韓国旅行より ソウル観光

ソウルタワーの魅力

ソウル中心部から見て南側の山「南山(ナムサン)」
その頂上に建つ高さ236mの塔「ソウルタワー」
その展望台から眺めるソウルの街は感動的!
また、タワー周辺は緑豊かな南山公園となっており
心地よい。バスやケーブルカーがあるので
明洞やソウル駅からも気軽に行くことができる。



 ツイート




Nソウルタワーが見えてきた。












トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法




Nソウルタワーの場所
(南山の頂上に建つ)


Nソウルタワーの魅力
やっぱり展望がすばらしい

南山の高さが海抜243mでソウルタワーの高さが236m
つまり合計すると高さが479mとなる。
ソウルの街が一望できるのだ。
また、窓には英語で東京まで1164.19qなんて書かれている。
遠い、そして
自分が韓国のソウルにいうことを実感させてくれた。
夜景スポットにもいい
最も素晴らしいのが夕暮れ時と言っていた。
自分は夜に登ってみたが
なるほど、ソウルの夜景は素晴らしいのだ。


ソウルの夜景を楽しめる


展望台までの雰囲気も盛り上げてくれた

明洞からケーブルカーで南山の頂上へ行き
そこから、Nソウルタワーのエレベーターで展望台まで
登ったが、途中に流れる音楽やエレベーター内の
スクリーンのライトアップなど雰囲気を盛り上げてくれた。


展望台入口


エレベーターにて
(音楽などで雰囲気を盛り上げてくれる)


まわりの森とその向こうのソウルの街並みが感動的

ソウルタワー周辺な南山公園で森に囲まれている。
なので夜の場合 タワー周辺は真っ暗 そこに公園内の道の街灯が
1本の光の線となり、そしてその向こうに宝石を散りばめたような
街の明かりが広がる風景は印象的であった。
食事や買物もできる
レストランやカフェ ギフトショップもある。
展望を楽しみながら食事もできるのだ。


ギフトショップやカフェ レストランもあった


緑豊かな南山公園

Nソウルタワー周辺は緑豊かな南山公園である。
明洞など都市部近くでありながら、木々に囲まれており
遊歩道も整っているのでハイキングを楽しむ人も見かけた。
また、ソウルタワー前は広場となっており、いろんなイベントが
催されるとのこと。


緑豊かな公園である


滞在時間
30分〜3時間?

人や混雑具合によって異なるが、展望台から軽く眺めを楽しむだけなら
30分位で十分と思った。自分の場合
夕食後 明洞から出発 ケーブルカーで南山頂上まで行き
ソウルタワーで展望を楽しんだり
ショップを覗いて 再びケーブルカーで明洞に戻るまで2時間弱であった。
昼間に南山公園でウォーキングをしたり食事をするならもっと時間がかかるだろう。


展望を楽しむ


Nソウルタワーへ行くには?
南山の頂上にあるのだから一見不便そうに見えるが
ケーブルカーやバスがあり明洞やソウル駅から簡単に行けた。
不慣れな外国人旅行者に便利なソウルシティーツアーバスでも
ソウルタワーの前に停車する。


南山ケーブルカー
(明洞から便利)

地下鉄「明洞駅」から歩いて10分位で 南山ケーブルカー
乗り場まで行くエレベーターに乗る。
地図があれば特段迷うことはなかった。
山の斜面に沿って斜めに登る屋外エレベーターである。
確か数分で到着
次に
南山ケーブルカーに乗車
ドンドンと山の上に登って行く
宙に浮いている気分だ。
数分で到着
なお
ケーブルカーの運賃は
片道6,000ウオン
往復8,500ウオン
であった。
10:00〜23:00まで10分間隔で運行とのこと
(最終の乗り遅れに注意)
夜遅くにNソウルタワーに登る場合
乗り遅れに注意をしたい。
確か
最終が23:00で最終が行ってしまうと
山に囲まれ 人もほとんど見かけず寂しい。
帰りの「あし」も見つけるのが難しかった。
とにかく悲惨である。


エレベーターで
南山ケーブルカー乗り場まで向かう



南山ケーブルカーに乗車する


ケーブルカーで南山山頂へ向かう


ケーブルカーを降りると目の前にNソウルタワー


ソウルシティーツアーバス

海外の主要な観光地で見られるオープンバス
それと同じだ。ソウルの主要な観光スポットや街をクルクルとまわるのだ。
イヤホンによる音声ガイドもあり、日本語ガイドの選択も可能
1回券はなく1日券を購入して利用する。
自分の場合
乗車時に運転手からチケット(1日券「乗り放題」を購入
1日乗り降り自由なので、自分好みのスポットをまわってみた。
自由気ままなソウル観光を手際よく行うのに便利だ。
いくつかのコースがあるが
自分が利用したのが
(都心・古宮コース)
光化門から景福宮までソウルをクルクルとまわる。
Nソウルタワー前でも降りることも可能だ。
1日券が12,000ウオンで
9:00〜19:00まで30分間隔で出ているとのこと
(コースによって値段や運行間隔が異なっているようだ)
(運休に注意)
先にも述べたとおり、ソウルシティーツアーバスは
いくつかのコースに分けれており
コースによっては月曜日など「運休」ということもあるのだ。


ソウル観光や街歩きに便利なソウルシティーツアーバス


循環バス

Nソウルタワーから南山周辺を循環するバスで3コースに分かれている。
爽やかな色合いのバスで「Namsan Tour」と書かれていた。
一見ゴチャゴチャして分かりにくそうだが
ソウル駅や明洞 ナムサンゴル韓屋マウル 地下鉄忠武路駅
などをまわるし、運賃も950ウオンと安め
運行時間も7:30〜23:00すぎまで出ているし
運行間隔も十数分に1本の割合であった。
(ただ、終バスに注意したいが・・・)


南山周辺から出発するなら
循環バスも便利


オプショナルツアー

いわゆる現地発の定期観光バスである。
ソウル発の日本語ツアーも多く
インターネットからも簡単に予約できる。
個人でまわるように下調べの必要もほとんどいらないし
人気観光スポットなど手際よくまわれる
乗り換えなどの心配もなく、迷うこともない。
ゆったり座っていけるのも魅力だ。
例えば
ナイトツアー
ソウルタワーに夜の漢江クルーズ そして 焼肉の夕食がセット
になったツアーなどがある。
他に昼間のソウル観光にソウルタワー展望が含まれていることもあった。

現地自由行動のソウルフリープランにセットして参加するのもいい。


詳しくは

オプショナルツアーの魅力





Nソウルタワー情報
利用時間

日曜日・月曜日〜木曜日 10:00〜23:00
金曜日〜土曜日 10:00〜24:00
年中無休
(最新の情報で確認してください。)
展望台入場料
9,000ウオン
(他に追加料金でオーディオガイド付などがあった)


チケット売り場



 ツイート










ソウル観光に戻る





トップに戻る
韓国旅行



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。
また、実際と数日ずれていることもあります。