北海道旅行より 道東
釧路を楽しもう!
和商市場に幣舞橋周辺でのショッピングやグルメ
そして湿原など道東の都会「釧路」の楽しみかたについてまとめてみました。
新鮮な魚介類で楽しもう!








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖








JR釧路駅にて
駅から徒歩圏内で泊まる、食べる。買物するを楽しめた。



釧路へ行くには?
道東観光の拠点にいい
例えば、東京(羽田)や名古屋(中部)から釧路空港まで行き、
そこからレンタカーやバス、鉄道で
納沙布岬や摩周湖に川湯温泉、網走、知床など道東観光を楽しむのもいい。
到着と出発空港を変えられる格安フリープラン
北海道までの往復航空券+ホテルがセットのなったフリープラン
格安北海道旅行を楽しむのに便利なプランだ。
さらに羽田空港など主要な空港からなら1泊3日とか1泊5日というように
1泊目のホテルはプランに含まれているが残りの1泊とか3泊は各自で手配というプランもある。
さらに釧路空港に到着し帰りは女満別空港や旭川空港というように行きと帰りの空港を変えることもできるのだ。
シーズンやその他条件による違いはあるが安いシーズンなら2万円台もあった。
レンタカーも乗り捨てできることが多い
行きと帰り違う空港利用の場合、レンタカーはどうか?
そのときは借りた場所で返す「乗り捨て」ができる場合が多い。
追加料金はかかるが、広い北海道、元の場所に戻るよりも安くて効率がいい場合も多い。
それに 空港近くにはレンタカー会社がある場合も多い。


自由気ままなドライブもいい

ツアーや公共交通機関の場合

釧路から観光タクシーで阿寒湖や川湯温泉へ行く方法、人数が集まればそんなに高くはないはず
また、シーズンによっては釧路湿原や屈斜路湖に川湯温泉、摩周湖などまわる観光バスも
でている。釧路からならバスや列車もあるので道東にしては公共交通機関は発達している方
ただ、特別発達しているわけではないので前もってしっかり計画をたてたい。


釧路からローカル線の旅をするのもいい
ただし、本数は少ないので計画はしっかりたてよう!
(釧網本線にて)

札幌から訪れる

札幌の方が飛行機の本数も多いし寝台特急で北海道に訪れる場合札幌で下車する旅行者も多いだろう。
また北海道周遊旅行をするにも札幌から釧路へ訪れるのもいい。
札幌から釧路へのアクセスはよく
特急スーパーおおぞらを使えば、4時間しないで釧路に着く。
また 高速バスで夜札幌を出て朝札幌に着く方法もある。
また、インターネットで調べると札幌から釧路までの格安プランを出してあることもあるのだ。
バスツアーというのもあるし札幌から飛行機利用というプランもあった。


札幌〜釧路など道内を飛行機で移動するプランもあり

釧路に泊まるには?
駅周辺にホテルあり

私が釧路へ行くときは、駅周辺のビジネスホテルや観光ホテルに泊まる。
駅周辺にはサンルートやスーパーホテル 東横インといったチェーンホテルをはじめとする
ビジネスホテルや観光ホテルが並ぶ、値段も4千円台からと特別高いわけでもない。
それに快適だ。また、釧路駅からすぐのところに北海道三大市場の一つ和商市場もあるし
徒歩圏内に飲み歩きや食べ歩きに便利な歓楽街もあるので
北海道のグルメやショッピングに便利
さらに釧路から根室(納沙布岬)や川湯温泉、摩周湖に屈斜路湖 阿寒湖など道東観光に便利
アクセスもいい。
もちろんインターネットで簡単に予約ができる。


駅周辺にはホテルが多い

郊外の温泉

せっかくの北海道旅行!ありきたりのビジネスホテルでは と思う旅行者も多いと思う。
よく聞くのが阿寒湖そして個人的には川湯温泉なんか風情があって好んでいる。
また、霧多布へ行けば大自然の中にある小さなペンションなどがあった。
ただ阿寒湖へ行くにも釧路駅からバスで2時間程度と聞くし遠いと思う。
私の場合、釧路で宿泊してまた別に川湯温泉など泊まることが多い。
ただ、釧路郊外にも風情ある宿があるかもしれない。

釧路を歩く、食事をする
道東の都会「釧路」なら市場で新鮮な魚介類にありつけたり
北海道名物の飲み歩き食べ歩きを楽しむ魅力もある!
どのように釧路の街を楽しんだかまとめてみました。

ちなみに夜20:00頃釧路に到着 幣舞橋「ぬさまいばし」付近の歓楽街を楽しみ
翌朝は和商市場で新鮮な魚介類を食べ 9:30頃車で20分ほどの
釧路市湿原展望台へと向かいました!


昼間なら和商市場がよかった。
北海道三大市場の一つ
駅から歩いて5分もしないくらいで行けた。

釧路駅舎を背に右に曲がってすぐのところにある和商市場
外観はただのスーパーのようで素っ気無いように感じたが中に入ると
新鮮な魚介類が並ぶ市場に北海道名産品のお土産の数々!海鮮丼や寿司の食堂!
北海道の市場を思わせてくれた。
値段もいろいろ
例えば
カニなど高いものなら5千も6千円もしよう
しかし
わけあり毛カニなら1500円とかで売られていた。
お土産に便利な柑橘類も多いので買物にもいい。

また、海鮮丼や寿司、ラーメンの食堂もあり
ざっと見て1,000〜3,000円程度だったかな?


和商市場の中
(新鮮な魚介類が並ぶ お土産を買うにもよかった。)

勝手丼

和商市場の名物といえば勝手丼、まずはライスを購入
大きさによって150円とか300円とか売られている。
そして自分の好きな刺身をチョイス、店の人に今の旬を聞きながら盛り付けてもらう。
5色丼にも6色丼にもなるのだ。
ちなみに私の場合
ウニ、イクラ、ホッケ、サンマ、シシャモ、サケの刺身が入った6色丼で1300円だった。

  
和商市場の名物 勝手丼
ライスを買って好きな刺身を選んで食べるのだ!

夜は幣舞橋付近の歓楽街で北海道名物の飲み歩き食べ歩き
サンマの刺身に花咲カニなど

釧路の歓楽街と聞くと、駅周辺と幣舞橋付近と聞いたので幣舞橋へと行ってみた。
釧路駅前の道をまっすぐと10分も歩いたら着いた。
ちなみに、幣舞橋も釧路の名物、橋でカモメの鳴き声を聞き潮風を浴びると
旅情を感じさせてくれた。
周辺は歓楽街で全国チェーンの居酒屋に釧路の名物を扱う居酒屋など並ぶ。

  
    幣舞橋を眺める                          幣舞橋から釧路駅へ向かう道

日曜の夜に訪れたので静かだったが店の人に聞いたところ週末などもっと賑やかとのこと



花咲カニにサンマの刺身 北海道ビール!

釧路湿原へ行く
釧路と言えばやっぱり釧路湿原

釧路市街地から車で20分ほどで釧路市湿原展望台に着いたと思う。
ほかにも多くの展望台や楽しみかたがある。

詳しくは下をクリック

釧路湿原



 






トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。