格安香港旅行  個人旅行を楽しむ
航空券のみの手配で香港を旅行したい!
また、中国に入る前、もしくは第3国に旅行するのに
香港に立ち寄るということもある。
ホテルはインターネットなどで簡単にとれるし
自信があれば現地で宿探しもできた。
フリープラン以上にオリジナルな旅ができる。






格安香港旅行に戻る


トップ
香港旅行



自由気ままに郊外へ行ってみたい!
ランタオ島などフリープランでも日帰りで行けるが、ここで宿泊はしないだろう・
個人旅行ならでフリープランでは泊まらないようなエリアでも泊まれる。
(香港郊外の観光スポット ランタオ島)



個人旅行
本ホームページにおいて個人旅行は航空券(格安航空券や正規割引航空券など)
を手配して旅行する。
とりあえず航空券だけ手配して
バスや路面電車、地下鉄などの公共交通機関を使って自分のあしで香港を
観光できるし、自信があればホテル(宿)だって現地でみつけることができた。
(保障はできないが・・・)

しかし

インターネットなどで簡単にホテル予約もできるし、
香港発の現地ツアーも沢山ある。
(日本語ツアーなどもあるようだ。要確認)
空港からホテルまでの送迎サービスやグルメプラン
市内観光や街歩きツアー
食事や香港ディズニーランドなどののチケット手配など
かなり細かい手配もできるため、パックツアーに近い形も取れるようだ。

なので、香港滞在中半分はホテル予約をしてあとは自分で探す とか
食事やツアーの予約をすることもできるのだ。

通常 フリープランでは泊まらない宿に泊まったり
オリジナルの高い旅もできる。

ただ、同レベルのホテル宿泊など、フリープランと同じ内容の旅行なら
セットになったフリープランの方がお得ということが多いようだ。

また、個人で旅行する以上下調べなどして、ある程度の知識はほしい。

航空券
(格安航空券 正規割引航空券)

個人旅行において重要なポイントだ。
日本から上海まで船で入港し鉄道で香港に入ることも可能だが
おおかたの人は飛行機で香港旅行をするだろう。
そこで、航空券についてまとめてみました。
FIXチケット
航空券(格安航空券や正規割引航空券)にはよく10日FIXとか14日FIXというような
書いてある。10日FIXとは
10日以内で往路はもちろん復路も前もって指定する必要がある。
予約の変更などは不可
逆に空席がある限り予約変更が可能なのがOPENチケットという。

格安航空券、正規割引航空券
ほとんどの旅行者は格安航空券か正規割引航空券を利用しているらしい。
格安航空券とは団体割引のバラ売りで旅行会社で売られ
正規割引航空券は各航空会社が出す割引チケットで各航空会社や旅行会社で
購入ができる。という形ではあるが、
インターネットを調べると旅行会社や航空会社で
香港14日FIX20000円とか35000円とか売られている。
自分の条件にあったものを購入すればいいだろう。
空席があれば購入も難しくはなかった。(もちろんパスポートも)

なお、経験から普通航空券でないので往復同じ航空会社である。

料金変動が大きい
シーズンや出発時間、航空会社、直行便や経由便などとにかく
いろんな条件があり、料金の幅も大きいのだ。
それこそ安い航空券(格安航空券)なら15000円位で売られていたし
エコノミークラスでも150000円位する正規割引航空券もあった。
中には予約するサイトや予約する日によって異なることもあったので
インターネットでいろいろと調べている。
(ただ、モタモタしていて満席になってしまうこともあった。)

いくつかの例を挙げてみた。
おおまかではあるので一概にはいえません。詳しくは
インターネットで航空券の料金や条件を調べてください。

シーズンによる違い
シーズンによって値段が異なることが多く。例えば12月上旬や1月下旬などの
平日出発が15000〜20000円程度の格安航空券でも
年末やGW、お盆ともなれば50000〜70000円程度になることもある。
しかし、それもちょっと出発日をずらせば30000〜40000円位になることも多いようだ。
また、帰国日が休日だと5000円とか10000円追加ということも多い。
出発時間帯や航空会社による違い
調べると航空会社よりも出発時間帯によって料金がかわることが多いようだ。
例えば夜出発の便なら20000円 しかし 午前便なら40000円ということもあった。
特に安いというのは「航空会社未定」
料金を支払い、発券するまでどの航空会社か分からない。
だいたい
夜出発 朝の便で帰国ということが多い。

