北海道旅行 洞爺観光
洞爺湖ビジターセンター

洞爺湖温泉街から歩いてすぐのところにある。
映像や模型を通して洞爺湖のなりたちや
周辺の自然が紹介されていた。
より観光を楽しむためにも
ついでがてらちょっと立ち寄ってもいいと思った。








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 層雲峡
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖








ビジターセンター


入場無料だった。
場所もいいので気軽に立ち寄れた

開館時間は9:00〜17:00
年末年始など休館日あり
ちなみに
ビジターセンターといっしょに「火山科学館」というのがある。
入館料は大人600円となっていた。
場所も洞爺湖観光の中心となろう。洞爺湖温泉の中心部から歩いてすぐだ。(08年)

ついでがてら立ち寄るのによかった。
想像力が膨らんだ
洞爺湖観光では洞爺湖の自然や遊覧船、有珠山ロープウエイ、
西山火山散策路 そして温泉でゆっくりすることを目的とする旅行者が多いと思う。
もし 時間があったらちょっとビジターセンターに訪れてみるもいいかもしれない。
想像力をつけるのにいいと思った。
(所要時間)
個人差によるがちょっとよるくらいなら15〜30分でもいいと思った。
観光というより洞爺湖観光の盛り上げみたいな効果があった。
洞爺湖ビジターセンターに入って
広いフロアーに模型やパネルで分かりやすく案内
まずはパネルや模型などで分かりやすく展示されていた。
例えば
洞爺湖周辺の自然や動物たち
洞爺湖やその周辺の自然はすばらしいものであるが、動物など普段目につかない
ような感動もあるのだ。ビジターセンターならそのような目につかないものにも
分かりやすく説明している。
洞爺湖の成り立ち
洞爺湖や周辺の火山活動についての紹介もされていた。
映像にて紹介
洞爺湖の四季について映像にて紹介されていた。
1回の旅行で四季を感じとることはできないだろう。
短時間で洞爺湖を知ることができるのだ。


ビジターセンターの中
洞爺湖やその周辺の自然について分かりやすく紹介されている。



 





洞爺湖の魅力に戻る


トップに戻る
北海道旅行



スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。