北海道旅行  モデルプラン2
札幌と道東周遊

道東を中心に周遊するプランである。釧路〜網走は
多くの魅力的なスポットや自然が多く、北海道らしさ
を味わうことができた。
春、夏、秋向きで、雪のあるシーズンには向かない。



 ツイート


トップに戻る
北海道旅行


安く楽しく旅行しよう!
格安北海道旅行の方法







さいしょに
できれば車(レンタカー)やバイクの利用をすすめたいが・・・
JRやバスといった公共交通機関利用をもとに本プランを作ってみたが
北海道は都市部を除くと交通が不便なことが多く周遊旅行には不向きなのだ。
できれば、車(レンタカー)やバイクなどで釧路以東で
釧路〜厚岸〜納沙布岬〜トドワラ〜開陽台〜摩周湖〜川湯温泉
を加えたい、経験からだいたい+1泊となった。
(朝釧路をでて根室で1泊、夜川湯温泉に到着)
公共交通機関でも不可能ではないが、接続が悪かったり、遠回り
するので+2泊位にはなるだろうし、経験上、乗ろうとしたバスが廃止になった
経験もあるのだ。

また、札幌〜釧路間、釧路〜札幌間
も多くの魅力的なスポットがあるのでできれば何泊かしたいもの。

フェリーに積んでマイカーを持ち込んだり、釧路(又は札幌)でレンタカーを利用
という方法もある。中には乗り捨て可能というところもあった。
インターネットでもいろいろ紹介されているし、ネット割引もあるので
調べてみよう!
ちなみに
1日の走行期限が設定されているなどその他制約もあることが多い
あとは事故にも注意

道東ツアーも多い
最初からツアー参加という方法もある。
夏などのシーズンになると北海道道東ツアーなどでまわるのだ。
自由はきかないが効率よくまわれる。
高くはなるが、タクシーでまわるツアーを企画している旅行会社もあった。
インターネットでもいろいろ紹介されている。

定期観光バスも便利?
現地発の日帰り観光バスだ。
例えば、釧路発の釧路湿原観光や摩周湖、阿寒湖観光もあった。
先にも述べたように、公共交通機関が不便であるので、うまく定期観光バス
を利用するのも手だ!
インターネットでも紹介されているのでいろいろ調べてみよう!


コースの紹介!(08年6月)
旅行経験から自分の主観的に作成しました。
時刻は変更することも多く、季節によっては運休もあるし
今後の廃線もありうる。(書き間違えもありうる。)
あくまでも参考程度に自己責任のもとで調査してください。

1日目
札幌から釧路へ

特急「スーパーおおぞら」を利用すれば、札幌から4時間位で釧路に到着
朝7:00に出れば、11:00前後には釧路駅に着くわけだ。
ただ、上野駅から寝台特急「北斗星」を利用すれば、札幌(またはその手前南千歳)
で釧路行きに接続したら釧路に着くのは15:42だった。
前日の夜にでた翌朝釧路という手もある。(鉄道でもバスでも可能)
その日のうちに釧路湿原へ行きたい!
釧路の観光名所といえば「釧路湿原」できれば早めに釧路に着いて
ゆっくりまわりたい。釧路駅前8:25、14:00発の半日観光
釧路湿原めぐりの定期観光バスが3000円位からあった。
JRでも釧路駅から釧網線細岡駅に下車して細岡展望台
塘路駅からもレンタサイクルでコッタロ湿原展望台など
また、釧路〜塘路に釧路湿原ノロッコ号が出ていたりした。
他にも展望台やスポットがあり、旅行者には嬉しい。
車やバイクならより気軽に釧路湿原へ行けるだろうし
郊外の大自然の宿で1泊もいいのでは?
ただし
季節運転(営業)も多く
冬やオフシーズンだと運休や休業、営業時間短縮もよくあるので
前もってよく確認したい。
夜は釧路で新鮮な魚介類
釧路は大きな街だ!夜は新鮮な魚介類など北海道名物を満喫したい。
2日目
釧路から納沙布岬、霧多布へ!

