イタリア旅行 ミラノ観光

オペラの殿堂 スカラ座

ミラノにあるオペラの殿堂「スカラ座」
1778年に建てられ宮廷以来の伝統を持ち
イタリアオペラ界の最高峰ともいわれているのだ。
第二次世界大戦に空襲で焼失したが、1946年に再建し
現在もオペラの他 バレエなどがおこなわれている。
また、オペラ座博物館もあり、楽器や衣装など展示されていた。


イタリア旅行

格安イタリア旅行

オプショナルツアー
出発までの準備
旅の持ち物
海外旅行保険
物価について
ユーロに両替

搭乗手続き
到着手続き
機内のマナー
飛行機(東京→北京)
飛行機(北京→ローマ)
飛行機(ローマ→北京)
飛行機(北京→東京)

日本への連絡方法

イタリアの食事
イタリアのホテル

イタリアの市内交通

鉄道の旅を楽しむ

治安について

ローマについて
ローマの交通
ローマの観光スポット
(1)コロッセオ
(2)フォロ・ロマーノ
(3)真実の口
(4)カラカラ浴場
(5)トレビの泉
(6)サンタンジェロ城
(7)スペイン広場
(8)サン・ピエトロ大聖堂
(9)バチカン博物館

ミラノの魅力
ミラノの交通
(1)ドゥオーモ
(2)エマヌエーレ2世ガレリア
(3)最後の晩餐
(4)スカラ座
(5)スフォルツェスコ城
(6)サンタンブロージョ教会

ナポリに訪れて







スカラ座
ミラノ スカラ座に入る。







スカラ座とは?
1778年に完成

ミラノのスカラ座は1778年に建てられた劇場、
ちなみに現在のスカラ座は2代目の劇場で初代は1776年に焼失したといわれている。
また、建設費はバルコニー席(ベランダのような席)の売り上げで賄われ
バルコニーの持ち主は豪華な飾り付けを行い観客に印象を与えたという。
1943年に空襲により破壊される。
第二次世界大戦がはじまり1943年には空襲により
スカラ座は大きく破壊されるがその後再建 1946年に再び演奏会がはじまる。
オペラの殿堂
オペラの殿堂ともいわれ、イタリアオペラの最高峰と言われている。
また、世界的な指揮者「トスカニーニ」音楽監督を務めている。

スカラ座の魅力
優雅なヨーロッパの宮廷時代を想わす

劇場内には円形になっており天井が高い
壁側には多くのバルコニーが並びそこから観劇することもできるのだ。
「1万人収容の文化会館大ホール」などと比べると特別広いとは思えないが
ホール内に見る数々の彫像には驚くし 音響効果も抜群ではないだろうか?
日本人から見れば珍しい空間 是非とも見てみたい。


スカラ座博物館を見物するか?バレエやオペラを楽しむか?
世界的にも有名な劇場 ミラノ観光をするなら是非とも立ち寄りたい
「劇場内部とスカラ座博物館の見物のみ」
または
「実際にオペラやバレエを観劇する」
に分かれる。それらの方法についてまとめてみました。


劇場内部のみ見物

いつでも見られるわけではない。

時間的な問題などで観劇することはできないけど、劇場内部を見たい。
という場合内部やスカラ座博物館のみの見物も可能だ!
ただ 開館時間が短く休館日も多いことに注意したい。
自分が訪れたときは

スカラ座博物館の開館時間
9:00〜12:30  13:30〜17:30

リハーサルや公演などがなければ
9:00〜12:00 13:30〜13:45の間で
劇場内部を覗くことができた。
一部のバルコニー席から覗くのであって中は入れなかった。

他にも
年末年始やクリスマスなど
休館日があるので注意したい。

入場料は大人5ユーロだった。

あと 内部撮影禁止だった。


オペラやバレエを観劇する!
日本からインターネット予約もできる?

チケットを手に入ればスカラ座でのオペラやバレエの見物も可能だ。
インターネットで調べると売られていたので旅行前に日本にて手に入れることができるらしい。
早めに予約しないと満席というのも多いようだ。

オペラシーズンは冬(11月から4月)ともいわれるが調べるとそれ以外でも
行われているようだった。
ただし、
毎日行われているわけではない。
私自身 スカラ座にてオペラ(またはバレエ)を見ようとしたが
ミラノ旅行の日は休演日だった。

オプショナルツアー
安心 確実

まず 添乗員同行のパックツアーの場合はミラノ観光にスカラ座見物
が含まれていることが多い。(ほとんどが博物館や内部の見物のみだと思う。)
もし、ツアーでもミラノフリータイム(自由行動)であったり個人旅行の場合は
現地発のオプショナルツアーに参加する方法もある。
インターネットで簡単に予約できるうえに日本語対応も多く安心だ!

おすすめオプショナルツアー会社
Alan1.net

jオプショナルツアー会社でプランの種類は豊富
他社と比べて値段は安いことも多いのだ!
ミラノ市内観光ツアーにスカラ座見物が含まれていることがある。
観劇したいなら
せっかくのイタリア旅行 オペラの殿堂 スカラ座で観劇したい!
そういう場合も 「オペラ鑑賞」というプランの中に
ミラノスカラ座での観劇プランが含まれていることもあった。
ただし、毎日開かれているわけではなく。
時間も20:00開幕というのが目立つ。
また、終了が0:00過ぎになることもあるうえに
各自でホテルに帰るというのもあったので
帰りのあしも考えておこう!

詳しくは下をクリック




スカラ座へ行くには?
ミラノ中心部に位置する。

すぐ近くにミラノのランドマークというべきドゥオーモやエマヌエーレU世のガレリアがある。
知名度の高さと場所のよさからパックツアーやオプショナルツアーの
ミラノ市内観光でも立ち寄ることが多い。
個人でも簡単に行けるはず。
、徒歩にてドゥオーモ観光やガレリアやその周辺で
買物や食事をするついでに立ち寄るもよかった。

ツアーに参加
快適に効率よく観光するにはツアーがいい。

パックツアーで訪れることもあるし
先にもまとめたように
インターネットなど調べると現地発のツアー(オプショナルツアー)に
ミラノ半日観光があり、スカラ座観光が含まれていた。
半日はツアーで快適に効率よく、残り半日は自由に街歩きも可能だ。

地下鉄を利用
個人で訪れるなら地下鉄が便利

狭いエリアに有名観光スポットが集まるミラノ、個人でもまわりやすい。
個人の場合 便利なのは地下鉄、特に鉄道でミラノ中央駅に到着する場合、
駅から離れているので地下鉄がよかった。
ちなみにDuomo(ドゥオーモ)駅からは歩いてすぐだった。

他にも トラムや路線バスがあった。

参考
自分は以下のようにまわりました。
ドゥオーモ観光→エマヌエーレU世のガレリアのテラスでピザのランチ→スカラ座
という順でまわった。


スカラ座博物館に入って
劇場内部を見る

スカラ座で、最初に入ったのは劇場であった。中は特別広いわけではないが
装飾がすばらしく、まるで個室のようなバルコニー席がヨーロッパの劇場らしく
印象的、数えてみたら6階まであった。
ちなみに劇場内部に入るのではなく、いくつかのバルコニーに入れて
そこから覗いた。
博物館
昔の楽器や衣装、そしてポスター、肖像など、スカラ座のコレクションが
展示されていた。ビデオ映像もあった。




 







ミラノの魅力に戻る


トップ
イタリア旅行


(注意)
08年7月の旅行経験とその後の調査からまとめました。
個人的な価値観によるものもあります。
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任で調査をしてください。