香港旅行より
百万ドルの夜景 ビクトリア・ピーク
香港といえば夜景で有名、その中でも人気が高いのが
ビクトリア・ピークである。100万ドルの夜景として世界的にも有名なのだ!
驚くほどの巨大な高層ビル群と光り輝く街、その向こうにはビクトリア湾
不思議な空間に包まれているような魅力を感じた。
是非 訪れたい観光スポットだ!


トップ
香港旅行


いろいろ調べて自分好みの旅をお得にしよう!
格安香港旅行









香港へ行ったら是非とも夜景を楽しみたい!

ビクトリアピークの楽しみかた!
展望を楽しみながら食事やショッピングを楽しむ!

世界的にも有名な香港の夜景を楽しめるだけに訪れる旅行者も多い。
ビクトリアピークはピークタワーを中心にショッピングセンターやレストラン
そしてちょっとしたアミューズメントも楽しめる。
夜景を楽しみながらレストランで食事をすることもできるし
お土産を買ったりするのもいい。カフェなどもある。
所要時間
夜景を見るだけなら30分もあればいいと思う。
しかし、ショッピングや食事をしたりカフェを楽しむならそれなりの時間はかかろう。
ただ、問題となったのは混雑
ビクトリアピークへ行くのに中環からピークトラムといういわゆる登山列車に乗るのだが
所要時間10〜20分程度に対し30分位並んだ。
さらに中環駅からバスにてスターフェリー乗場へ向かおうとしたが渋滞でバスが来ない。
そこでさらに30分位待ったのだ。(タクシーという方法もあるが)
混雑具合によって大きく異なると思うが中環駅から拠点として2時間はかかろう。
私は以下のようにまわりました!
中環駅から10分ちょっとほどでピークトラム乗場の山麓駅に到着
30分ほど並んでピークトラムに乗車
ビクトリアピークに到着
夜景を楽しんだり、ショッピング街を覗いたりした。
再び山麓駅に戻り
ここからバスでスターフェリー乗場へ向かう
スターフェリーで九龍半島の尖沙咀へ向かう。
中環駅を出発しスターフェリー乗場で着くまでだいたい2時間30分ほどだった。


ピークトラムの車内もいっぱいだ!



短時間で確実に楽しみたいならツアー参加もいい!?
現地発日帰りツアーで夜景を楽しむ

ビクトリアピークは個人でも行けないことはないが、迷うこともある
そして、先にも述べたとおり、
混雑などがひどくどれくらいでまわれるか分からないことが多い。
ツアーだったら安心だし、ビクトリアピークのみならずオープントップバスで
夜の香港をまわったり、豪華なディナー付なんてのもある。
日本語ツアーも多い。
アラン・ワン・ネット
多くの旅行会社でオプショナルツアーの紹介をおこなっているが
アワン・ワン・ネットは他のツアーよりも安いと思った。
他社よりも高い場合は連絡してくれれば対応できるとも書いてあった。
もちろん
インターネットでも簡単に予約もできる。

詳しくは下をクリック





個人でビクトリア・ピークへ行くには?
人気はピークトラムで訪れる

最も人気があるのはピークトラムではないか?
中環から出ている2両編成のトラムだ。いうなら登山列車である。
1888年開通というから100年以上の歴史があるトラムで
10〜20分で山麓駅から高さ373mの山頂まで登る。
ちなみに地下鉄中環駅あたりから徒歩10分ちょっとでピークトラムの乗車口である山麓駅に着いた。
また、夜など混んでいて20〜30分ほど並んだ。
運賃は片道22HK$ 往復33HK$
オクトパスカードも使える
公共交通機関を主に香港をまわるなら便利なオクトパスカード
JRのSuicaとかICOCA同様そのまま機械に読み込むので切符を買う手間を省けて便利
ピークトラムの場合 往復割引が利くか心配だったが
往路は22HK$表示で復路11HK$表示だった。
結果 往復33HK$となり割引が適用された。


ピークトラムで向かう
(山麓駅〜ビクトリアピークを結ぶのだ。)
(香港旅行より)

山麓駅からスターフェリー乗り場へ行くには

山麓駅なら徒歩で地下鉄や2階建てトラムの中環駅へ行けるので便利
そこから地下鉄やトラムで九龍半島や香港島の他の街へ行けばいい。
ただ
スターフェリーに乗船する場合は
港まで行く必要がある
ピークトラムの山麓駅からスターフェリー乗り場までは、
トラムから降りたすぐのところにバス停があり系統番号15Cというバスに乗った。
確か4HK$程度の運賃で行けた。
余談だが2階建てバスではなかった。
バスで直接山頂へ行くには?
ピークウトラムを利用せずにバスで直接山頂へ行く方法もあるようだ。
確か、地下鉄「中環駅」A出口あたりから15番のバスで行けるようだ(要確認)

ビクトリアピークの様子
ピークタワーを中心にビクトリアピークをまわる。
降りたところはショッピング街だ!

ピークトラムで山頂駅に着くとそこはピークタワーであり
中にはお土産屋、両替所、レストランなどある。
ディナーを楽しむのもいいかもしれない。
他にも時計やバッグ、メガネの店などあり いわゆるショッピングセンターだ。
他にもロウ人形館もあったし、ピークタワー周辺にも店が建つ。
訪れる人も多く、旅行者の他、地元の家族連れみたいな人でも賑わっていた。
ちなみに私が訪れたのは金曜日の夜であった。
夜景の美しさ
眼下に広がる香港の街、すばらしいのはいうまでもないが、
とにかく、高層ビルがすごい。多くのビルが
すぐ上まで伸びているみたいだ。そのすぐ向こうにはビクトリア港
さらに向こうは九龍のビル郡と香港ならではの街を感じさせてくれた。
もちろん多くの人でにぎわっていたが、窮屈間を感じるほどではなかった。
まわりは山
賑やかなのはピークタワーとその周辺のみ
ちょっと離れるとそこは静かな山なのだ。
真っ暗な山から望む 光り輝く香港の夜景は不思議な光景であった。
ただ、まわりは暗いので注意したい。
上は肌寒かった
私が香港に訪れたのは12月であったが亜熱帯の気候だけに
普段香港の街を歩くときはYシャツ(ときにはTシャツでも)寒さを感じず、動きまわると暑い位だったが
その日は風も強かったこともあり、ビクトリアピークの夜は肌寒く
トレーナーがほしい位だった。
何か羽織るのを一つくらい持っていった方がいいと思った。
ピークタワーからの眺め
同じ夜景でもピークタワーの展望台にあがるには有料だ。(20HK$)
しかし、タワーの下からの展望と比べれば迫力ある夜景を楽しめたが
どこからでも夜景を楽しめることもあり
実際は有料の展望室に入る人は少なかった。
お金を払っても眺める価値があるか否かは人それぞれだろう。


やっぱり香港 とにかく高層ビルが多い!

トップ
香港旅行


注意
08年12月の旅行経験に基づき作成しました。
主観的な面もあり、実際と異なったり、状況の変化もありえます。
あくまでも参考程度に自己責任のもとで調査してください。