ヨーロッパ イタリア旅行
ユーロの使い方

日本円には使い慣れているが、海外へ行けばその国の通貨を
使うことになる。旅慣れている人なら分かろう。日本円なら見ただけで
100円玉とか千円札とか分かるだろうが、どれが1ユーロか?
10ユーロか?100ユーロか?分かりにくい、さらに日本では
当たり前のように使われている1万円札、高額紙幣を
海外では現金として日常的に使われるのか?
海外旅行なら気にしたいのだ!











ユーロ
EU統一通貨なので
フランスとかユーロ圏内の旅行に便利だった。



トップ
イタリア旅行


すばらしい旅をお得にしよう!
格安イタリア旅行


紙幣と硬貨
ユーロでも紙幣と硬貨がある
(硬貨の場合)
まずユーロの下にセント(CENT)がある。
100セント(CENT)=1ユーロ(EURO)らしい。
硬貨では
1セント、2セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1ユーロ、2ユーロ
紙幣では
5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロまで確認  他にも
200ユーロ、500ユーロ
があるそうだがみたことはない。

〜ユーロか?硬貨や紙幣を見て分かる?
まず、紙幣ならみれば20とか50とか書いてあるので見れば分かるだろう。
硬貨でも20CENTとか1EUROとかはっきりと書いてるのでおおかたの人は見れば分かると思う。
ただ、普段使い慣れない通貨だけに、特に硬貨の場合
コインの表面に書かれた数字を見て判断した。
つまり、日本円なら見た感覚で100円玉とか500円玉とか区別つきそうだが、
ユーロ(セント)の場合、実際財布から硬貨を出してそこの表面のに書かれた数字を見て
〜セントとか〜ユーロとかわかるのだ。
買物などで細かいお金を出すときはちょっと面倒だが、
現地で紙幣ばかりだすと、おつりの関係
財布の中は硬貨(小銭)だらけになって困ることもあるのだ。 やむをえない。
大額紙幣
まずはアメリカの例を挙げると、アメリカでも100$札というような大額紙幣はあるが
大きな買物をするなら、おおかた、クレジットカードを使うらしく
だいたい10$紙幣位しか使わないのだ。(旅行中100$札をみなかった。)

ヨーロッパ(イタリア旅行)の経験から
旅行中500ユーロ札をみることはなかった。
100ユーロ札は日本から持って行ったが、
あまり、日常的に使われる紙幣では
ないようだった。
ただ、旅行中、受け取り拒否されたことはなく、食事でも20〜30ユーロ位使うのが
普通だったので、そのときに100ユーロ札をだした。
なので、細かくくずせなくて困ったことはない。特に心配はないと思う。
但し
1ユーロとか2ユーロの買物で100ユーロ札をだすのはいかなるものか?

お釣りを間違える?
「イタリア人はよくお釣りを間違える」と聞いたが、それほど感じることはなかった。
ただ、イタリア旅行中11ユーロの物を買うのに、100ユーロを出したら、
細かいお金を出されて88ユーロのお釣りしかなかったことがある。
また、お釣りの出しかたも乱暴で、
小銭からチャリーンと出し、その後 パッとお札を渡すようなお釣りの出し方が多かった。
日本みたいに大きなお金から払います。といい。
お客さんの目の前で紙幣を数えるというような親切なお釣りの出し方はしなさそうだ。
お釣りを間違えられることも多いだろう。
そして、お釣りをもらいすぎたという話は少なく、だいたいお釣りが少ないようだ。
ちょっとしたことだが気分は悪い
そういった意味で小額な買物に大額紙幣をだすのはよくないと思った。
あと、旅行中、早くユーロに慣れた方がいいだろう。






トップ
イタリア旅行

(注意)
08年7月の旅行経験からまとめました。
個人的な価値観によるものもありますし
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査をしてください。