韓国旅行より

ソウルはこうなっている

韓国で人気スポットNo1のソウル
日本から多くのフライトがあるし
安く行ける魅力があるがソウルとはどのような街か?
どのような魅力があるか?何日位滞在したいか
分からないもの、自分の旅行経験から
まとめてみました。


 ツイート










ソウル 光化門




トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法






ソウルの地図(手書き)
クリックすると大画面で表示されます


ソウルの地図を開くと
まず目に付くのが景福宮?
中央庁舎や大使館など多い

ガイドブックなどでソウル中心部の地図を開くと、
まず目に付くのが福景宮とその南側に続く世宗路
光化門広場であろう。
周辺には中央庁舎や大使館などがあり、
その南側はオフィス街となっている。
そしてさらに南側にはソウル駅だ
景福宮周辺の雰囲気
東京に例えれば丸ノ内や霞が関といった雰囲気
景福宮は朝鮮王朝時代の王宮の一つで
ソウル人気観光スポットの一つ
その前には世宗路という広大な道が広がり
中心部の広場は市民憩いの場
近くには東和免税店という免税店があり
中国や日本からの外国人旅行者で
賑わっていたが
食事や買物といった雰囲気でなかった。
機動隊などがいて緊張した様子も見られた。


周辺はこんな雰囲気


清渓川周辺と南側
明洞など

ソウル中心部の地図を見ると清渓川という
川が東西に流れていることが分かる。
その南側はモダンな雰囲気や
活気づいた商業の街といった雰囲気が漂う。
その代表といえば明洞
ソウルでも最大規模といえる歓楽街で
多くの店や韓国料理や焼肉屋
劇場などが建ち夜遅くまで活気づいている。
日本語対応の食堂や
レートのいい両替所も多い。
東京に例えれば池袋や渋谷のような雰囲気
周辺にはロッテホテルを始めとする
観光ホテルも建ち、ソウル観光の拠点に便利だ。


明洞の賑わい


南山公園

明洞の南側はソウルの広大な南山公園
やソウルタワーがある。都会の真ん中とは思えないほど
緑豊かでソウルタワーは夜景スポットだ。


ソウルタワーからの
夜景は素晴らしい


南大門市場や東大門市場など

ソウルを代表する市場といえば南大門市場
古くからの市場で韓国土産にいい
キムチにマツタケ 高麗人参
他にも韓国旅行の記念にいい
小物や雑貨品などとにかく多くの店が集まる。
日本語対応の店も多く便利
自分の場合
韓国土産の多くはここで購入している。屋台や食堂も多い
夜になると閉まる店が多いので昼間に訪れることをおすすめする。
もう一つ東大門市場
南大門市場とは異なり卸売市場の雰囲気
が強く、数多くの衣類の店が多い。
夜の街として有名で観光シーズン
ともなれば0時過ぎても賑わいが収まらない。
東京に例えれば馬喰町の問屋街のような感じでもあったが
屋台や食堂も多く一般の観光客も楽しめた。


南大門市場


夜も賑やかな東大門


清渓川の北側
仁寺洞や王宮など

これも地図を見れば分かるが
北側の山沿いには〜宮という朝鮮王朝時代の王宮が目立つ
旧王宮はソウルを代表する観光地だ。代表的な街は仁寺洞(インサドン)
古くからの街であり明洞は若者らしいモダンな街に対し仁寺洞は
朝鮮王朝時代を想わす風情ある街
(東京でいう浅草のようなところ)
レトロな感じの店に伝統茶屋、民俗居酒屋などがある。
(旅館が多い)
裏手には旅館が多く見られるが、何とも
質素な感じで部屋も綺麗でないことが多い。
観光というより飲んだ後ちょっと泊まるのにいい感じ
また、バックパーカーなど現地で宿探しをするような
個人旅行者向けといえよう。
安くてアットホームは雰囲気がいい。
最近はネットの日本語サイトで予約
できる宿もあるが旅行会社で
紹介されることはないだろう。


清渓川の北側には王宮が多い


風情ある仁寺洞(インサドン)


街中の移動
地下鉄が便利だが
シティーツアーバスなどもある

これも地図を開くと分かるが、ソウルは地下鉄路線が充実している。
周辺には他にもいろんな街や観光スポットがあるが、
そのほとんどが地下鉄で移動することが可能であろう。
ガイドブックやホームページで
地下鉄利用方法を調べておけば
言葉が通じなくてもハングルが読めなくても
利用は難しくないだろう。
不安な場合は
ソウルシティーツアーバスもあるし
オプショナルツアーでソウル観光もある。
オプショナルツアーなら日本語ガイド
が付いたりして安心だ。


便利なソウルシティーツアーバス






 ツイート
















トップに戻る
韓国旅行



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。