格安北海道旅行

1.札幌とその周辺を中心にまわる

飛行機で気軽に訪れることができる街「札幌」
格安で旅行する方法をまとめてみました。


 ツイート



札幌を中心にまわる










格安北海道旅行に戻る

トップ
北海道旅行


フリープランがお得!
札幌フリーで1〜2万円!?
驚くほどの安さ

東京(関東)や大阪(関西)、名古屋(中京)とその周辺
そして主要な空港がある地方都市から札幌へ安く行くには
フリープランがお得であることが多い。
フリープランとは北海道までの往復チケット(航空券)
と現地のホテルがセットになり、現地は自由行動
ホテルやフライトも選択幅があり、追加料金でアップグレードしたり
利用しやすい時間帯に変更することが可能だ。
札幌のビジネスホテルでなく定山渓温泉の宿にすることもできた。
往路は8時とか9時台 復路は夕方が人気ある。


ジェットスターのチェックインカウンター
(成田空港)


LCCを利用した個人旅行より安いことも!?

成田空港や関西国際空港から新千歳空港までの利用なら
LCC(格安航空会社)利用のフリープランもある。
シーズンや出発時間帯によっては
新千歳までの往復航空券+札幌のホテル1泊で1万円前半
というプランもあるのだ。
つまり
フリープランだと
LCC往復航空券の値段で
ホテル1泊セットが付くようなもの
日本航空や全日空(レガシーキャリア)利用においても
かなりの安値で売られることがある。


飛行機に搭乗する


新千歳空港へ向かう


札幌に到着!


エコノミーホテルでも快適に眠れた

1泊3日とか5日プランとかもある

2万円近くするが1泊3日とか5日というプランもある。
往復航空券+札幌1泊のホテル残りの1泊3泊
は各自で負担するというプラン
最初の1泊は札幌に宿泊し
2泊目は近郊の登別温泉や小樽に泊まる
ということもできるのだ。



注意点
多額のキャンセル料や変更不可など

出発日近くなるとキャンセル料はかかるし
変更不可で変更をする場合は
一旦キャンセルし予約を取り直すこともある。

シーズンによっては値段が上がる
航空会社やホテルが旅行会社へ大量の卸売をしているのだろう。
オフシーズンや早朝出発のチケットは売れないので
旅行会社へかなり安く売ってしまうことが予想される。
よってオフシーズンになうと値段はグンと下がり
格安北海道旅行のメリットがでる。
逆に
ハイシーズンはチケットはボンボン売れるので安くはせず
ノーマルで購入するのとほとんど同じ値段になることもあった。
(空席をとるメリット!?)
しかし、ハイシーズンはホテルも満室 飛行機も満席で困ったこともある。
そのとき旅行会社のフリープランで空席があり取り扱っていることもあるのだ。
ハイシーズンのチケットは旅行会社が買い占めてしまうのか?

1人部屋は割高!?

フリープランのホテルは2人1部屋で計算されることが多く
1人部屋だと割高になることも しかし、エコノミーホテルなど
千円とか2千円とか少しの追加で1人参加ができることがある
のでメリットあり、また3人1部屋だと安くなることもあった。

レンタカーの利用は・・・
何人か集まると札幌でもレンタカーがお得に思える。
またフリープランでもレンタカー付プランもあるが
注意したいのは渋滞 札幌やその周辺で渋滞が
発生することがあり、予定より大幅に遅れる可能性がある。
登別や支笏湖などへドライブするのはいいと思うが
札幌をまわるだけならレンタカーはおすすめできない。

おすすめ旅行会社
阪急旅行社
豊富な格安フリープラン

インターネットで国内フリープランを検索してみよう!
シーズンによるが
旅行日数5日と選択すると
札幌1泊5日で1万円台など驚きのプランが沢山出てきた。
ホテルの選択幅が広いのだ。。

詳しくは






個人旅行で訪れる
新千歳まで片道5,000円以下のLCCもある。
レガシーキャリアも割安なことも!?

インターネットで格安チケットを購入

自分で航空券やホテルを手配してオリジナルな
個人旅行をする方法、
インターネットを使えば航空券の他 宿や定期観光バス
の予約も簡単にできるし、割安になることが多い。
また、ゲストハウスや個性的な民宿など
ツアーではまず紹介されないような宿もネットで手配できるのもいい。
正規運賃と割引運賃
航空券で注意したいのは、普通運賃(いわゆるノーマルチケット)がある。
キャンセル可能(キャンセル料がかかることがある。)
空席があれば協定を結んでいる別の航空会社(※)への変更も可能だし
当日でもチケット購入可能などと何かと便利なチケットだが
羽田空港から新千歳空港まで4万円程度など
かなり割高である。
日本航空でも15,000円 LCCなど5,000円程度でチケットを販売
していることがあるがが、それは航空会社ごとに設定している
料金(もしくは旅行会社に卸売する格安航空券)である。
変更不可(変更する場合はキャンセルして買いなおす)
とか多額のキャンセル料がかかるなど制約はあるものの
かなり安く航空券を購入できる。
(※ 確か日本航空 全日空 エアドゥーは協定を結んでいた。LCCは結んでいないようだ。)


LCC(格安航空会社)で格安チケット
安いといえばLCC(格安航空会社)
シーズンや出発時間帯によるが
ジェットスターにバニラエアー、ピーチエアラインズなど
LCC(格安航空会社)ならネットで5,000円未満でチケットを
購入することができた。

航空券手配のおすすめ会社
エアータウン
多くの航空会社を一括検索!

