北海道旅行  美瑛の魅力
「丘めぐり」で有名な美瑛 大地に広がる緑のじゅうたん
このエリアは「やわらかさ」や「あたたかさ」を感じさせてくれた。
私の好きな北海道風景の一つである。
旭川からも近く、札幌からのアクセスもよかった。


                   








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 層雲峡
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖







  
美瑛を楽しもう!


美瑛の場所
旭川から近い

旭川から富良野へ向かう途中、国道237号線を走ると通る。
国道237号線に出れば迷うことはないと思う。
私の場合
レンタカーで旭川から美瑛、ファーム富田、富良野という順にまわった。
公共交通機関を利用
JRを利用

美瑛までなら旭川駅から鉄道(JR)で30分ちょっとで着いた。
美瑛までは旭川駅からJR富良野線で30分ちょっとだ。
本数はだいたい1時間に1本位あった。
以前 鉄道で美瑛に訪れたことがあるが
鉄道のディーゼル音を聞きながら美しい大地を走るのもよかった。
JRのフリーパスを利用
例えばラベンダーフリーパスというのもあった。
滝川、旭川、美瑛、富良野、幾寅間の普通列車自由席1日乗り放題で
2200円である。これも10月13日まで利用というように利用期間、発売期間の
制約などがあるので注意したい。
バスを利用
旭川駅、旭川空港から美瑛を通り 富良野に向かうバス「快速ラベンダー号」がある。
富良野から旭川へ向かう便もある。
シーズンによるかもしれないが1日8本ほど確認
所要時間、運賃は旭川駅から約50分で570円、
旭川空港からは約16分で360円とのこと
空港からは近く、丘めぐりをするとき低空で飛ぶ飛行機をよく見た。

いずれにせよ公共交通機関でも便利で旭川から美瑛 そして富良野へと向かうこともできる。


バスにしろ鉄道にしろJR美瑛駅を拠点にするのがよかった。

美瑛の楽しみかたと所要時間
丘めぐり

美瑛には美しい丘が広がり、CMなどのロケにも使われた。
「美瑛の丘めぐり」といってレンタサイクルや車(レンタカー)、バス、タクシーなどで
それぞれのビュースポットやロケに使われた地に訪れるのだ。
すばらしい眺めで「このCMの風景は日本の風景だったのか!」と思ったほどだ。
所要時間
(10分〜1日?)

例えば、時間がなければ、一箇所のビュースポットだけに立ち寄ればいい。
個人的には北西の丘展望公園には観光案内所もあるし、お土産屋もあり
ソフトクリームやコーヒーも楽しめる。国道237号線からちょっと入ったところにある。
ここでちょっと展望を楽しむだけなら10分もあればいいと思った。


北西の丘展望公園

レンタサイクルがよかった

美瑛駅前にはレンタサイクルがありここから自転車で「丘めぐり」をすることをすすめたい。
駅の横には四季の情報館という観光案内所があるのでここでロードマップをもらった。
いくつかのコースがあるがその一つパッチワークの路コースというのがあり
だいたい3時間位でまわることができた。
他にも
「パノラマロードコース」や「美馬牛エリア」などがあり
いろいろまわると1日はゆうにかかるだろう。
ちなみに
レンタサイクルは1時間200円 1日1,000円といったところだ。


駅前にはレンタサイクルもあった。

バスでまわる

夏期とか9月4日から10月11日の土日祝日というように期間限定ではあるが
ツインクルバスというのがある。
いくつかのコースがあるがその一つを紹介すると
美瑛駅から「ケンとメリーの木」「セブンスターの木」「親子の木」「北西の丘」から美瑛駅までとを
55分程度で結ぶらしい、1乗車500円でJR利用者限定(乗車券等必要となるらしい。要確認)
各バス停に下車することもないと思う。出発時刻にもよるが
2箇所に立ち寄って美瑛駅からの所要時間2〜3時間位か?
他のコースもあり細かくまわると1日はかかるだろう。
予約については不明


バスでもまわれるようだ

観光タクシー

車(レンタカー)やバイク以外で好きな時間に早くまわれるといえばタクシーだろう。
観光タクシーがあり、例えば1時間で5400円とかだ。
人数が集まればそう高いとは思わない。

理想は半日位だった。
1時間とかなら短い気もするし、かといって1日は長い
旭山動物園にファーム富田とか
富良野「北の国からロケ地めぐり」など他にもいろんなみどころがあるので
美瑛だけにこんなに時間を使いたくない。
個人的には レンタサイクルやバス等で3時間位楽しみ。
その後 ポテトのランチで昼食に買物など
ざっと半日位で楽しめた。
コースを縮めたり伸ばすことで時間調整は可能だ。

