韓国旅行より
海外旅行保険について

旅行中にケガや病気、盗難といったトラブルに巻き込まれることがある。
そのとき心強いのが保険、経験から海外旅行保険についてまとめてみました。




出発前に保険に加入しておきたい。







トップへ
韓国旅行


いろいろ調べて自分にあった旅を安くしよう!
格安韓国旅行の方法



保険について
私の場合
はじめての海外旅行なら必ず加入していた。

たとえ韓国であっても、海外ははじめてとなると誰でも不安なものであろう。
私も最初は必ず保険に加入、それも高額な保険に入っていた。
だんだん入らなくなる。
韓国は日本から近いし気軽に行けるのでなおさら
しかし、保険に加入してもお世話になることはほとんどない。
掛金と支払い金額の差を見てもだいたい予想できる。
それに海外旅行に慣れてくると、保険代を支払うことがもったいないのだ。
加入したとしても、かなり適当といった形が多い。

いざというとき保険のありがたみを感じる。
しかし、全くトラブルがないわけでもない。例えばホテルなどの備品を壊してしまった場合
真っ青になる。それがホテル側の責任であっても精神的に不安になるものなのだ。
保険に加入していれば精神的にも安心である。

保険の種類
私の知っている限りで簡単にまとめると
死亡保険
旅行中 病気やケガで死亡した場合
ケガによる死亡と病気死亡の金額が異なることも多い。(病気の方が支払い金額は低い)
障害や後遺障害
旅行中の病気やケガで後遺症が残った場合、障害の重度によって支払われる金額が異なる。
治療費用
病気やケガで治療を受けた場合の費用
(日本のように国民健康保険がきかないので意外に高い金額とのこと)
救援費用
家族が現地に赴く場合など
賠償責任
ホテルの備品など壊して賠償請求された場合など
携行品
携行品をあやって破損したり、盗難にあったとき

他にも
飛行機が遅れたり運休したり、航空会社に預けた荷物が届かない場合などあり
おおよそは同じであるが保険会社によって異なることがある。

保険金が支払われない場合もある
私が注意しているのは保険金が支払われない場合

故意によるものは支払われるはずはないが、重大な過失なども支払われない。
注意しているのは危険行為を行う場合
韓国旅行の場合はあまりないが危険なスポーツを行う場合など慎重になる。
「〜をするのだけど 保険の対象になるか?」と電話で保険会社に聞くこともある。


インターネットで加入している
最近はインターネットで保険の加入をしている。
いろんな保険会社を比較することもできるし、安いこともある。
安ければいいとは限らず
ソウルでの連絡先などいざというときの連絡体制も整っていることも確認している。


バラ掛をしている。
クレジットカードには保険が付いていることがある。
ただ、救援者費用など全ての保険がついているわけでもないし
支払われる金額が少ないこともある。
不足分を補うことでバラで保険に加入した。金額も安く
セットで3,000〜4,000円程度のところ2,000円ちょっとで加入できた。
ただ、あとになって支払われないことがないように慎重になりたい。

旅行前に保険に加入している。
成田空港など空港で保険の加入は簡単にできる。
しかし、私は旅行前に保険に加入している。
先にも述べた通り 保険についていろいろ調べることができるし







トップへ
韓国旅行



2010年12月の調査によるものです。
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。