イタリア旅行の食事より

カフェッテリア「Caffettria」

列車の待ち時間などちょっとお腹がすいたときに気軽に
立ち寄れるのがカフェッテリア(Caffetteria)全体的に
インスタントな感じだが、セルフサービスで気軽に食事
ができるのが嬉しい。一人で気軽に立ち寄る地元風の人も
見かけた。簡単にフルーツや野菜を食べられるのもいい。



カフェッテリアで軽い食事











トップ
イタリア旅行


いろいろ調べてお得で楽しい旅をしよう!
格安イタリア旅行



カフェッテリアについて
便利なカフェッテリア、自分のイタリア旅行経験から
バールのようにどこでも気軽に見つけたわけでもなかった


調理されたものが並んでいる

カフェッテリアのメリットといえば、店先に調理された物が並んでいることだ。
つまり、その場でオーダー、すぐに食事ができるというメリットがある。
あと
レストランのメニューだと、文字が読めなくなんだか分からない。
イタリア旅行のガイドブックに掲載されているメニュー表と照り合わせながらも
適当に注文したが、何が出るか分からない。
カフェッテリアならそんな心配もない。
ちなみに
客層は「簡単に食事」といった感じで一人で食事する人も多く見かけた。
短時間に食事
イタリアの食事は「ゆっくり」という印象だが、カフェッテリアなら短時間
ミラノへと向かう夜行列車の待ち時間、ローマの鉄道駅「テルミニ駅」近くの
カフェッテリアに立ち寄った。観光の合間や鉄道の待ち時間 短時間に食事を
したいときなどよかった。
手頃な価格
イタリアの食事は美味しいが値段は高く、食事で10ユーロを下まわることはあまりなかった。
(それなりにボリュームもあるけどね)
カフェッテリアならピザ1切3ユーロ フルーツ1切2ユーロ コーラ1本2ユーロという
オーダーである。だいたいは10ユーロ以下で食事ができるだろう。
ピザにフルーツ ジュースなど
メニューはピザやメロンといったフルーツ そしてドリンクなど野菜などもあった。
インスタントであることも
本格的なイタリアの食事なら石窯で焼いた熱々の分厚いピザ
本場イタリア料理も作りたてで美味しい。
日本ではなかなかお目にかかれない味であった。
カフェッテリアの場合 作り置きなのであまり期待できない。
日本のインスタントとほとんど同じであった。
本当に小腹がすいたときに利用するのがいいだろう。
どこでも簡単に
イタリアの街には多くの飲食店を見かけた。
その中でもよく見たのが、バール、パンやコーヒー、ワインなど
気軽に味わえる。カフェッテリアはバールほどあちこちにあるわけでなかった。


ローマ テルミニ駅近く


カフェッテリアの利用方法
レストランやバールと比べても難しくはない。
気軽に利用できるのがカフェッテリアの魅力なのだ。


店に入り指をさして注文

店に入ると ピザやフルーツなどズラリと並んでいる。
指をさして注文 または、お皿に自分の好きな物をとる。
あとはレジでお会計 好きな席で食事をすればいい。
言葉の心配はないだろう。


カフェッテリアで食事をする











イタリア旅行の食事に戻る



トップに戻る
イタリア旅行



(注意)
 08年7月の旅行経験とその後の調査からまとめました。
個人的な価値観によるものもありますし
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査をしてください。