香港旅行プラン グループでも自由な旅を!
短期間でも楽しめて格安に行くことができる香港
友人どうしなどグループで香港に訪れる人も多い。
みんなでワイワイ楽しむのもいいが
「ショッピングを楽しみたい!」とか「ディズニーランドへ行きたい!」
「マカオまで行ってみたい。」個々によって好みは異なるもの
グループ旅行でありながら個々の好みに応じることができるのも香港の魅力だ!
その方法について紹介します。



  

  
とにかくいろんな魅力が沢山の香港
左上 ランタオ島の「天壇大仏」  右上 マカオの「セナド広場」
左下 中環にあるショッピングセンター  右下 香港島の2階建てトラム


トップ
香港旅行


格安に自分好みの旅をしたい!
格安香港旅行








ホテルや夕食やグループで! 観光やショッピングは個人で!
香港だからこそそんな旅を楽しめる。

旅行をするとそれぞれの好みの違いに困ってしまうこともある。でも夕食時やホテルなど
1人では寂しいし不安もある。
香港は狭いエリアのいろんなみどころがギュッとつまっているし、香港から高速船で1時間もすればマカオ
だって行けてしまうのだ。

つまり

行き帰りの飛行機に夕食やホテルはグループ 観光や買物は個人個人ということも簡単にできる。

さらに

3日とか4日位でも楽しめ料金も格安に香港旅行を楽しめることから
社員旅行等で訪れることも多いと聞く。
2010年7月の情報では治安も比較的良好とのこと


まずは基本プランをたてる
出発時間とホテル その他 基本ツアーなど

まずは基本的なプランの作成から、いわゆるフリープランの手配でインターネットでも手配可能
出発日はもちろん 出発時間帯やホテルなど選択できることが多い。

ちなみに

インターネットの方が数多くの旅行会社やプランを比べお得な情報も多いので
個人的にはインターネットで調査 手配をしている。

香港4日間フリープランとして一つ例を挙げると

1日目
香港に到着 みんなでディナー

2日目
オプショナルツアーで香港1日観光

3日目
自由 マカオでもディズニーでもショッピングでも個々で自由なところへ行ってみよう!
心配なら日本語のオプショナルツアーに参加してもいい

4日目
帰国

というようなパターンがある。

私なりに手配に必要と思うポイントをまとめると

出発時間(航空会社)

一番重視したいのが 成田空港から香港国際空港までの飛行機の確保
旅費の中で最も大きなウエートを占めることも多いし
シーズンによっては席の確保が困難なこともある。
私は一番はじめにおさえ、そこから香港旅行の計画をたてた。

出発時間帯を重視した。
日本航空 全日空にキャセイパシフィック航空
そして ノースウエスト航空など 多くの航空会社を乗り入れているが
基本的に夕方とか夜出発 朝帰国といった便は安く
午前に出発 午後帰国といった便は高い。

安いからといって香港3日間にして夜出発 朝帰国にしてしまえば
実質的に1日しか香港にいないことになろう。その点は注意したい。

3日より4日にした方が安いことも
宿泊するホテルやシーズンにもよるが
午前便で出国 午後とか夕方便で帰国の香港3日間より
夕方(夜)出国 午前便帰国の香港4日間の方が安いこともある。
その点も考慮してみたい。


飛行機の予約を一番重視した。

ホテルの選択

次に重視したのがホテル ホテルを選択することもでき
エコノミータイプとかキャンペーンクラスといった比較的リーズナブルなホテルから
デラックスクラスまでさまざま
それこそ高級ホテルに泊まり、ホテルで豪華なコースを楽しんだり
広い部屋からビクトリア港や香港の夜景を楽しむのもいいし
一般的なフリープランならエコノミーホテルでも日本のビジネスホテル並みの快適さはあろう。
ゲストハウス(安宿)に泊まるとは考えがたい。
ホテル選びの注意点
高級ホテルを手配しゆったりとしたホテルライフを楽しむのもいいが
話を聞くと
香港旅行は行動型が多く、ほとんど外を出歩くからホテル泊まるだけでいい!
という人も多いようだ。
私自身もエコノミー派で安いホテルを手配するが以下の点を注意している。
ホテルの場所
一概にはいえないが、高級ホテルはビクトリア港沿いにあることが多く
安いホテルやちょっと内陸に位置することが多いようだ。
ネイザンロードなど繁華街に近いなどメリットを感じることもあるが
安いと中心部からも離れてしまうこともある。
ただ、値段のわりに部屋が豪華とか設備が整っているなどメリットも考えられるが
どの方がいいかは考えてみたい。短期間の旅行なら時間も大切なのだ。
部屋
旅行会社の人にいわれるのだが、あまり安いと部屋が狭く 違和感を感じることがあるとのこと
日本でも安いビジネスホテルなら部屋が狭いことが多いそれと同じだろう。
しかし、経験上 清潔な部屋でベッドもゆったりしていた。
他にも
バスタブはなく シャワーのみということも多いし、部屋からの眺めがよくないなどいろいろあるが
泊まるのに違和感はないだろう。