先にも述べたとおり安い航空券というのは
航空会社ごとに料金を設定しているので
運賃を比較するのは難しい。
エアータウンを使えば
日本航空、全日空、ジェットスター
エアドゥー、バニラエアー、スカイマーク
などいろんな航空会社を一括検索できるのだ。
とにかく便利である


詳しくは






個人旅行の注意点
組み合わせチケットの注意点

ツアー(フリープラン)とは旅行会社主催なので
何かあったときは旅行会社の責任になることが多い。
個人旅行は航空会社やホテル 定期観光バスなど
別々に手配することになるので全て個人の責任
個人で交渉することになる。
例えば
飛行機が欠航 その日の宿に泊まれなくても
宿は責任はないから
しっかりキャンセル料がとられるだろう。



JR利用の場合
近場から出発ならメリットがあるかも?
東京から28,000円ほど

東京駅から北海道新幹線で新函館北斗駅へ行き
そこから在来線特急で札幌まで行く場合
普通運賃+特急料金で27,000円程度
LCCやレガシーキャリアと比べてもかなり割高である。
フリープランもあるが函館までみても4万円弱といったところ
格安とはいえないかもしれない。
しかし
JRのメリットは最寄りの駅からチケットを購入できることだろう。
東北出発の場合などJRの方が安くなることがあった。
JR利用フリープランあり
新函館北斗駅までの往復とホテル1泊がセットになった。
JR利用のフリープランもある。
東京発だと飛行機と比べ割高に感じたが
東北(青森や盛岡)など出発ならいくらかメリットを感じた。


JRで訪れる

フェリー利用の場合
周遊旅行ならメリットはあるが
シーズンによっては割安か?

フェリー最大のメリットともいえよう
車ごと船に乗せて旅行できることだ。
1週間位かけて北海道周遊旅行をするなら
フェリー利用のメリットはあるが
札幌おその周辺をまわるくらいなら
大きなメリットは感じられない。
ただ、お盆や年末 GWなど
ハイシーズンともなれば航空運賃はグンと上がり
倍以上になることも!
それに比べフェリーの値上げ幅は狭く
ハイシーズンに旅行するなら
格安のメリットがあるかも?

ちなみに
新潟 敦賀 舞鶴 名古屋 大洗 仙台から
札幌近く苫小牧又は小樽へ向かうフェリーがあり
シーズンによるが
安い2等船室なら1人6千円台もあった。


「青春18きっぷ」
「北海道&東日本パス」

東京から札幌まで1万円ちょっと
驚くほどの安さ

まずは青春18きっぷ
1枚につき5回分 1回でJR全線の普通列車 快速列車利用可能
1人で5回使うことも 5人で1回使うことも可能だ。
(ただし5枚バラ売りではないので同一行程の移動になる。)
で値段は11,850円
北海道&東日本パス
連続する7日間 JR東日本 北海道の普通 快速列車
乗り放題で確か10,850円
普通列車や快速列車を乗り継いで行くのだから
メチャクチャ時間はかかるが
最寄りの駅から利用できることから
最も安い交通機関かもしれない。


鈍行列車でゆっくり格安に!


注意点
運休等や遅れがあったとき不利になることがある

運休や遅れがあっても基本的に
責任は負わないし払い戻しはない
何かあったとき普通の切符と比べ不利になることがある。
例えば
土砂崩れ等で普通列車が動かなくなり
代行バスが助けに来た場合
優先的に乗れるのは
特急乗り継ぎ予定のお客さんだろう。
第3セクター!?
新幹線の開業に伴いJRの在来線が第3セクターになることが多い。
一部を除き青春18きっぷなど利用できないし
できても、この区間は途中下車不可など制約がある。
販売期間 利用期間
春 夏 冬など利用期間が限られている。
それ以外は利用できないし
期間を越して利用できない
(春に買った18きっぷを夏に使うのは不可)

原則として特急急行利用不可
青春18きっぷ 北海道&東日本パス共に
特急に乗る場合 特急券+普通切符が必要
ただ
例外的に
北海道新幹線しか走らない
奥津軽いまべつ〜木古内
18きっぷは
は2300円のオプション券を買えば乗れる。
北海道&東日本パスの場合は自由席特急券で乗れるようだ。

他に
新夕張〜新得間も特急利用可能であるが
それを越して特急を利用すれば
利用した全区間の特急券+普通切符が必要
(新夕張〜新得間だけ控除にはならない)

宿?
東京から札幌まで普通列車快速列車乗り継ぎで行く場合
1日で着くのは難しいだろう。
宿も考えたい
野宿もあるかもしれないが・・・


個人旅行でホテルの予約なら
YAHOO トラベル
予約サイトの定番

自分の知っている限り 国内の宿泊予約で
最もバライティーに富んでいる。
エコノミーホテルのみならず
高級ホテルに旅館・民宿
格安ゲストハウスにカプセルホテルなど
とにかくいろんな宿泊設備が紹介されている。
さらには
同じホテルでも格安プランなども紹介されているのだ。
Tポイントを貯める
YAHOOトラベルで予約するとTポイントが貯まる
のもあるのだ。二重にお得だ!


詳しくは







 ツイート










格安北海道旅行に戻る

トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで何度か訪れた北海道旅行の経験とその後の調査に基づき
2015年に作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、
人によって観点が異なることもあります。
あくまでも自己責任の元で調査してください。