北海道旅行 札幌観光

白い恋人パーク

北海道で人気のお土産「白い恋人」を製造する
石屋製菓のテーマパーク 可愛らしいデザインの博物館に
チョコレート工場 ソフトクリームやパフェを楽しめるカフェや
レストランなどついつい夢中になってしまうものばかり
女性や子供に人気なスポットだ!








 ツイート




 くらの旅行記

 北海道旅行の情報
 
 格安北海道旅行の方法
 
 北海道はこうなっている

 いろんな情報
  ドライブを楽しもう
  宿泊について
  北海道までの行きかた
  格安航空会社(LCC)
  新千歳空港を利用して
  北海道旅行の注意点
  北海道で短期アルバイト

 札幌エリア
  札幌はこうなっている!
 札幌の移動方法
 定期観光バス
 公共交通機関
 徒歩で札幌をまわる
 札幌駅「JRタワー」

 札幌グルメ
 歓楽街「すすきの」
 すすきのラーメン横丁
 すすきの北海道の味めぐり
 すすきの二条市場
 中央卸売場外市場

 札幌観光
 大通公園
 テレビ塔
 札幌市資料館
 時計台
 赤レンガ庁舎
 サッポロファクトリー
 白い恋人パーク
 サッポロビール博物館
 北海道大学植物園
 北海道大学
 中島公園
 羊ヶ丘展望台
 藻岩山展望台
 北海道開拓の村
 大倉山ジャンプ競技場

 小樽
 小樽の魅力
 小樽運河
 堺町通り
 寿司屋通り

 登別温泉
 登別温泉はこうなっている
 クマ牧場
 地獄谷
 大湯沼

 函館
 函館の行きかた観光
 函館あるき
 朝市へ行こう!
 ラッキーピエロ
 五稜郭
 函館山
 函館ハリストス正教会
 旧イギリス領事館

 洞爺湖
 洞爺湖の魅力
 洞爺湖遊覧船
 洞爺湖ビジターセンター

 道央
 道央のまわりかた
 旭山動物園へ行こう
 旭川ラーメン

 富良野 美瑛
 美瑛・富良野へ行こう
 美瑛
 ファーム富田
 青い池
 北の国からロケ地めぐり
 十勝岳温泉
 層雲峡
 ノロッコ号に乗ろう!

 層雲峡
 層雲峡

 十勝・帯広
 十勝・帯広の魅力
 旧幸福駅
 池田ワイン城

 襟裳岬
 襟裳岬

 道東
 道東の行きかた
 道東のグルメ

 知床
 知床の楽しみかた
 知床遊覧船
 知床五湖

 釧路
 釧路を楽しもう
 釧路湿原

 摩周湖、川湯温泉
 摩周湖
 硫黄山
 屈斜路湖

 野付半島、中標津
 野付半島、トドワラ
 開陽台

 厚岸と霧多布
 愛冠岬と国泰寺
 霧多布湿原
 霧多布岬

 根室 納沙布
 根室
 日本最東端「納沙布岬」

 網走
 網走の行きかた
 網走監獄
 能取湖サロマ湖

 稚内とその周辺
 道北はこうなっている
 道北の行きかた
 道北のグルメ
 稚内はこうなっている
 稚内公園と百年記念塔
 ノシャップ岬
 大沼と宗谷ふれあい公園
 副港市場
 宗谷岬
 サロベツ原野
 浜頓別

 礼文島 利尻島
 礼文島 利尻島
 利尻、礼文フェリーの旅
 利尻島はこうなっている
 姫沼
 オタトマリ沼
 仙法志御崎公園
 ペシ岬
 沓形
 利尻山
 礼文島はこうなっている
 スコトン岬
 澄海岬
 うにむき体験センター
 礼文町郷土資料館
 桃岩展望台・元地海岸
 久種湖







白い恋人パーク
白い恋人パーク ローズガーデン



白い恋人パークの場所



白い恋人パークの楽しみかた
見て楽しむ

とにかくみどころが沢山あるのだ。
西洋の建物に楽しい花や人形 音楽など楽しくなってしまう。
他にも昔の子供の玩具など生まれる前の玩具でも
懐かしさを感じてしまうのだ。
ファクトリーウォークでは可愛らしいデザインでチョコレートの紹介
工場の見物ができるのもうれしい。
食べて楽しむ買物を楽しむ
レストランやカフェも充実 ソフトクリームやパフェ サンデーの他
食事を楽しむこともできるのだ。
白い恋人をはじめとするショッピングエリアもある。
体験する
園内には白い恋人鉄道が走っていたり
お菓子づくり体験もできるのだ。
ただし、お菓子作りは事前に予約をする必要するとのこと


お菓子作りの体験工房もあった


白い恋人パーク情報
行きかた
地下鉄

土地に不慣れな旅行者にとって安くて便利な方法であろう。
地下鉄東西線「宮の沢駅」から徒歩5〜6分で着いた。
宮の沢駅は西側の終点 大通駅から15分位で到着した。
駅の周辺地図で白い恋人パークへの行きかたを確認しておこう。
迷うほどでもないと思うが 方向を間違えるととんでもないところに行ってしまう。
路線バス
JR札幌駅から出ているとのこと小樽行きで
西町北20丁目下車とのこと
車(マイカー レンタカー)
白い恋人ファームに駐車場がある。
1,000円以上買物した場合や有料施設を利用したら無料とのこと
定期観光バス
短時間で手際よくまわるには定期観光バスが便利だ。
地下鉄利用より歩かないでいいし迷う心配もない。
調べると白い恋人パークと場外市場に訪れるコースがあった。
半日(4時間)で午前と午後に分かれていた。
値段は2,400円(小人1,200円)で2階建てバス利用とのこと
ちなみに
中央卸売場外市場とは地下鉄東西線二十四軒駅から徒歩10分弱のところで
北海道各地の魚介類や農産物が集まる人気観光スポット
また
シーズンなど運休の可能性もあるだろう。
インターネットなどで事前に予約しておきたい。


