北海道旅行  道東の魅力
広い大地に、牛たちの群れ」北海道ではよく見られる風景だ。
それを強烈に感じさせてくれるのが「道東」であった。
そして、知床や釧路湿原、摩周湖、トドワラ、納沙布岬・・・
魅力的な観光スポットも多いのだ。








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖








道東はもっとも「北海道らしさ」を感じさせてくれた。
(中標津 開陽台にて)



みどころが多い「道東」
観光も楽しい
道東といっても広いが、そこには多くの観光スポットが集まっている。
その多くは大自然に囲まれたエリアであり
湿原や原野、海などそれぞれ異なる魅力があるのだ。
そのいくつかを挙げると

「水鳥の生息地」としてラムサール条約に登録されている釧路湿原
北方領土の島々を望む納沙布岬
立ち枯れた林が広がる不思議な大地 野付半島のトドワラ
全身が吸い込まれるような大地が広がる開陽台
神秘的な美しさ、古くから神の湖とされる摩周湖
モンモンと硫気ガスを噴出す硫黄山
世界遺産に登録され北海道でもトップクラスの人気を誇る知床 断崖や美しい湖などすばらしい。

他にも多くのみどころがある。

  
トドワラ                                    知床
すばらしい自然が広がる。

グルメスポットや温泉も

札幌や函館と比べると、不便な場所ではあるものの
魚介類など楽しめるグルメスポットや温泉も多く見かけた。
例えば
川湯温泉や阿寒湖畔温泉 知床にもウトロ温泉など
ちょっとしたところに温泉があることも
釧路の他、ちょっとしたところに魚介類を扱う店もあり

 
 釧路和商市場                               屈斜路湖畔のコタン温泉

温泉やグルメを楽しめるのもいい


道東のまわりかた
広い道東、4〜5日位かけてあちこちまわる周遊旅行をしたい。
時間がなければ興味のあるところを一箇所訪れることもできる。
また、3日位で知床や釧路湿原、トドワラなど楽しむツアーもあった。


一箇所滞在か周遊か

道東の特徴は札幌や函館、小樽のように一箇所に観光地が集中しているより
広大な大地に見所が点々としていることが多い。というよりも
大自然そのものを楽しむ要素が大きいようだ。
道東のまわりかたを大きく3つに分けてみた。

周遊型
ツアーに参加する。
短期間で効率よく周遊する

道東を周遊したい。けど時間がない、体力的に疲れる(周遊型の個人旅行は疲れる)
という場合はツアーではないか?夏などのシーズンは多くの道東ツアーを企画している。
、釧路空港に到着(もしくは新千歳空港から陸路)釧路湿原から摩周湖や
川湯温泉をまわる。(川湯温泉で泊まることが多い)
その後網走(博物館網走監獄や知床、サロマ湖などまわる)
他にも魅力的なエリアや札幌から陸路で向かう場合は十勝など他のエリアをまわることが多い。
一週間以上長期旅行になるだろうが「北海道一周旅行」で参加するのも手だ。

個人で道東周遊を楽しむ
札幌や函館など一部の都市部を除くと車(レンタカー)やバイクの方が便利
しかし、鉄道やバスといった公共交通機関の旅もできる。

公共交通機関を利用

夏などのシーズンは摩周湖など周遊バスがでている。
そういった交通機関を利用するのも手ではないか?
ただし、交通の便はいいとはいえない。計画的に!旅行出発前に時刻表を調べておこう。
昔、道北をバス移動したことがあるが、
利用する予定の路線が最近「廃止」になって困ったことがあった。
鉄道旅行の魅力
JR(鉄道)乗り放題の北海道フリー切符を使って鉄道旅行を楽しむののいい。
道東の場合、札幌あたりから釧路に出て
釧路から釧網本線で網走へ、途中 川湯温泉駅で下車 摩周湖に寄ったり川湯温泉で宿泊するのもいい。
釧路から旭川経由で札幌に戻るというルートだ。
時間があれば釧路から根室へ行って納沙布岬へ行くのもいい。
大自然の中をゴトゴトと走る旅もすばらしいもの
ただ、鉄道の本数が多いわけではないので計画はしっかりとたてたい。


道東の鉄道旅行も魅力的

定期観光バス
夏などのシーズンは釧路などから観光バスが出ていることが多い。
旅行会社などで調べてみよう!
観光タクシー
タクシーもあるが、釧路駅前でタクシーを拾い、「トドワラまで」というのは不自然だし
いくらとられるか分からない。(東京〜釧路往復より高かったり!?)
そこで観光タクシーというのがあるようだ。旅行会社でも企画しており、
現地でタクシーがお迎えして観光地めぐりをするそうだ。
運転手付きの車をチャーターしてまわるのだから贅沢
しかし、値段は分かっているので安心だ。
インターネットなどで調べて旅行会社に聞いてみるのがいいと思う。
もちろん高い。
車(レンタカー)やバイク

北海道周遊旅行をするならやっぱり車やバイクが便利だ!
空港周辺にはレンタカー会社もあるのでそのままドライブ!というのもいい。
また、夏になると多くのライダー達が北海道の大地を走りまわる。
バイクだけではない、車で走るのもいい。
広い道東でもまっすぐな道でほとんど信号もないのであっという間に目的地
に着いてしまうのだ!
無理をしない!
ただし、事故とスピード違反に注意したい。
あのスピード、事故を起こせばかなりの確立で大惨事になりかねないし、
あのスピード、スピード違反で捕まれば、多分免停だろう。
経験から一番恐かったのは居眠りだった。
旅行疲れにあの単調な道、ハンドルをもったまま眠くなることがある。
単調な道だから運転のうまい下手の差はないと思う。
遅ければ遅いなりにビュンビュン追い越してくれる。
車はレンタカーかフェリーに積んでいく方法
バイクならフェリーに積んでいくことが多いだろう。


大自然の中を走りまわるのは楽しい


一箇所滞在型
釧路や中標津、女満別空港がある。

「短期間で、大自然を満喫」となると一箇所滞在型か?
羽田空港など大都市の空港から女満別空港(網走)や釧路へ行く飛行機がある。
往復航空券+現地ホテルセットのフリープラン
旅行会社を調べると、札幌滞在並みに安く企画してくれることもあるようだ。
そこから、釧路湿原やサロマ湖、摩周湖、知床などスポットを搾って行くことだ。
それなら東京から3日位でも楽しめるし、2日でも楽しめないことはない。


トドワラや摩周湖、川湯温泉観光に便利な
中標津空港
(空港前にはレンタカー会社もあった。)

札幌から直行
夜行バスもある

問題は釧路や女満別空港などは出発空港も限られ便数も少ないのだ。
そこで、新千歳空港(札幌)まで行き、そこから高速バスで直行という方法もある。
札幌から釧路や網走の他、根室や知床などへ行くバスもあり札幌を夜出て朝には道東の自然の中
というこになる。道内の移動費がかかるが、時間的な問題や出発空港までの移動費を
思えば考慮する価値があるのでは?但し満席に注意したい。
ちなみに北海道までの飛行機は旅行会社に聞いてみよう
札幌フリープランやバーゲンフェアなど格安なプランもあるのだ。
流氷を見る
ちなみに道東の冬は公共交通機関もみどころもぐっと減るようだ。
しかし、冬の魅力も多い。その一つは流氷ではないか
流氷みるために網走直行という手もある。



夜行バスも便利
(札幌を夜出れば翌朝には道東の自然の中にいる!)



 





トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。