ただ、発券すれば利用航空会社はわかるので、出発当日まで不明ということはなかったし、
まれに、支払い前にて利用航空会社を教えてもらえることもあった。

航空会社未定に限ったことではないが
経験からキャンセルや変更は不可か高いキャンセル料がかかるのがほとんどだ。
直行便か経由便か
日本から香港への直行便も多いが、台北や上海、広州などを経由して香港に到着する
便もある。なお、経由便の方が時間はかかるものの安いことがある。
もう一つ
経由地に立ち寄るという方法もあるが(ストップオーバー)
その場合、追加料金がかかることも多いようだ。
(接続の都合や〜時間以内の滞在なら追加料金なしというのもあった。)
(経由便は意外とメリットがあることも)
経由便の方が時間的なロスがあることも多いがメリットもあり
香港旅行以外ではあるものの利用することがある。
例えば
直行便で安い便は東京(成田)18:00頃に出て香港に22:00頃に到着であった。
入国手続きに街にでてホテルのチェックインなどをしているうちに0:00を
過ぎてしまう。かといって早い便だと値段が高いこともあった。
しかし、経由便で
例えば東京(成田)を9:00〜10:00頃に出て台北に降り立ち、香港には
15:00〜16:00頃に到着というのがあった。
乗り換え時間もそれほど長くはないし、値段もそれほど高くはなかった。

もう一つ
ピークシーズンに旅行する場合、直行便は10万円以上したが
経由便なら5万円程度ということもあった。

格安ビジネスクラス
「ビジネスクラスを利用してみたいが高い」という人も多いのでは?
フリープランの場合、+100000円とか中には200000円以上の追加ということが多い。
(追加料金が高い方が日本航空などもともと高い航空会社であるが・・・)
しかし、格安航空券の場合
ビジネスクラスの格安航空券が100000円位で売られることもあった。
オフシーズンなら2万3万円の航空券でもピークシーズンなら7万円とかする。
しかし、ビジネスクラスの料金変動なしというのもあったのだ。
つまりエコノミークラスとの料金変動が縮まるのだ。
ピークシーズンの旅行で航空券がとれない場合はビジネスクラスも
考えてみる価値はあるかもしれない。
経験から
エコノミークラスとビジネスクラスの違いは新幹線の指定席とグリーン席以上である。
安い航空会社であってもビジネスクラスはよかった。
詳しくはエコノミークラスとビジネスクラスの違いを参考にしてください。
片道ビジネスクラス利用というのもあった。
(中にはフリープランでも比較的少ない追加料金でビジネスクラス利用もみたことがある。)
表示料金だけではない
香港17000円とか書いてあるが、それだけではない。
空港使用料や航空保険、税金、燃料サーチャージなどで
+20000円ということもあった。安い航空券なら各種手数料の方が高くなってしまった。
(ただ、燃料サーチャージのウエートが大きかった、これからの値下げに期待したい。)

ホテル(宿)
インターネットで簡単にホテルの予約ができた。
個人旅行だからホテル(宿)の予約をせずに現地でみつけるという旅行者も多いのでは?
予約をしないのだから保障はできないが、経験から香港では予約しなくても
気軽に泊まれるホテル(宿)も沢山あったし、値段も100HK$とか500HK$などもあった。
(日本なら1300〜6500円位か?08年12月)
ただ
本ページにおいてはホテルを予約をすることを前提としているので
予約なしで泊まる場合 また観光ホテルも含み香港のホテルに泊まっての感想は
本ホームページのホテルについてにまとめてみました。

インターネットでホテルを探すと
高いホテルは50000円以上するのもあるが
だいたい10000〜20000円位が多かった。
ちなみにシングルルームもツインルームもだいたい同じような値段が多いので
2人で泊まると半額という場合が多い。
経験からインターネットなどで日本の旅行会社を通した場合
安いホテルだと部屋が狭いなど場所が悪いということもあるが
だいたいは清潔で快適であった。
ただ
中には300HK$程度の安宿を予約できるサイトもみた。

同じホテルでも値段が違うこともあった
週末は割高になるなど宿泊日やシーズンによってホテル料金が変わることはあるが
同じ条件でも予約サイトによって値段が変わることもあった。
例えば7500〜10000円位の差があることもあった。
なので、インターネットでいろいろ比べてみた。

その他
いろいろできる
・空港からホテルまでの送迎サービス
まあ、個人旅行なら公共交通機関を利用がほとんどだと思う。
その方が安いし難しくはなかった。
・現地ツアー
香港市内観光の他、マカオ日帰り観光、その他 いろいろ
グルメツアー
各種チケット手配など
とにかくいろんな手配ができるのだ。
自分好みの旅をつくりたい!







格安香港旅行に戻る


トップ
香港旅行

注意
08年12月の旅行経験に基づき作成しました。
主観的な面もあり、実際と異なったり、状況の変化もありえます。
あくまでも参考程度に自己責任のもとで調査してください。