イタリア旅行 ローマ観光

カラカラ浴場

コロッセオやフォロロマーノに並ぶ古代ローマ史跡に一つ
期限216〜217年頃 カラカラ帝時代に造られた大浴場跡である。
巨大な史跡に驚き!当時の繁栄を想像しながら歩いてみたい。


入場時間
7:30〜21:30
月曜日のみ14:00
日没の早い冬期間は16:30〜18:30など早めに閉館
休日
1月1日 5月1日 12月25日など
入場料
6ユーロ
(ローマ・パス使用可能)
滞在時間
遺跡をまわるくらいである。
20分もあればいいだろう。


 ツイート



イタリア旅行

格安イタリア旅行

オプショナルツアー
出発までの準備
旅の持ち物
海外旅行保険
物価について
ユーロに両替

搭乗手続き
到着手続き
機内のマナー
飛行機(東京→北京)
飛行機(北京→ローマ)
飛行機(ローマ→北京)
飛行機(北京→東京)

日本への連絡方法

イタリアの食事
イタリアのホテル

イタリアの市内交通

鉄道の旅を楽しむ

治安について

ローマについて
ローマの交通
ローマの観光スポット
(1)コロッセオ
(2)フォロ・ロマーノ
(3)真実の口
(4)カラカラ浴場
(5)トレビの泉
(6)サンタンジェロ城
(7)スペイン広場
(8)サン・ピエトロ大聖堂
(9)バチカン博物館

ミラノの魅力
ミラノの交通
(1)ドゥオーモ
(2)エマヌエーレ2世ガレリア
(3)最後の晩餐
(4)スカラ座
(5)スフォルツェスコ城
(6)サンタンブロージョ教会

ナポリに訪れて





カラカラ浴場
カラカラ浴場を歩く




カラカラ浴場の場所





目次

1.カラカラ浴場とは?


2.カラカラ浴場の行きかた


3.カラカラ浴場に訪れて






1.カラカラ浴場とは?
紀元216年頃に建造された娯楽施設

古代ローマ時代に建てられた巨大浴場跡
古代ローマの史跡の一つで、紀元216〜217年カラカラ帝により
建てられた。浴場の他 図書館や劇場などの娯楽施設もあったらしい。
壁も大理石で埋められ豪華な娯楽設備であったとのこと
日本の弥生時代に建てられた!
フォロロマーノやコロッセオと並びカラカラ浴場も巨大な遺跡である。
紀元200年代といえば日本の弥生時代 その時代に
これだけの巨大な娯楽設備が造られたことに驚くだろう。
古代ローマ人はお風呂好きだった?
古代ローマ人はお風呂好きだったらしく
他にも多くの浴場があったとか?


巨大な施設であったことを伺わせる




2.カラカラ浴場の行きかた
地下鉄「チルコ・マッシモ」から徒歩

最寄の駅は地下鉄B線「チルコ・マッシモ駅」(Circo Massimo)だ。
ここから歩いて10〜15分位で着いたと思う。
暑い!喉が渇く!
ただ、まわりは店など確認できず 乾燥していて喉がかわく
駅で500tの水を購入したが足りなかった。
水やジュースを売る露天を見かけたが高い。
事前にスーパーで購入したりホテルで準備したいと思った。


チルコ・マッシモを通りカラカラ浴場へ向かう。


コロッセオやフォロ・ロマーノから徒歩
古代ローマ遺跡の代表といえばコロッセオフォロ・ロマーノであろう。
そこから歩いて20〜30分位であった。
チルコ・マッシモから歩くのと同様、暑くて喉が渇く。


フォロ・ロマーノ


オプショナルツアーで行くことはあまりないようだ
カラカラ浴場も有名ローマ遺跡の一つであるが
コロッセオやフォロ・ロマーノと比べると影うす
オプショナルツアーやオープンバスで
訪れることはあまりないように思えた。
特段こだわりがなければ無理してまで行くことはなかろう。




3.カラカラ浴場に訪れて
フォロ・ロマーノ方面から徒歩で訪れた

地下鉄でコロッセオに到着「コロッセオ」「フォロロマーノ」そして「真実の口」
を見物してカラカラ浴場に訪れた 7月のローマ 歩いていて喉が渇く
地下鉄の駅で500ccの水を用意したが足りなかった。
露天で水が売られていることがあったが、高い 駅やスーパーなどで買っておきたい。
途中 チルコ・マッシモを通る、古代ローマ時代の競技場 地形がその面影を残す。
その向こうには古代ローマ時代の邸宅跡「チェリオの丘」遺跡を見る。
カラカラ浴場に到着する
カラカラ浴場に到着 中に入る。遺跡といえば遺跡であるが
その大きさに驚き、日本の弥生時代にそれだけの遺跡があったのだ!
1,000人以上を収容できたという巨大な設備である。


カラカラ浴場に到着する


カラカラ浴場内部を歩く

巨大なレンガの壁 そして当時の様子を絵で紹介されているので
分かりやすかった。アーチの形に窓など当時の面影を残すのだ。

また、毎年 野外オペラを行われているという。


内部の様子


 





ローマの観光のスポットに戻る

トップ
イタリア旅行


スマートフォン



(注意)
08年7月の旅行経験とその後の調査からまとめました。
個人的な価値観によるものもありますし
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任で調査をしてください。