1.はじめてでも個人旅行はできる?

(1)韓国旅行は難しくない

ソウル、釜山は日本語案内も多い。

例えば
シティーホテル
景福宮や南大門市場など
日本人旅行者の多いスポット
そして観光案内所など
日本語が普通に通じた。
また
明洞や仁寺洞の焼肉屋や韓定食店なども
日本語看板やメニューが多い。


日本語案内も多い(ソウル 明洞)

地下鉄も簡単に乗れた

地下鉄も日本語表示で切符を買える。
文化や習慣も日本と似ていることから
それほど難しくはなかった。
そのそも、ソウルの街では自由気ままに歩く
日本人旅行者は沢山いるのだ。
ただ
ガイドブックはほしい。

 


日本語表示で簡単にチケットが買えた

語学力は必要か?

自分はハングル語全く話せないが
一人で韓国周遊旅行ができた。
しかし
地方や街中の食堂などハングルのみの所もあるので
韓国語会話集は準備したい。
コンパクトな指さし会話集でいいと思う。
ちなみに英語通用度は低い。


食堂など韓国語会話集があれば便利

治安は?

経験から日本とそんなに変わらないと思った。
むしろ歌舞伎町などと比べると
ソウルの歓楽街の方が安心して歩けた。
ただし
夜 人気のないところはいかない方がいい。
ソウル中心部でも意外に暗いところがある。
東大門市場など夜遊びで有名だが
終電前にはホテルに戻りたい。
ちょっと外れると案外暗いのだ。
あと、ガイドブックに載っていないところに
風俗街があることも
ガラス張りの店が並びピンクのネオン
見てすぐわかる。
そういった所は
治安はいいとは思えない。
避けよう。


夜は暗い所もある(ソウル 東大門市場近く)

反日感情

反日運動などTV放送などで見て心配する人は多いだろう。
歴史資料館など反日的な表現を見ることもある。
しかし、個人の日本人旅行者に対しては反日的には思えず
むしろ好意的であった。
しかし
相手を挑発する言動は控えよう。

例)
「ちょうせん」とか「バカ」という言葉を使う。
ちなみに
「朝鮮人参」ではなく「高麗人参」だ

竹島問題や歴史問題の話をするなど


旧ソウル拘置所
今は博物館になっており、かなり反日色を感じるが
スタッフは好意的だった。
但し 言論には注意しよう。

(2)ある程度の下調べをしたい

全く下調べなしはすすめない。

例えば
空港からの移動方法(エアポートバスやKREXなど)
自分の行きたい所(景副宮やソウルタワーなど)
宿泊先からそこへの行き方など確認しよう。
なお
地下鉄利用方法などガイドブックにも載っている。
なお、ソウル、釜山、済州は
日本語オプショナルツアーも豊富だ。


行きたい所などピックアップしよう(ソウル 景福宮)

(3)スマホができれば安心!

韓国でもスマホやタブレットで
インターネットができれば安心
道に迷ったときはGoogleMAPを使えるし
翻訳サイトもある
もちろん
SNSで友達とコミュニケーションだってできるのだ。
・WiFiルーターレンタル
おすすめなのはWiFiルータのレンタル
自分のスマホがそのまま使えるし
韓国なら1日680円で500MBのレンタルがあった。
ちなみに
海外対応機種のスマホをローミングすれば
最低2,000円はするだろう。

詳しくは
海外でインターネット

2.個人旅行にかかる費用

(1)3日間で6~7万円位?

夏休みや冬休みに行くオーソドックスな旅

例を挙げると

ソウル3日間
・航空券 3万円

・ホテル ツインルーム2泊朝食付
1人5千円×2=1万円

・食事 昼3回夕2回 1万2千円
昼食はクッパやビビンバなど1万ウオン弱
夕食は焼肉 韓定食などで4万ウオンほど
(あとお酒も含む)

・その他
街中の移動費 施設利用料、軽食 土産等
1~2万円

といったところか?
そこに
ソウルから釜山へ移動するなら+1万円など


韓国へ向かう

(2)条件によって異なる

3万円以下でも20万円超も!

しかし 実際は
出発日や航空会社、宿泊先等により
大きく異なり
年末や夏休みにビジネスクラス利用で
高級ホテルに泊まるなら20万円はするだろうし
オフシーズンにLCC(格安航空会社)利用
ゲストハウスやチムジルバン(健康ランド)泊まなら
3万円もしないだろう。


ビジネスクラス利用なら高くなる

3.韓国個人旅行までの流れ

(1)まずは航空券を手配

最初に航空券を手配しよう。

条件のいいチケットは早く売れ切れる

日本の隣国だけにフライトは豊富
GWやお盆、年末など除くと
2週間前でも予約はとれた。
ネットで簡単に予約はできるはず。


最初に航空券を確保したい

航空券の買い方

一応電話で確認
自分の場合
航空券の検索をしてお気に入りを見つけたら
予約番号をチェックして電話している。
条件のいい航空券はすでに
満席になっていることがある。
また
その他
空港使用料や各種税金がかかるので
合計金額を聞いておこう。
キャンセル時の手数料も
キャンセル時
結構トラブルになることがある。

予約はインターネットで
電話予約もできるが
聞き違いがあるので
予約はネットで行っている。

格安航空券おすすめサイト DeNAトラベル

種類豊富な航空券と安さが魅力

格安航空券おすすめサイト DeNAトラベル
とにかく安い
成田~ソウルの航空券の検索をすると
1万円台のチケットもあった
種類も豊富だ。
他のサイトと比べても分かります。



(2)ホテルの予約

予約はした方がいい

個人旅行ならホテルの予約をしないで
現地で探す方法もあるが
今や1泊千円以下のゲストハウスだって
簡単にネット予約が可能
(それも日本語サイトで)
それに
宿は点在していることが多く見つけにくい。
事前に予約した方がいい。


ホテルの予約はした方がいい

おすすめホテル予約専用サイト agoda(アゴダ)

海外のホテルに強い

国内だと「じゃらん」や「YAHOOトラベル」が人気だが
海外ならアゴダがおすすめ ホテルからゲストハウスまで
そのジャンルは広く バライティーに富んでいる。

詳しくは

 

(3)その他 細かな手配

オプショナルツアーサイトが便利

高級韓国料理のコース料理の予約に
オプショナルツアー
エンターティメントなど
事前に予約をしよう。
オプショナルツアーで予約可能だ。

詳しくは
オプショナルツアー

韓国国内の移動

鉄道や高速バスの予約はしなかった。
ソウル~済州の航空券はネットで購入
日本語サイトもあり
シーズンによるが済州航空など
5万ウオンしなかった。


便利な韓国高速鉄道(KTX)

4.個人旅行の注意点

(1)自己責任

全て自己責任となる。
旅行会社を通しても
手配したに過ぎない(個人旅行=手配旅行)
予約さえしておけば旅行会社の責はないのだ。

例えば
飛行機が欠航して
初日のホテルに入れなくても
ホテル側とは個人交渉
おそらくキャンセル料はとられるだろう。
逆に
ツアー(フリープラン)なら
旅行会社が
航空券+ホテル一括手配なので
旅行会社をとおして交渉できる。
(とはいえどこまで補償してくれるかは不明だが・・・)

 




 

格安韓国旅行

 

韓国旅行に戻る