イタリア旅行 ローマ観光

古代ローマ遺跡 「フォロ・ロマーノ」

ローマ帝国の政治・経済の中心「フォロ・ロマーノ」
巨大な神殿など、2,000年以上前に
こんな凄い建造物があるとは!


 ツイート

イタリア旅行

格安イタリア旅行

オプショナルツアー
出発までの準備
旅の持ち物
海外旅行保険
物価について
ユーロに両替

搭乗手続き
到着手続き
機内のマナー
飛行機(東京→北京)
飛行機(北京→ローマ)
飛行機(ローマ→北京)
飛行機(北京→東京)

日本への連絡方法

イタリアの食事
イタリアのホテル

イタリアの市内交通

鉄道の旅を楽しむ

治安について

ローマについて
ローマの交通
ローマの観光スポット
(1)コロッセオ
(2)フォロ・ロマーノ
(3)真実の口
(4)カラカラ浴場
(5)トレビの泉
(6)サンタンジェロ城
(7)スペイン広場
(8)サン・ピエトロ大聖堂
(9)バチカン博物館

ミラノの魅力
ミラノの交通
(1)ドゥオーモ
(2)エマヌエーレ2世ガレリア
(3)最後の晩餐
(4)スカラ座
(5)スフォルツェスコ城
(6)サンタンブロージョ教会

ナポリに訪れて



開館時間
9:00〜日没1時間前
料金
フォロ・ロマーノは無料だが
パラティーノの丘は
12ユーロ(コロッセオと共通)
であった。
滞在時間
ザックリと1〜2時間位
一つ一つをじっくりと
みたいなら半日位か?




古代ローマ帝国の中心地だった。
フォロ・ロマーノ



目次

1.フォロ・ロマーノとは?

2.フォロ・ロマーノの行きかた

3.フォロ・ロマーノに訪れて

4.注意点






1.フォロ・ロマーノとは?
古代ローマ帝国の政治経済の中心
紀元前6世紀位から誕生したと言われている。
日本の縄文時代末期
そして、古代ローマ帝国は約1000年続いた。
当時の人口は10万人とも100万人とも聞いた。
遺跡内をクルリとまわる
遺跡内を歩きながらかつての神殿や凱旋門などを見てまわるといった具合だ。
今も柱や壁などが残り、よく見ると、どのような街の造りだったのか分かるようだ。
そして、感動的なのはその多くは紀元前から建つものなのだ。
その時代に、これだけの巨大な都市があったことに驚く。
パラティーノの丘からの眺めは感動
もう一つの魅力はパラティーノの丘からの眺めのすばらしさ
高台からは古代ローマ帝国の遺跡にローマ市街の眺めを楽しむことができた。


巨大な建造物が建ち並ぶ




2.フォロ・ロマーノの行きかた
フォロ・ロマーノはコロッセオのすぐ隣に位置する
地下鉄でコロッセオ駅から近い
ツアーやオープンバス利用という方法がある。



ローマの地図


(1)地下鉄や路線バスで訪れる
地下鉄B線を利用

上の地図を見て分かる通り、
地下鉄B線のコロッセオ駅(Colosseo)から近い
お得なローマパスも利用できる。
(2)オープンバスを利用
コロッセオに停車

ローマにある主要な観光スポットをクルクルまわる
2階建ての観光バス
日本語オーディオガイドもあり安心 そして自由だ。
24時間券25ユーロ 48時間券28ユーロだった。

詳しくは

ローマのまわりかた



(3)オプショナルツアー
フォロ・ロマーノに立ち寄るツアーも

現地発のツアー 日本語ガイド付ローマ観光もあるので安心
ふぉろ・ロマーノはローマを代表する観光スポットの一つ
訪れることも多いが、1日観光だと外観のみの見物ということも多い。
じっくり見たいなら古代ローマツアーなどがいいと思う。
半日で70〜80ユーロだと思った。

オプショナルツアー会社








ローマ観光に便利なオープンバス




3.フォロ・ロマーノに訪れて
実際に訪れた感想をまとめてみました。


広い!迷った
ガイドブックの「フォロ・ロマーノ」と「パラティーノの丘」を開くと
あちこちに〜神殿とか〜道、〜院なんて史跡が沢山ありゴチャゴチャする
結果
よく分からないで入ると迷うのだ。
自分がどこを歩いているのか分からなくなるのだ。
迷っている日本人旅行者もいた。
地図を見ながら歩いた方がいいと思った。
パラティーノの丘から入った
知名度からするとフォロ・ロマーノの方が有名観光地なので
フォロ・ロマーノから入る人が多いだろう。
確かにフォロ・ロマーノの方が見がいのある遺跡は多かった。
しかし、低地にあるためどこがどこだか分からず迷ってしまう。
しかし、パラティーノの丘の方が旅行者が少なく
静かな感じであったことと、丘の上からフォロ・ロマーノが一望できるのだ。
そこから地図を開いてどのようになっているか把握できた。


フォロ・ロマーノに入る

丘の上からの眺め

ここから眺めるローマの街はすばらしく、
歴史と文化を感じさせる。
もちろん
パラティーノの丘も歩きまわりたい。
考古学博物館があり中にはいろんな像があった。
(あと、夏 涼むのにもよかった!)


パラティーノの丘からの眺めはすばらしい!

パラティーノの丘からフォロ・ロマーノへ!
丘の上からフォロ・ロマーノ全体を把握したら、
丘を降りてフォロ・ロマーノに入る。
まずは、パラティーノの丘からみて右手、
ローマ市最古の凱旋門といわれる。
ティトウス帝の凱旋門
中心部にはビスタの神殿やロムルスの神殿、巫女の家などがある。
フォロ・ロマーノの中心部だったのだろう。
そして、左手には、議会である元老院がある。
ティトウス帝の凱旋門から元老院へとあちこちみながら歩くといった具合だ。

歩きながら古代ローマ帝国を想像するのもいいと思う。


ローマ帝国を偲ぶ

紀元前からある遺跡

古代ローマ帝国とは2000年以上前からあるのだ
この時代、こんなにも巨大な建築物があったと思うと驚いた。


天高くそびえる神殿!



4.注意点
実際に訪れて注意したいと思ったことをまとめてみました。た。


広い!
中は広く、何も知らずに適当にまわれば、ここはどこなのか分からなくなるかも?
ただ、地図がたどればそう迷うことはなかった。
イタリア旅行やローマ観光のガイドブックなどにフォロ・ロマーノの地図が載っていることもあった。
暑い!
訪れたのは7月 暑いし乾燥している。とにかく喉がかわく、
しかし、フォロ・ロマーノ内部には飲み物を売る店もあまり見かけなかったし
あっても高い。外にジュースなどが売られる屋台があった。しかし、そこも安くはなかった。
駅の売店やスーパーなどで多めに水を買っておいた方がいいと思った。


暑い!




 








ローマの観光のスポットに戻る

トップ
イタリア旅行


スマートフォン



(注意)
08年7月の旅行経験とその後の調査からまとめました。
個人的な価値観によるものもありますし
状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任で調査をしてください。