その他「丘めぐり」について
サイクリングについて

そんなに疲れなかった
丘だから多少のアップダウンがあるのは正直なところ
しかし、押して登るほどの急な坂を走った記憶はない。
それに、まわりは広大な自然の中、気持ちもよく疲れも感じなかった。
美瑛駅から「親子の木」とか「セブンスターの木」などへ行くと遠くへ来たな!という気はした。


サイクリングでの丘めぐりは気持ちよかった


見事に雨にあたってしまったことがある。
言うまでもないがサイクリングする旅行者は少なくなる。(というかほとんどいない)
個人的にも車やバスでの移動をおすすめしたいが、よほどの大雨でない限り
無理ではなかった。雨でも美しい風景を楽しめることがあった。
ただ、雨具は用意したいことと、冷えるので風邪をひかないようにしたい。


雨でもサイクリングを楽しんだが風邪をひかないように
あと、雨具はほしい。傘ではあまり効果がないと思う。

車(レンタカー)
駐車場

車で丘めぐりを楽しむ場合、心配なのは駐車場だろうが
主なビュースポットにはだいたい駐車場があったし、無料であった。
シーズン中は満車になる可能性もあろうが、詳細は不明
あと、ビュースポットでなくてもすばらしい風景が広がるために路上駐車したくもなった。
他の車に迷惑をかけないように注意しよう!


主なビュースポットには駐車場があった。

その他
食事や買物

まわりは農地であるがビュースポット近くに喫茶店やお土産屋があることがあった。
8月に訪れたときはだいたい営業はしていた。
美しい風景の中での喫茶は旅のいい思い出になるだろう。
ただ、ポテトなど名物料理の店はどこでもあるというほどでもなかったので
昼食は美瑛駅前の観光案内所にて紹介してもらった。
畑には入らないで
観光地としても有名な美瑛の丘だが、一般の農地でもある。
畑には入らないようにしよう!
また、大きなトラクターが入るのもみるが邪魔はしないようにしたいと思った。

美瑛の丘めぐりをして
実際に丘めぐりをしていくつかのポイントの紹介と
思ったこと感じたことをまとめてみました。

まずは四季の情報館で情報収集をした。

美瑛駅舎を背に左手に建つ建物、観光案内もあり、地図をもらっておきたい。
グルメ情報も教えてくれた。ただ、丘めぐりのコースは
北海道旅行のガイドブックなど用いて、おおよそでもいいから
どのコースをまわるか前もって調べておいた方がいい。
館内には他にも
美瑛の名産品が売られていたり、分かりやすい美瑛のジオラマ
ミニギャラリー、インターネットコーナーなどがあり設備は充実していた。

2010年8月の経験から
館内の観光案内所は
5〜10月 8:30〜19:00
11〜4月 8:30〜17:00
で休館は年末年始らしい。

 
駅前にある観光案内所「四季の情報館」
中は広く設備も充実

北西の丘展望公園

私の場合、美瑛の丘めぐりの最後のポイントに立ち寄ることが多い。
展望台からの眺めもすばらしく観光案内所にお土産屋など設備も充実
また、JR美瑛駅だと街中に入らなくてはいけないので
車利用の場合、北西の丘展望公園を拠点にまわるのもいいかもしれない。



  
北西の丘展望公園の様子 ここからの眺めはすばらしい

ケンとメリーの木

北西の丘公園から900m位のところに位置するビュースポット
道沿いにポプラの大木がたつ。
昭和47年に日産スカイラインのテレビコマーシャルに使われそのときの出演者に由来しているとのこと
記念撮影をしている旅行者もよく見かけた。
また、近くにペンション カフェがあった。
展望台からここまでなら歩いても行けよう。


ケンとメリーの木

セブンスターの木

セブンスターのパッケージに使われた風景
JR美瑛駅から6km位は離れているだろう。ここまで行けばずいぶん遠くまで来た
ような気がした。まわりは一面の畑ではあるが
8月に訪れたときにはちょっとした売店や自動販売機などがあり
記念写真を撮る旅行者で賑わっていた。


セブンスターの木

親子の木

ここは途中に通った程度、しかし、広い平地の中にポツンと立つ3本の木
確かに、子供を挟んでいる親子のように見える。


親子の木
確かに親子のように見える。遠くだからなおさらに印象深い。

マイルドセブンの丘

マイルドセブンのパッケージに使われた風景
遠く一列に並ぶ木々が今も印象に残っている。


マイルドセブンの丘


 





美瑛・富良野へ行こうに戻る


トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。