エコノミータイプでもベッドはゆったりしていた

その他
オプショナルツアー

香港のフリープランに申し込むと追加料金不要でオプショナルツアーが付くことがある
ツアーの内容は日帰りの香港観光が多く
黄大仙に訪れたり ビクトリアピークから香港の街を一望したりする。といったところだ。
(ツアーによって異なる。)

グループ旅行でも
1日はオプショナルツアーで香港観光をするといった形をとることが多い。


ただし

あちこちのお土産屋などに連れてかれることも多い
聞いてみたら土産物屋からバックマージンをもらっていて断れないと旅行会社の人も言っていた。
嫌ならオプショナルツアーのないプランに参加すべき、強制参加もあるようだ。

有料のオプショナルツアーでも
例えば ビクトリアピークから望む100万ドルの夜景などオプショナルツアーに
含まれてなくても行ってみたいものだ。
ディナーセットのオプショナルツアーもあった。(別料金)


オプショナルツアーで黄大仙に訪れることが多いようだ。

食事

旅の楽しみの一つ食事 とくにディナーはみんなで楽しみたい。
街中にも多くのレストランがあり、少人数なら予約なしに入ることも可能だろう。
しかし、言葉の通じない海外 不安もあると思う。
インターネット等で旅行会社を通し食事の手配も可能だ!
せっかくだから本格的な中華料理を楽しみたい!


火鍋なんかもよかった!


個々で好きなところをまわる
個人でも行けることが多いし オプショナルツアーも豊富にそろっている。

グループ旅行でも全てみんなで行動だけではなく、個人個人で好きなところへも行ってみたい。
先にも述べた通り、狭いエリアにいろんなみどころがある香港
日帰りでもいろんな楽しみかたがある。
個人では心配という場合は日本語のオプショナルツアーも多く
インターネットでも簡単に手配ができる。

例えば

香港街歩き

ゴチャゴチャした市場やビル群に広々したベイサイド、高級感あるデパートなど
いろんな顔を見せてくれる香港
2階建バスにトラム、スターフェリーなど乗り物も楽しい
自由気ままに香港の街を楽しむ!
オプショナルツアーもあるが乗り物の利用方法など
ガイドブックで下調べをすれば個人でも気軽に楽しめた。


街歩きを楽しむ

郊外へ訪れる

香港といえば高層ビルに囲まれた街を連想するが、実際は一部にすぎない。
郊外にでれば豊かな自然に素朴な漁村がみられるし伝統的な空間にも出会える。
最近よく聞くのが南Y島(ラマ島)
香港島の南西に位置する漁村で海鮮料理が有名
オプショナルツアーもあった。
他にも ランタオ島 地元に人の行楽地でも有名 ロープウェイでゴンピンビレッジへ行くこともできる。
他にも 郊外にはいろんなスポットがあり
鉄道で一般の旅行者が行かないようなところへ行くのも面白い。


鉄道やロープウェイで個人で観光を楽しむのもいい。
(ランタオ島にて)

ディズニーランド

香港の人気観光スポット「ディズニーランド」
個人でも気軽に行けるが、慣れない海外 心配なら
1日ツアーで訪れることもできる。
中国文化が融合したディズニーランドはまた違ったあじがあるかもしれない。

マカオやシンセンに行ってみる!
香港から高速船に乗れば1時間でマカオに行けるし
鉄道で1時間弱で中国本土のシンセンにも行ける。
個人でも行けるが、オプショナルツアーも豊富にそろっていた。
香港とは違った空気にふれることができる。


聖ポール天主堂跡からの風景

グループみんなでディズニーやマカオへ行く場合

個々によって旅の好みが異なるものの、みんなでディズニーやマカオを楽しみたい
その専門のツアーに参加することをすすめたい。
単純な香港3日間とか4日間といったプランではなく
ディズニーランドプランとか香港&マカオプランに参加するのだ。
旅行中半分は香港の街中のホテルに泊まって個々に楽しみ
半分は
ディズニー直営ホテルに泊まったり
マカオの巨大ホテルに宿泊して夜も楽しみたい


マカオの夜を楽しむ







トップ
香港旅行


注意
08年12月の旅行経験に基づき作成しました。
主観的な面もあり、実際と異なったり、状況の変化もありえます。
あくまでも参考程度に自己責任のもとで調査してください。