北海道旅行 洞爺湖遊覧船の魅力
温泉街から出ており、もっとも気軽に洞爺湖を楽しむことができる。
シーズンによるが中島めぐりなら30〜80分程度の船旅
湖から眺める羊蹄山や有珠山は神秘的であった。
中島に上陸することも可能だ!(冬期は除く)








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 層雲峡
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖








洞爺湖遊覧船 エスポアール
「お城みたいな船だ!」



洞爺湖遊覧船情報
中島巡り遊覧船
洞爺湖の真中に浮かぶ島(中島)をまわる

洞爺湖温泉からでている。
洞爺湖といえば多くの旅行者は洞爺湖温泉を拠点とするだろうし
温泉街そのものは特別広いわけでもないので
船乗り場は分かりやすかった。
洞爺湖温泉バスターミナルから洞爺湖に向かう(歩いてすぐだ。)
駅前桟橋というところからでる。
(運行時間(07年から08年))
冬季は9:00〜16:00(60分ごと)
夏季は8:00から16:30(30分ごと)となっていた。
乗船料金
1320円だったが北海道の観光地情報センターなどでみたクーポン雑誌に
1190円の割引もあった。
(インターネットでもお得情報があるかもしれない。)
小人料金や修学旅行、障害者、団体料金などもあった。
所要時間
80分(冬期は30〜45分「私の経験では12月で50分程度だった。」)
また冬期を除くと真ん中に浮かぶ中島に下船ができるらしい。
話によると下船する場合次の船に乗るということで所要時間が80分とも言う。
詳細はわからない。確認してください。
なお、冬期でも中島にかなり近くまで接近した。
花火鑑賞船
花火の季節には花火鑑賞船というのがでるらしい。
2010年8月の調査で1500円ほどだったと記憶している。
値段の他、予約などについて別途確認してください。
中島に上陸してエゾシカに会う
中島には原始の森と野生のエゾシカがいるという。
ちなみに
弁天島、観音島(観音堂がある。)、大島という3つの島があり
一般的にはまとめて中島という。

洞爺湖遊覧船に乗船して
遊覧船に乗ってみてよかったことをまとめてみました。
広い船内

中は広々していた。
ちょっとしたステージやピアノも置かれていた。
演奏会とかも行われるのだろうか?
全体的にゆったりしており
遊覧船らしく甲板からの眺めはすばらしい。
ほとんど甲板にでていた!


船内の様子

湖からの眺めはまた違ったよさがある

出航して温泉街を後にする。美しい湖から眺める羊蹄山の雄大な姿に
中島、湯気を噴出す山、そして美しい自然に囲まれた北海道の大地、とにかく神秘的なのだ。
甲板にでて風に吹かれるのも気持ちがよかった。
洞爺湖について分かりやすい案内もあった。


温泉街を後にする

  
  中島を眺める                       羊蹄山の雄大な眺め

船上からすばらしい風景を楽しむことができた。

中島に接近

12月に利用したので上陸することはできなかったが島のすぐ近くまで接近した。
島に建つ建物や観音堂?、そして原始林の木々を手にとるように
近くで見ることができた。


手が届くと思える位 島に近づいた。

昭和新山や有珠山

観光地の一つ有珠山や昭和新山も長めることができた。
白煙をあげるその姿をみると温泉地であっることを実感させてくれた。
まもなくして温泉街に入港した。


昭和新山?白煙がでている。

気軽に楽しめる

駅前桟橋は場所もよく気軽に洞爺湖観光を楽しめる。
それに、実際に船で湖をまわるのは、ただ見るよりも楽しいものだ。
北海道旅行でただ立ち寄るだけ温泉があるので宿泊目的だけの洞爺湖旅行でも
遊覧船なら気軽に乗れるのではないか?
定員オーバーもそうないとは思うが、


 





洞爺湖に戻る


トップに戻る
北海道旅行



スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。