イタリア旅行より ローマ観光

チルコ・マッシモ

映画などで見たことがある人も多いであろう。
古代ローマ時代の戦車競技場であった。
当時は20万人以上もの人が入ることができた
といわれるが、今は広い野原である。
周辺の丘などを見ながら
かつての時代を想像しながら歩いてみたい。



 ツイート



チルコ・マッシモを歩く











トップ
イタリア旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安イタリア旅行


チルコ・マッシモとは?
かつての戦車競技場である

古代ローマ時代の遺跡で有名なみどころ
コロッセオやフォロロマーノ、カラカラ浴場周辺にある。
窪地のような広場である。古代ローマ時代今から
2,000年以上も前に造られたと言われている。
日本はまた縄文時代から弥生時代であったころに
20万人以上収容できたといわれる戦車競技場であったのだ。
ただ、今はその面影は薄く、市民の憩いの場である。
訪れるのに想像力が必要であろう。

映画「ベンハー」でも有名
先にも述べたとおり、今はただの広場であり、
想像力がほしいスポットだ。
自分は古代ローマ時代の映画などを見て想像を高めた。
古代ローマ時代の戦車競技で紹介されるのが
映画「ベンハー」ではないだろうか?
当時の壮絶な時代背景を想像するのによかった。

古代ローマ時代の一等地であった。
チルコ・マッシモから横の丘を見ると
古代ローマ時代の繁栄を物語る
遺跡が見られる。パラティーノの丘といわれ、
ローマ帝国の一等地ともいわれ
貴族の館が建っていたと言われている。
ローマ帝国時代の政治の中心ともいわれる
フォロロマーノやかつての娯楽設備カラカラ浴場にも近く
かつての一等地であったことを伺わせる。
しかし2000年以上もの前にこんな都市があったとは驚き!
2000年前の日本は弥生時代だ。


パラティーノの丘を見る



チルコ・マッシモの行きかた
古代ローマ帝国時代の遺跡で
有名なフォロロマーノにコロッセオ、カラカラ浴場の近く
場所はいい。ただ、実際はただの広場これといった雰囲気
見所ではなく「訪れる」というより
「ついでに通ってみる」といったところであろう。


地下鉄

地下鉄B線に「チルコ・マッシモ駅」(Circo Massimo)がある。
そこから歩いてすぐだ。ただ、チルコマッシモに訪れるというより、
古代ローマ遺跡めぐりのついでに訪れる人が多いと思う。

徒歩
自分の場合、地下鉄B線でコロッセオ(Colosseo)駅下車、
古代ローマ帝国の闘技場で有名な「コロッセオ」見物後、
その隣にあるローマ帝国時代の政治の中心「フォロロマーノ」を見物
次に古代ローマ帝国時代の娯楽施設「カラカラ浴場」へ
向かう途中に通ったのだ。
何も知らずに歩けば「ただの広場」と思うかもしれないが
イタリア旅行のガイドブックを見ながら行けば
ここはかつての戦車競技場であったことを伺わせてくれた。

チルコ・マッシモに訪れて
カラカラ浴場へ向かう途中に訪れた

古代ローマ時代の遺跡めぐりをする。フォロロマーノから
カラカラ浴場へ向かう途中、広くて長い窪地に入る。
まわりを見るとランニングや散歩をする人が多く、
市民の憩いの場としての印象が強い。
横をみると小高い丘(パラティーノの丘)があり
古代ローマ時代の邸宅を思わす遺跡をみるのだ。
ガイドブックなどを見るとかつて
戦車競技を行われた場所であることを伺わせる。
そんなことを想像しながら歩いてみた。


市民の憩いの場としても感じた。





 ツイート

















ローマの観光のスポットに戻る


トップ
イタリア旅行


(注意)
08年7月の旅行経験からまとめました。
個人的な価値観によるものもありますし
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査をしてください。