北海道旅行  モデルプラン3
札幌、函館観光
内地にも近く、北海道にしては公共交通機関が発達
しているため旅行しやすいコースであるし、もちろん車でもまわれる。
飛行機の他、フェリーやJRでも比較的気軽に行くことができるのだ。
春夏秋はもちろん、冬でも楽しむことができたのだ。



 ツイート


トップに戻る
北海道旅行


安く楽しく旅行しよう!
格安北海道旅行の方法


札幌〜函館を結ぶ特急 スーパー北斗
札幌〜函館は
公共交通機関が発達している。
(札幌と函館を結ぶ特急 スーパー北斗)


コースの説明
今までの経験をもとに作成、参考程度に
自分好みにアレンジしてみてください!








1日目
まずは札幌に到着

東京や大阪、名古屋など各地の空港から飛行機で新千歳へ行く
のがオーソドックスであるが、
大洗、名古屋、新潟、舞鶴、敦賀、秋田、仙台から苫小牧や小樽まで
フェリーもある。苫小牧や小樽から札幌はそれほど遠くはない。
午後には札幌観光をしたい
大通公園や時計台、赤レンガ旧道庁など札幌市街の観光なら
札幌駅から徒歩でも3時間〜半日位で観光できるだろう。
開拓時代を想わす見所が多い。
なお、札幌着が夕方なら2日目にするか、札幌に訪れたことがあるなら
札幌市街観光を外す人もいる。
夜はススキノを楽しみたい
旅先での夜は楽しいものだ。札幌ならやっぱり「ススキノ」
全国有数の歓楽街で北海道の名産物も多い。ラーメン横丁でも有名だ!
夜は便利な札幌駅〜ススキノ周辺のホテルはどうだろう。ホテルの数は多く
シーズンによるかもしれないが
インターネットで調べるとシングル3千円台など驚くほど安いホテルもあった。
安いビジネスホテルに泊まってみたが快適だった。
もちろん高級ホテルもある。
インターネットなどでいろんなホテルを探し自分好みを見つけよう!


ススキノで北海道の幸を楽しみたい!
(札幌 函館観光)


2日目
函館へ向かうが道中にも観光地がある。

札幌から函館へ向かうが、JRで距離は300km以上ある。
そのまま、函館へ直行もいいが、道中にも有名観光地がある。
代表的な観光地をいくつかピックアップすると
・白老
JR白老駅からすぐで列車内からも眺めることができた。
アイヌ民族博物館があり、アイヌ民族の文化に触れることができる。
・登別温泉
全国的にも有名な温泉だ。JR登別温泉駅から路線バスで十数分程度
温泉街からロープウエイでクマ牧場へ行けるし、そこからの眺めはすばらしい。
温泉街からちょっと歩くと地獄谷があり 楽しい温泉だ。
日帰り入浴もあるし、温泉宿(ホテル)も多い。
登別温泉で泊まるもいい。
(登別温泉泊まりなら札幌を昼に出てもいいと思う。)


登別温泉を楽しみたい

・洞爺湖
自然の中に突如現れるカルデラ湖、湖の中に浮かぶ島に
晴れていれば遠く羊蹄山の雄大な姿を眺めることができる。神秘的な湖だ。
JR洞爺駅から路線バスで20分ほどで行ける。
洞爺湖温泉で泊まるのもいい。インターネットで宿を調べると登別温泉より
安いところもあった。(が噴火の影響か登別より寂れてはいた・・・)

訪れたことがないのでコメントはできないが、
他にも大沼公園など魅力的なスポットがある。

(なお、オフシーズンなど一部閉鎖していることもある。)


洞爺湖から羊蹄山を望む

3日目
函館へ

2日目に登別温泉や洞爺湖温泉などに宿泊しているならば、3日目には函館に着きたい。
2日目に函館に着くなら、3日目は1日函館観光ができる。
路面列車など利用して五稜郭や元町めぐりなら1日でまわれるのではないか?
大人600小児300円で市電1日乗車券を買える。(08年6月)
シーズンによるが函館市内をまわる定期観光バスもあった。(半日コースや1日コースなど)
朝は函館駅近くの朝市で海鮮丼を食べて、夜は函館山で夜景を楽しみたい。
湯ノ川温泉に泊まるもいいし、函館駅近くのホテルに泊まって
居酒屋で魚介類を楽しむもいいのではないか?


函館観光 函館山は絶対行きたい!

4日目
函館から帰路へ

函館から新千歳空港に戻って飛行機で帰る方法や函館空港から買える方法
函館から特急列車と新幹線に乗り継いで帰る方法がある。



格安プランのたてかた!
インターネットで旅行会社を調べてみよう!
札幌、函館プランがあった。
ツアーといってもほとんど個人旅行である。

東京から札幌までのJR(寝台特急か特急+新幹線)往復
に札幌と函館(湯ノ川温泉)の宿がセットのプランがあった。
札幌1泊4日プランなど
東京(羽田)大阪(伊丹、関西)名古屋(中部)など主要な都市から〜新千歳空港
までの往復航空券+札幌のホテル1泊付きで残り2泊は各自で手配というプランもある。
航空券(引換書)やホテルのクーポン券が送られ、あとはほとんど自由だ。
ホテルもインターネットでいろいろ調べることができる。

他に個人でもも
周遊切符やぐるり「北海道フリーきっぷ」でまわり、ホテルもインターネットなどで
予約するという方法などいろいろある。

最後に
短期間の旅行を目的に書いてみましたが、列車の遅れ、飛行機の欠航などが
あるかもしれません。また、もっと格安で、魅力的な旅行もあるかもしれないし
逆に値上がりもありえます。インターネットで旅行会社などを調べたりしてみてください。
サービス内容は変わることも多い。





 ツイート





トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで何度か訪れた北海道旅行の経験と
その後の調査から作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合があります。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
最終的には自己責任のもとで参考にしてください。