ヨーロッパ イタリア旅行より

海外旅行保険について

言葉も文化も違う海外 思わぬトラブルに巻き込まれることもある。
万一のときには精神的にも保険に入っていてよかったと思うもの
海外旅行保険についてまとめてみました。



                    



 ツイート

イタリア旅行

格安イタリア旅行

オプショナルツアー
出発までの準備
旅の持ち物
海外旅行保険
物価について
ユーロに両替

搭乗手続き
到着手続き
機内のマナー
飛行機(東京→北京)
飛行機(北京→ローマ)
飛行機(ローマ→北京)
飛行機(北京→東京)

日本への連絡方法

イタリアの食事
イタリアのホテル

イタリアの市内交通

鉄道の旅を楽しむ

治安について

ローマについて
ローマの交通
ローマの観光スポット
(1)コロッセオ
(2)フォロ・ロマーノ
(3)真実の口
(4)カラカラ浴場
(5)トレビの泉
(6)サンタンジェロ城
(7)スペイン広場
(8)サン・ピエトロ大聖堂
(9)バチカン博物館

ミラノの魅力
ミラノの交通
(1)ドゥオーモ
(2)エマヌエーレ2世ガレリア
(3)最後の晩餐
(4)スカラ座
(5)スフォルツェスコ城
(6)サンタンブロージョ教会

ナポリに訪れて










いざというときは安心するもの<
だんだん加入しなくなるものの

自分の経験から言えば初めての海外旅行や旅慣れていない頃は
不安なので当たり前のように海外旅行保険には加入していた(それも高額)
しかし、何事もなく旅をしていると 保険代がもったいなくなるうえに
クレジットカードにも保険が付いているので加入をしなくなるものだ。
しかし、うっかりホテルなどの備品を壊してしまい 損害賠償が請求されることもある。
それに イタリアは盗難も多いと聞く。
何かあったときは精神的にも保険に加入してよかったと思うもの
サポートサービスが充実しているか?
海外旅行保険は単に支払いをするだけではなく
提携病院の紹介や現地のサポートサービスを取り扱って
いることも多い。多くの旅行者が訪れるイタリア
ローマなどにもサポートセンターを設けることがあり
そういったサービスについても調べてみたい。
通訳のサポートもほしいところ
クレジットカードの保険
クレジットカードにも海外旅行保険が付いていることが多い。
ただ、その内訳も調べておきたい。十分でないこともあるのだ。
例えば 救援者費用が含まれていなかったり
治療費用が少なかったり(イタリアなどヨーロッパで入院などしたら相当な金額になる)するのだ。



保険の種類
主な保険の種類をまとめると


障害死亡や障害後遺障害

旅行中のケガで〜日以内に死亡したときや
後遺障害が残ったときなどに支払われる。
治療 救援者費用 疾病死亡など
旅行中の病気での治療費や死亡したときの費用
旅行後〜時間以内の発病とか〜日以内の死亡など規定がある。
救援者や捜索日や救援者にかかる費用など
賠償責任
誤って器物を破損したりケガをさせた場合
イタリアなども考えられるがホテルの水道管破裂など思いがけない
トラブルもある。ホテル側の責任だが、言葉の通じない海外
何があるか分からない 保険のサポートがあると安心だ。
携行品
旅行中の紛失 事故による破損などの補償
イタリア旅行を含め お世話になる確率の高い保険だろう。
掛金の割には1品10万円までなど支払われる金額も少ない
現金やクレジットカードなどの盗難は対象外だったはず
航空機寄託手荷物遅延
空港で預けた寄託手荷物が届かない場合(大幅に遅れた場合)
現地で必要な荷物の購入費 10万円程度と少ないが それで十分だと思う。
航空機遅延
〜時間遅れたときに支払う保険 数万円程度と少ない



海外旅行保険の加入方法
旅行前に加入することをおすすめしたい


簡単に加入できるが

成田空港や関西国際空港など大きな空港へ行けば
海外旅行保険に加入することができる。
イタリア出発まで忙しい旅行者にとってはうれしい存在
しかし、できれば 出発前に予約をしたいとのこと
というのは 有効期間内なら自宅を出た段階で保険の対象になるので
空港へ向かう途中でのトラブルも対応できるとのこと
それにいろんなプランを探すこともできる
便利でお得なインターネット予約
あとはインターネット予約が便利
いろんな保険会社やいろんなプランを見つけることができ
中にはお得なプランもあるのだ。
セットプラン バラ掛け(フリープラン)
海外旅行保険にはいろんな障害 賠償 携行品など
いろんな保険がセットになったセットプランと
それぞれバラで加入するバラ賭け(フリープラン)に分かれる
(障害死亡などバラでも必ず加入しなくてはいけない必須項目もあり)
だいたいの保険会社はセットプランをすすめているらしく
インターネットで調べても パンフレットを開いてもセットプランしか紹介されていない。
しかし
インターネットで申し込みをクリックして調べると
バラ掛け(フリープラン)の選択欄がでてきて
必要な保険を選択すると自動計算される仕組みになっていることがあった。
また
2人用とか4人用 家族プランといった保険もあり

いろいろ調べる意味でもインターネット予約がいいと思った。

自分の加入方法
クレジットカードの保険の不足分を補完(増額)するつもりでバラ掛けにした
10日間で治療費用や賠償責任 救援者費用など入れて2,000円ちょっとだった。
安上がりではあったが、その方法が適正であるかは不明 自己責任のもとで調査してください。



保険対象外のこともある
よく調べておこう 結構多いのだ。

例えば
危険なスポーツや自動車運転に伴う事故の場合は対象外となる
(日本もそうだが別に登山保険とか自動車保険など加入するだろう。)
治療に歯科が含まれてない(緊急歯科治療保険を設ける会社もあり)
違反行為や戦争や革命などがある。
あとになって「保険対象外」となれば悲惨だ。





 







トップ
イタリア旅行



(注意)
08年7月の旅行経験とその後の調査からまとめました。
個人的な価値観によるものもあります。
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任で調査をしてください。