場合「JR利用」と「高速バス利用」が考えられる。
もちろんJRと高速バスの組み合わせもあるが、往復割引やフリー切符など活用することを思えば
札幌など「行き」と「帰り」は同一の公共交通機関を利用した方がいいと思った。
JR(鉄道)利用
(フリー切符がいいと思った)

いろんな方法はあるが、個人的にいいと思っているのがフリー切符
北海道フリー切符を購入し北海道周遊旅行のついでに訪れるのもいいが
時間がない場合は札幌や新千歳から「ふらの・びえいフリーきっぷ」がある。
札幌から旭川や富良野などのフリーエリアまでの
特急(自由席)とフリーエリア乗り放題である、
札幌発で大人5,550円(4日間有効)で販売していた。
他にも
帯広や釧路からラベンダーの丘フリーきっぷが売られていた。
確か釧路発で8,230円であった。
(旭川往復割引)
札幌から旭川まで特急自由席利用の往復で5,080円の切符が売られていた。
有効期間6日であり旭川まで公共交通機関 旭川からレンタカーや観光バスという場合
便利ともいえよう。

(フラノラベンダーエクスプレス)
札幌から富良野へ向かう臨時特急「ラベンダーエクスプレス」
ラベンダーのシーズンに札幌から富良野 そして美瑛方面へ向かうのに便利な列車である。


札幌から富良野へ向かう臨時列車
特急 フラノラベンダーエクスプレス

(「ツインクルバス」や「ふらのくるる号」)

富良野や美瑛に到着しても、そこから観光スポットまで遠いことも多い。
そのとき便利なのが「ツインクルバス」や「ふらのくるる号」
ツインクルバスはいくつかのコースに分かれ
旭川や富良野から「美瑛の丘の景勝地」や「青い池」 「ファーム富田」
「北の国からロケ地」などをまわる。途中 数十分の停車時間あったりして
観光になにかと便利、運賃も1乗車1,000〜1,500円とのこと
ただし、JRが出しているツインクルバスはJR北海道線の乗車券があることを条件となっていた。
確か3日前までに予約、他にも制約があるかもしれないので確認してください。
また、夏の観光シーズンの運行である。


バスに乗って観光地めぐり


(レンタサイクルを使ってみる。)

JRの駅から観光地は遠いことが多いが「美瑛の丘めぐり」は
JR美瑛駅からレンタサイクルでもまわれよう。駅前には多くのレンタサイクルがある。
値段は1時間200円とか1日1,000円とか 時間と体力があるならサイクリングをおすすめしたい
風をきって走ると自然を肌で感じることができるのだ。美瑛は丘が多いので自転車では
ちょっと と思うこともあるが、急坂ではないのだ。

(ノロッコ号に乗ってみよう)
季節運行(臨時)であるが富良野から美瑛 旭川までノロッコ号という列車が走っている。
大きな窓とディーゼル音など旅の雰囲気を盛り上げてくれるのだ。
車内ではちょっとした物の販売もあり

詳しくは

ノロッコ号に乗ろう!




ノロッコ号


ただし、オフシーズンは販売していないし、ツインクルバスなども運休とのこと
事前に確認したい。



高速バス利用
札幌から旭川や富良野へ向かうバスがある

確か札幌から富良野や旭川への高速バスが出ていた。旭川まで2時間ほど
富良野まで2時間半ほどである。
金銭的メリット
高速バスのメリットは「安さ」運賃は旭川まで往復3,860円 富良野までは4,150円
JRの旭川往復切符が5,080円と思えば安い
さらに
札幌〜旭川(高速バス)
旭川〜富良野(路線バス)
富良野〜札幌(高速バス)
のセットで4,250円のチケットもあった。
(フリー切符みたいに富良野美瑛間の途中下車ができるかは不明)
時間的メリット
鉄道と比べるとバスは遅いというのが一般的である。
確かにJRの特急を利用すれば札幌から旭川まで1時間半程度である。
ただ、札幌から富良野までなら、一部の臨時列車を除くと
滝川駅で乗り換えるのが一般的であり、
時間帯によっては2時間半とか3時間かかることもあり
なんともいえない。


バスと列車どっちがいい!?
なんともいえない、バスの方が安いともいえるが渋滞に巻き込まれる可能性も高いし
(列車も遅れる可能性はあるが・・・)乗り心地も特急の方がいいという人も多い。
安いといっても大差はないし、バスのリクライニングシートなどゆったりしていることもある。
自分の場合
時間に余裕がある場合は
旭川までバス利用
そこから、JR利用、美瑛など途中下車などしたし
時間がないときはフリー切符でJR利用とした。

