ヨーロッパ イタリア旅行

ナポリに訪れての感想

ローマから高速鉄道でナポリまで2時間弱で到着
強い日差しと、駅前の屋台、古めかしく素朴な街並みは
ローマやミラノとはまた違った風情があった。
南イタリアの空気なのだろうか?



 ツイート

イタリア旅行

格安イタリア旅行

オプショナルツアー
出発までの準備
旅の持ち物
海外旅行保険
物価について
ユーロに両替

搭乗手続き
到着手続き
機内のマナー
飛行機(東京→北京)
飛行機(北京→ローマ)
飛行機(ローマ→北京)
飛行機(北京→東京)

日本への連絡方法

イタリアの食事
イタリアのホテル

イタリアの市内交通

鉄道の旅を楽しむ

治安について

ローマについて
ローマの交通
ローマの観光スポット
(1)コロッセオ
(2)フォロ・ロマーノ
(3)真実の口
(4)カラカラ浴場
(5)トレビの泉
(6)サンタンジェロ城
(7)スペイン広場
(8)サン・ピエトロ大聖堂
(9)バチカン博物館

ミラノの魅力
ミラノの交通
(1)ドゥオーモ
(2)エマヌエーレ2世ガレリア
(3)最後の晩餐
(4)スカラ座
(5)スフォルツェスコ城
(6)サンタンブロージョ教会

ナポリに訪れて








ナポリの街を歩く
坂が多い!








気軽に行けるナポリ
パックツアーだけではないローマからの日帰りツアーでも行けたし
個人でも行ける。
個人的には当初イタリア旅行の行程にナポリを入れていなかった。
しかし、レイルパスが1日分あったことと
ローマから高速鉄道で2時間前後で行けるためナポリに訪れていた。
そこは、南イタリアを想わすような暑い太陽と地中海の青い海
そして素朴な街並みがありローマとはまた違った雰囲気を味わえた。
もちろん
パックツアーでも含まれているし、ナポリ滞在のフリープランもある。
ローマから日帰りのナポリツアーもあったので
ローマ滞在中に訪れることも可能だ。
インターネットで日本の旅行会社を通し、いろいろ紹介されていた。


高速鉄道 ユーロスターで
ローマから2時間程度 ローマから日帰り観光もできた。


人気のカプリ島
イタリア旅行中に知り合った日本人でナポリに訪れるという旅行者の多くは
そこから30kmほど離れたカプリ島に訪れるとも言っていた。
パックツアーはもとより、現地発ツアー(ローマ、ナポリ発)でもカプリ島日帰り
ツアーというのがありインターネット紹介されていた。

個人で行くならナポリから
水中翼船で40分前後
フェリーで1時間前後程度だった。

青の洞窟
カプリ島といえば「青の洞窟」で有名だ。
洞窟から差し込む光が岩や海に反射して青く美しく輝く姿は
幻想的という。

ただ、時間的な問題で訪れることができなかった。
ナポリの公共交通機関
地下鉄、路線バス、ケーブルカーなど
私が利用したナポリの公共交通機関であり
実際は他にも私鉄や船があり
カプリ島へ行くには船になるだろう。
全体的に公共交通機関が発達していて便利だった。
他にも2階建て観光バスも見た。
旅行会社に聞いてみよう!
1回券1ユーロ
1日券3ユーロ

ローマでもナポリでもそうだがナポリでも
路線バスや地下鉄、ケーブルカー、市電に乗るには切符が必要となる。
切符は売店などにも売っていて1回券が1ユーロだった。
なお、切符なしだとキセルとなるので注意しよう。
あともう一つ、バスなど刻印機というのがあり最初に切符を差込み
カチッとなって番号が入力されるのを確認する。
イタリアの鉄道もそうだったが、車内清算はないらしいし
まれに切符のチェックにくる。
1回券ではなく90分有効券
ローマでもミラノでもそうだったが、1回券というのは
1回乗車だけではなく、75分とか90分有効なのだ。
私自身1回券で地下鉄にケーブルカー往復利用した。
何か得した気がする。

余談だが、坂の多いナポリ、ケーブルカーもよかった。

地下鉄は2回利用できるか不明、他の街では地下鉄の場合一度改札でると
再度改札を通れないことがあった。

また、1日券が3ユーロなのでそれほど高くないと思う。


ナポリで乗り物を楽しむのもよかった。

エアポートバス(アリバス)

空港から駅などナポリの街中へ行くエアポートバスがある。
3ユーロだった。私の経験から、みためは路線バスと同じだったので
普通の路線バスだと思い乗車したらしっかり3ユーロとられてしまった。
市内の移動だけだったのに・・・

他にも地下鉄だけどみためは地下鉄ではなくイタリア鉄道だったこともあった。
そのときは1回券で利用できた。
心配なら近くの人に切符(1回券)をみせてこれで乗れるか聞いてみた。

不安ならツアーの方がいいと思う。
インターネットで調べてもいろんなツアーが紹介されていた。

街を歩いて
古さ、素朴さ、ほこりっぽさ
ナポリを歩いての感想は古さとほこりっぽさだった。
ローマやミラノのような高級感というのはあまり感じなかった。
いうなら雑貨屋や駄菓子屋が集まる街のような感じだ。
駅前など屋台も多かった。
しかし、それが、ローマやミラノとはまた違ったイタリアを感じさせてくれ
旅行のいい思い出となった。
ただ、
ナポリ全てのエリアがそうではなくそこそこ高級感のあるエリアもあった。

地中海を望む
ナポリのよさは地中海を望むことではないだろうか?
夏に訪れたときは強い日差しに青く輝く地中海は印象的だった。
ナポリのシーフード料理も美味しかった。


地中海を望む

ナポリの街をあるいてみました。

特別観光地というほどでもないが独特な雰囲気がある街を
歩き、食事をしたりしました。

詳しくは下をクリック

ナポリの街を歩く





 







トップ
イタリア旅行



(注意)
08年7月の旅行経験とその後の調査からまとめました。
個人的な価値観によるものもあります。
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任で調査をしてください。