宮の沢駅から歩いて訪れた


開館時間
白い恋人パークは9:00〜18:00(最終受付が17:00)
ショップなど19:00まで営業というところもあれば
また17:00までというところもあった。

ただ、17:30頃に覗いたところ
中には入れたがパークそのものが寂しい雰囲気であったので
あまり遅い時間じゃないほうがいいと思った。
なお無休とのことだが一応事前に確認したいと思った。

入館料
園内は自由だが
ファクトリーウォークは大人600円 子供200円 3歳以下無料
白い恋人鉄道に乗車する場合は
大人300円 12歳以下は200円で2歳以下は無料とのこと

滞在時間
個人差によるがファクトリーウォークを含め一通り見て歩くなら
1時間はほしいと思った。
食事を楽しんだり お菓子作りなどを楽しみたいなら
それなりに時間はかかると思う。
ちなみに自分は
ゆっくりと見てまわって1時間30分位だった。
お菓子作り体験や食事 ショッピングはしなかった。



白い恋人パークに訪れて
実際に白い恋人パークに訪れてみての感想をまとめてみました。

パークが見えてきた!

地下鉄宮の沢駅から歩いて5分ほど大きな通り沿いに見えてきたのが
白い恋人CHOKOLATE FACTORYと書かれた大きな看板だ。


札幌からくり時計塔から入る
チョコレートカーニバルを見よう!まるで「おとぎばなし」の世界

まずは「札幌からくり時計塔」から中に入る。
きれいな花に囲まれたガーデンに美しい塔
そこで是非見たいのが毎正時におこなわれる「チョコレートカーニバル」
いろんな人形が出てきて楽しい音楽が流れる。
ついつい楽しくなってしまうのだ。
ガーデンを歩くのもよかった!


ガーデンをおこなわれるチョコレートカーニバル


ファクトリーウォークに入る

チョコレートの歴史の紹介や工場の見物ができるファクトリーウォークに入る。
確か入口は2箇所あったと思うが からくり時計塔の横にある受付から入った。
入場料600円を払って入館パスポート(お菓子)と白い恋人1枚をもらう。
お菓子を食べて出発!床に猫の足跡があるのでそれにたどって行けばいい。

ファクトリーウォーク
ファクトリーウォークに入る。


(オーロラの泉に感動)

まず興味をひくのは「オーロラの泉」であった。
中央には噴水と水中ライトのコントラストに心がひきこまれそう!
噴水をバックに記念写真を撮る旅行者も多い。

オーロラの泉
オーロラの泉


(可愛らしいカップやパッケージ)

次は「チョコレートカップの部屋」「ステンドグラスの部屋」「パッケージの部屋」
と続くのだ。可愛らしいカップやパッケージに興味をそそいでしまうのだ。 *・ ・*
ヨーロッパの宮廷で流行ったと言われているチョコレートに合わせたカップ
1800年代にフランス イギリス ドイツで造られたと言われているカップ
花飾りのカップなどみごとな芸術品 是非とも見てみたい。
パッケージも1900年代のパッケージなど
まるでペッケージにするのがもったいないほどの芸術品なのだ。


可愛らしいカップやステンドグラス パッケージなど見て歩く


(チョコレートの歴史に触れる)

チョコレートに関する照会パネルを見ながら「チョコ・タイム・トンネル」へ
19世紀 イギリスのチョコレート工場のジオラマ紹介なのだ。
カカオから甘いチョコレートができるまでを
可愛らしい人形と浮かび上がる画面で紹介
分かりやすいのだ。

(白い恋人工場を見物)
次にガラス越しで白い恋人製造工場の見物
チョコレートのかたまりを切ってサンド、品定めしたりする。
次々と「白い恋人」ができてくる。多くの人々は興味深げに見ている。
実際 どれくらいの温度でつくられるか触って体験できうのだ。


白い恋人工場に興味深々


(ラウンジでパフェやソフトクリームを楽しむ)

次にみるのが体験工房
30分〜2時間30分までコースはいろいろ
ちなみに有料で前日までの予約制である。
そして次は
チョコレートラウンジ
チョコレートドリンクにパフェなど
ここで終わるわけではない
次へと進む。


チョコレートラウンジ


(蓄音機)

蓄音機ギャラリーを見る。
なんとも古い蓄音機がならぶ。
1日6回ほど蓄音機の演奏会もあるのだ。

ここでファクトリーウォークを出る。


蓄音機が並ぶ


昔の子供おもちゃ箱に夢中になってしまう!

次はチュダーハウスへ「昔の子供のおもちゃ箱」ぶりきのおもちゃなど
明治時代から昭和時代までのおもちゃが沢山ある。
多くの子供たちも興味をもっているようだった。
他にも
昭和30年代の札幌の映像など

ショッピングを楽しむ!
ショッピングを楽しむ。人気はやっぱり「白い恋人」だ!


チュダーハウス


 





トップに戻る
北海道旅行


スマートフォン



(注意)
本ページは1999〜2014年まで訪れた北海道旅行の経験とその後の調査から
作成しました。
状況が変化していたり、実際と異なる場合がありえます。
また、個人的意見や感想も書いてあり、なるべく客観的意見を述べるよう努力もしてますが、
人によって観点が異なることもあります。
自己責任での調査をしてください。