韓国旅行より

慶州の観光スポット

慶州にある観光スポットをいくつか紹介

 ツイート


トップ
韓国旅行

お得に旅をしよう!
格安韓国旅行の方法




慶州を観光
(雁鴨池にて)













慶州の地図



是非行きたいスポット

1.国立慶州博物館  2.雁鴨池  3.大陵苑

1〜3全てまわっても2時間〜2時間半位だった。
時間や体力によるが
博物館までバスやタクシーで行き歩いて慶州市街に戻る。
又は
レンタサイクルがよかった。



時間があったら行きたいスポット

4.瞻星台 5.芬皇寺 6.半月城、石氷庫

郊外にある絶対に行きたいスポット

7.仏国寺 石窟院





1.国立慶州博物館
かつての都を想像しよう!

慶州観光で最初に行ってみたいと思ったのが国立慶州博物館
かつての出土物や新羅時代の町並みの模型が展示されている。
ここでかつての都を想像しよう!
入館は無料
ちょっと見るだけなら30分もあればいいと思う。


国立慶州博物館で想像力を高めたい


2.雁鴨池(アナプチ)
かつて貴族の庭園

国立慶州博物館から200〜300m位離れたところにある。
かつての宮殿の跡、池や庭園、建物の一部が再現されており
優雅さを感じさせてくれる。
優雅な宴が開かれていたのだろう。
入場料1500ウオン 20分もあればよかった。


かつての宮殿であった


3.大陵苑(テヌンウォン)
古墳群

広い園内を歩くとあちこちにモコモコと築山が築かれている。
古墳群である。天馬塚という古墳の中に入ることができる。
内部には金の冠や青銅製の器などの出土物が展示
入場料1500ウオン 20〜30分位でまわった。
園内を歩くのでいい運動だ。


天馬塚に入る


4.瞻星台(チョムソンデ)
東洋最古の天文観測台!?

慶州のシンボル的存在でもある。
円柱型の石積みが何とも印象的だ。
周辺は市民の憩いの場であった。
中には入れず外観のみ
徒歩やレンタサイクルで慶州をまわるなら立ち寄るだろう。


慶州のシンボル的存在!?


5.芬皇寺(プヌァンサ)
新羅時代の仏教寺院

634年に建立された仏教寺院
奈良時代が710年だから歴史を感じる。
とは言っても現在残っているのは石塔のみ
興味を注いだのは石の彫像だ。
慶州中心部から離れており
個人で行くならレンタサイクルかバスが好ましい。
入場料1300ウオン 10分もあればよかった。


かつての仏教寺院


6.半月城、石氷庫
天然の冷蔵庫

半月城という新羅時代の城跡があり
現在は市民の公園だ。
観光地とった雰囲気ではないが
高台から眺める慶州はなんとものどか・・・
兵どもが・・・を想像してしまった。
ここに天然の冷蔵庫「石氷庫」
かつての繁栄の証だろうが
ここには人っ子一人おらず
なんか寂しさを感じた。
博物館に近いのでついでがてら立ち寄るのもいい。




7.仏国寺、石窟院
世界遺産の仏教寺院

ツアーで慶州に訪れたら「必ず」といっていいほど含まれる
代表的な観光スポットだ。
路線バスで50分位行ったところにある仏教寺院
現在は儒教のイメージが強い韓国だが
新羅時代には仏教文化が華開いたことを想わせる。
時間があったらその奥、石窟庵にも行きたい。
石窟の中に祀られている仏像はなんとも神秘的だ。

詳しくは

仏国寺 石窟庵



仏国寺を歩く










トップに戻る
韓国旅行


スマートフォン



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査から作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任での調査をお願いします。
また、実際と数日ずれていることもあります。