北海道旅行より  道北 

ノシャップ岬

日本最北端の宗谷岬が東側なら西側にはノシャップ岬がある。
稚内市街地から近く、向こうには利尻島や礼文島を
望むことができる。そして夕日の景勝地としても有名だ。
記念撮影スポットと同時にお土産屋や食堂
水族館などがある。








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖







ノシャップ岬
ノシャップ岬




ノシャップ岬の場所
(稚内の西北に位置する)



ノシャップ岬とは?
市街地から近い景勝地

稚内市街地(駅)から見て北西側にある岬 バスや車で10分位ちょっと
元気があれば徒歩でも行くことができる。日本最北端で有名な宗谷岬と比べると
マイナーな気がするが、JR稚内駅からバスで1時間ちかくかかる宗谷岬と比べると
時間本数ともに交通の便もよく時間的にも都合がいいことから訪れる旅行者が多い。
夕日が有名
ノシャップ岬から眺める利尻島(利尻富士) 礼文島が有名
特に夕日時が有名なのだ。
確か岬にある寒流水族館に日の入の時刻表が表示されている。
漢字では「野寒布岬」
ちなみに漢字では野寒布岬と書く
アイヌ語の語源では「岬がアゴのように突き出たところ」という意味らしい。


寒流水族館に本日の日の入り案内



ノシャップ岬の行きかた 滞在時間
場所はJR稚内駅から5km弱のところ路線バスも出ているし
地図があれば迷うこともないだろう。稚内観光のついでに行けるのだ。
定期観光バスという方法がある。


車(マイカー レンタカー)バイク

地図はほしいが行きかたはそれほど難しくはない。
JR稚内駅近くから254号線をまっすぐ行けばいい。
10分位でノシャップ岬入口の案内表示板をみることができる。
路線バス
JR稚内駅かな路線バスが出ている。昼間なら20〜30分に1本位出ているし
運賃は210円と安いのだ。13分ほどで到着する。
(参考に宗谷岬までは片道1,350円で確か1時間に1本ほどだった)


路線バスが停まっていた


定期観光バス

5〜10月頃に稚内の定期観光バスが出ている。
午前と午後出発の半日ツアー
ノシャップ岬の他 宗谷岬 稚内公園などをまわるし
公共交通機関では難しい宗谷丘稜も走る。
値段は3,300〜3,600円ほど
路線バスでノシャップ岬だけを訪れるならおすすめしないが
路線バスで宗谷岬+ノシャップ岬をまわるならそれだけで3,120円かかる。
その他いろんなところをまわるし手際もいい
ゆったり座って行けることから
お得だと思う。
ただし
冬期は運休 夏期でも運休日があるかもしれないので
事前に確認したい。
予約することをおすすめする。


定期観光バスも便利


徒歩 自転車

JR稚内駅まで約5kmなので歩いて1時間位だろう。
自分自身 稚内公園から歩いてノシャップ岬まで訪れた経験がある。
現在
海沿いを歩く 観光案内所でノシャップ岬フットパスが紹介されていた。
JR稚内駅から北防波堤ドームを経由してノシャップ岬まで行き
往復2時間とのこと

滞在時間
5分〜2時間位

岬の先で記念写真を撮って帰るだけならものの5分で到着するだろう。
お土産屋や食堂があるのでそこで買物や食事をすればそれなりに時間がかかる。
他のみどころといえば寒流水族館がある。
また、青少年科学センターに訪れるなど
すればかるく2時間はかかると思う。





ノシャップ岬の楽しみかた
眺めを楽しむ

岬にはイルカのモニュメントがあり ノシャップ岬のシンボル的存在
まずはここへ行き記念写真を撮ったり 風景を眺めたりしたい。
シーズンなど多くの旅行者が訪れて 「利尻島で行ってきたよ」
なんて旅の話をしたりした。
特に夕日時は人気があるとのこと

寒流水族館
水族館がある。日本最北端の水族館で
ガイドブックに紹介されることも多い。
市民水族館といった雰囲気だが、北海道幻の魚「イトウ」
他にも「アザラシ」など最北らしさも感じる。
サケやマスなどを見られるのも北の水族館らしい
(入館料)
高校生以上で400円 小中学生100円
とそれほど高くないのもうれしい
ついでに訪れるのもいいと思った。
(開館時間)
夏期 4月29日〜10月31日 9:00〜17:00
冬期 11月1日〜3月31日 10:00〜16:00
入館は閉館の20分前まで

青少年科学館
水族館の隣に建つのが青少年科学館
市民科学館といった雰囲気だが
南極越冬隊の資料や樺太権タロ・ジロの紹介など
最北の科学館であることを実感した。
(入館料)
高校生以上150円 小中学生50円
(会館時間)
夏期 4月29日〜10月31日 9:00〜17:00
冬期 11月1日〜3月31日 10:00〜16:00
入館は閉館の20分前まで

お土産を買う食事をする
食堂やお土産屋も目立つ。特に目についたのが「あきかわ屋」
ピンクの建物がめにつくのだ。
1階は魚介類を中心に扱う土産物屋に2階はレストランだ。
他にも魚介類の入った丼を扱う食堂もあったし
歩いてみるのも楽しいのだ。

灯台
なんだというものでもないが稚内灯台がある。
高さ42.7mで道内では1番高い(日本では第2位)
もとは高台にあった灯台だが、レーダーや通信施設のために移転したとのこと


お土産屋や食堂を見る


 





稚内はこうなっているに戻る




トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。