レンタカーを利用する。
自由にまわれるのがいい

札幌など一部の都市部を除くと、車は便利!好きなところへ行けるから
自分の気に入ったところに立ち寄ることができるのだ。

旭川や美瑛からレンタカー利用したことがある。
空港や主な駅周辺など北海道には多くのレンタカー会社があり
旭川空港からレンタカーを借りて美瑛富良野を含む北海道周遊旅行をしたことがある。
都市部の方が多くのレンタカー会社があり便利と思った。
もちろん札幌で車を借りて北海道周遊旅行するのもいいと思った。
追加料金はかかるが札幌で借りて旭川で返すという乗り捨ても可能なところもある。
自分の計画にあった場所でレンタカーを利用したい。
なお、車があれば予約なしでもレンタル可能かもしれないが
予約はしたい。インターネットでも予約できるし
意外に安いレンタカー会社を見つけることもでいるのだ。


旭川空港でレンタカーを利用


渋滞に注意したい。

経験上北海道の道のほとんどがすいているし、スイスイ走ることができる。
が 場所によっては渋滞に巻き込まれることもある。
例えば7月下旬 ラベンダーシーズンのファーム富田など駐車場待ちの車で渋滞
大きな渋滞ではないが「青い池」でも並ぶことがあった。
逆にオフシーズンの富良野美瑛はどこもすいていた。

事故に注意
すいているということは飛ばす人も多いのだ。
北海道は死亡事故も多い。とにかく注意して運転をしたい。
また、レンタカー利用なら保険もしっかり加入しているか確認したいものだ。



富良野美瑛にはどれくらい滞在する?
1時間〜3日!?

なんともいえない、例えばレンタカーで「美瑛の丘」の一部や「ファーム富田」を
ちょっと見る位なら1時間もあればいいだろう。逆にレンタサイクルで美瑛の丘めぐりをしたり
夜は白金温泉へ行ってゆったり、翌日はファーム富田や六郷の森めぐりをすれば2日位
ツインクルバスを使ってゆっくりとあちこちとまわれば3日はゆうにかかるだろう。
ただ、広大な北海道 他にもみどころが沢山ある。3日もかえればもったいない気がする。
個人的には半日から2日弱位がいいと思う。
また、レンタカー利用か公共交通機関利用でも差がある。
(待ち時間や乗り換え時間などで公共交通機関利用の方が時間はかかった。)
半日ほど
(美瑛の丘+ファーム富田)
(六郷の森)

美瑛の丘はいろんなビュースポットがあるが どれも似たかよったか
ガイドブックやパンフレットで調べ気に入ったポイントを絞ってまわればいいと思う。
そこにファーム富田の追加で半日位でまわれると思う。レンタカーの場合
また、富良野から六郷も森まで車で30〜40分ほど富良野から半日でまわれると思う。
ツインクルバス利用なら半日以上かかるかも?
1〜2日弱
レンタカーなら美瑛の丘、ファーム富田、六郷の森をまわることができるだろう。
夜は美瑛の丘 富良野 白金温泉や十勝岳温泉の宿泊設備がある。

自分の場合
レンタカーで
旭山動物園+美瑛の丘(一部)+ファーム富田+六郷の森
2日ほどでまわったことがある

富良野・美瑛で食事をする
数は多いが点在している。

北海道の人気観光エリアである。富良野・美瑛 レストランも多い。
ただ、点在していた。なので美瑛や富良野駅前に多くのレストランが集まっている
というわけではない。適当にまわって自分の場合、美瑛駅前の観光案内所(四季の情報館)で聞いた。
レストランマップがあるのだ。いろんな店があるが、地元産の野菜など使った店など個性的な
店が多いように思えた。自分は美瑛でランチにビーフシチューを1,250円ほどでとった。
せっかくの美瑛 450円でポテトサラダをとった。美味しかった。


お洒落なレストランでランチ


富良野・美瑛に宿泊する。
ペンションか温泉宿か?

まずはペンション 富良野 上富良野 美馬牛や美瑛とその周辺には
多くの個人経営のペンションまたユースホステルがある。
大自然の中に囲まれた別荘みたいな、お洒落なペンションが多いように思えた。
値段はさまざまだろうが、ペンションの場合
1泊2食で1万円弱であった。(7月下旬ラベンダーのシーズンで)
富良野には大きなリゾートホテルおあるが数は少ないようだった。


ペンションに泊まる


温泉宿

若い旅行社ならペンションもいいが、建物やお風呂が小さいなど
人によっては好まないようだ。その時おすすめなのが
温泉宿 十勝岳近くには白金温泉があり温泉宿があり
大きな温泉ではないが、山間の落ち着く雰囲気の温泉である。
シーズンによるが1泊2食
もちろん温泉もある。
宿で送迎バスを出すところもあるが、駅から離れている。
十勝岳温泉まで車で40分位かな?

詳しくは

十勝岳温泉



白金温泉


 





トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。