(東の果ての大自然を満喫)
釧路駅を5:55発の列車で根室本線根室駅へ
根室駅8:13着から8:20発路線バスで納沙布岬8:55着
北方領土を望む最果ての地、納沙布岬観光
9:45納沙布岬発の路線バスで根室駅に10:20着
(シーズンなら、根室駅前ターミナル発で8:25〜10:55の納沙布岬をまわる定期観光バス
もあるかもしれない。)
根室駅11:03に出る快速で、浜中駅に11:56到着
12:20発のバスで霧多布温泉ゆうゆ12:45着
霧多布湿原などを観光して
14:05発のバスで浜中駅14:30着
浜中14:58発の列車で釧路駅16:13着
次は釧網線で釧路17:15発で川湯温泉19:07着
ただ、川湯温泉駅から川湯温泉行きバスの最終は出てしまっていた。
手前の摩周駅近くの宿とか(摩周温泉がある)タクシーで川湯温泉へ行くか
釧路で泊まるか?
(かなりの強行旅行になった)
実際は納沙布岬と霧多布しか立ち寄らないものの公共交通機関
が不便であるうえに強行なコースとなってしまった。
さらに、霧多布だけではなく、厚岸(国泰寺)にも立ち寄りたいし
厚岸〜霧多布を結ぶシーサイドラインを車やバイクで走りたい。
トドワラや開陽台にも行きたいのが本音だ。車(レンタカー)やバイク利用、そして、
根室などで+1泊したいようだ。
また、川湯温泉に早めについて
温泉街や宿の食事をゆっくりと満喫したい。
そのためには逆に霧多布を除くなりすべきか?
最悪、公共交通機関が不便な納沙布岬と霧多布を除くのもやむをえないか?
公共交通機関が不便
バスや鉄道が一本遅れるだけでかなりの時間ロスになる恐れがある。
綿密な計画をたてたい。
3日目
摩周湖などをまわり網走へ
(便利な阿寒パノラマコース)

朝9:35網走を出て、川湯温泉を12:20に出る定期観光バスの
阿寒パノラマコースで硫黄山、摩周湖、阿寒湖を観光して夕方網走へ
午前中、屈斜路湖でも行ければいいがあしがあるかなあ?
4日目
網走観光後へ札幌に戻る

網走監獄博物館とかオホーツク流氷館などそのみどころは多い。
1日がかりだが、効率よくまわるなら網走の定期観光バスが便利だ。
知床にも近いので、釧網本線知床斜里駅まで行き、そこからバスで
ウトロ、知床へ行くことも可能だ。観光バスもあったし、日帰りでも可能だろう。
夕方、網走発の特急「オホーツク」で札幌へ向かう。
網走を夜出て朝着く列車やバスもある。
はやめに出て、途中、旭川に立ち寄ったり上川駅で降りて
層雲峡に立ち寄って宿泊するのもいいのでは?



格安プランのたてかた!
札幌1泊6日フリーとJRのフリーパスの組み合わせ
インターネットで旅行会社などを調べると
羽田、関西、伊丹、中部などから新千歳空港までの往復航空券
+札幌市内のホテル1泊でセット2万円台から6万円台(シーズンにより変動)
というプランがある。それを使ったら、航空券(引換書)と1泊分のホテルクーポン券
が送られあとはフリーだった。
1泊2日から中には1泊14日まで延泊可能もあった。
時間が許せばもっとゆっくりしたいし
レンタカーなどの移動もしたい。
それと、JR北海道内の特急急行乗り放題の北海道フリーパス普通車用7日間有効
が23000円ちょっとで売られていた。グリーン車用もあった。(詳しくはJRで確認)
それらの組み合わせもいいかもしれない。

つまり、前日に札幌着、プランに含まれたホテルに宿泊し
翌日からフリーパスを使って上記のプランで旅行するのだ!

北海道フリーパスが得とは限らない
北海道フリーパスは切符を買う手間が省け便利ではあるが
トータル的に得かは一概にいえない。
例えば、札幌〜釧路、網走を高速バスで移動したり
最近は格安ツアーバスがあることもあるのだ。
JRでも札幌〜根室など乗車券と通しで購入し釧路で途中下車扱いしたりすれば
安いかもしれないのだ。
ただ、細かい計算も面倒なのでフリーパスもいいかもしれない。

また、フリーパスは
GW、お盆や年末年始といったピークシーズンは使えないなど
制約もあるので注意したい。





 ツイート








トップに戻る

北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2010年まで何度か訪れた北海道旅行の経験と
その後の調査から作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
最終的には自己責任のもとで参考にしてください。