韓国旅行より

2日間 釜山観光モデルコース

韓国第2の都市「釜山」行ってみたい
と思う人も多いだろうが、どれくらいの期間で
どのようにまわればいいか分からないもの
例として2日程度のモデルコース
を作ってみました。


 ツイート



釜山をまわろう!
(釜山駅前にて)












トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行




釜山の地図(手書き)


コースの概要
釜山中心部 金井山城エリア リゾートエリア
を半日ずつ分けてまわった
上の地図に従い簡単にコース概要としてまとめると
釜山中心部と金井山城エリアとリゾートエリア
を半日ずつ分けてまわりました。

1日目
最初に「梵魚寺」へ行ってみよう!

まず1日目の午前中に釜山中心部から見て
山側の観光スポット「梵魚寺」へ行ってみたい。
山間の風情あるお寺だ。
雰囲気は日本のお寺に似ているが
お参りの仕方など中国的な空気も漂う。
(個人なら)
釜山中心部から
地下鉄+路線バスに乗り継いで行けるが
1時間半〜45分位かかった。
早めに行くことをおすすめしたい。
時間があれば帰りに東莱(トンネ)温泉に立ち寄って
温泉に入ってみるのもいいかも?(地下鉄温泉場下車)
金井山城へも行きたいが
半日で「梵魚寺」とセットは結構歩くし
時間的にきついかも?
金剛山ケーブルカー(金剛公園)に乗るのが最短と思われるが
7:00には出発したい。
(シティーツアー利用なら)
9:20に釜山駅から歴史文化訪問というコースがある。
そのコースに参加すれば半日ほどで
「梵魚寺」の他、「福泉博物館」など立ち寄る。
事前の予約が必要だ。
(オプショナルツアーなら)
主要なホテルまで送迎付で日本語も通じる
オプショナルツアーは最も安心であろう。
釜山半日観光で「梵魚寺」とその周辺
をまわるプランがあった。
1日ツアーに参加してリゾートエリアや
釜山中心部を手際よくまわるのも手だ。

詳しくは下をクリック

オプショナルツアーの魅力



最初に山間へ向かう
(山の朝は早い?)



山間のお寺「梵魚寺」


午後はリゾートエリアへ行ってみるか?
釜山中心部を満喫するか?

(個人なら)

午前中は山側を満喫して午後からは海側(リゾートエリア)
を満喫したいが、地下鉄に乗り替えたり歩いたり
体力的にキツイという人もいよう。
午後は釜山中心部の南浦洞やチャガルチ市場
などまわるのもいい。
昼食はチャガルチ市場で新鮮な魚介類がいいと思った。
そうそう
釜山近代歴史館があり
釜山タワーに登るなら夕暮れ時がよかった。
リゾートエリアへ行くなら


韓国旅行の楽しみ街歩き


(シティーツアー利用なら)

15,000ウオンで1日券を買っているはず
つまり1日でまわれるところをまわらないともったいない
半日観光後
午後はリゾートエリアへ行ってみよう!
釜山駅前から海雲台コースというバスがある
循環型といい、約30分ごとにクルクルまわるし
乗り降り自由
地下鉄と異なる観光スポットの近くまで行ってくれるので
それほど歩かない
広安里ビーチのカフェに立ち寄ったり
海雲台ビーチを歩くのもいい。
遊覧船もあり
できれば
夕方は釜山タワーに登りたい。


海雲台を歩く



夜は中心部で飲み歩き食べ歩きか?
リゾートエリアのホテルでゆったりするか?

(どこに泊まるかによる)

夜は街の中心部で飲食や買物を楽しみたいなら
西面や南浦洞の観光ホテルに宿泊するのがいいと思う。
リゾートエリアでゆったりしたひとときを過ごしたいなら
広安里や海雲台エリアのリゾートホテルに泊まるもいい。
バックパーカー好みなら
歓楽街にモーテルもあるし
チムジルバンという健康ランドもある。


街中で飲み歩き食べ歩きを楽しむか?
(西面)



リゾートエリアでロマンチックなひとときを過ごすか
(広安里)


2日目
釜山中心部でショッピングとか?

個人で訪れている場合で1日目の午後に
釜山中心部をまわったなら
2日目の午前中は地下鉄でリゾートエリアへ行くのもいい。
釜山中心部から地下鉄で45〜1時間位かかるが
10:00前に着いても閉まっている店が多い
ゆっくりと出るのがいいと思った。
ツアーに参加しているなら
2日目は個人で釜山中心部の
南浦洞やチャガルチ市場など歩きまわるのもいい。
10:00前の南浦洞は寂しい感じがしたが
チャガルチ市場なら朝早くから営業している店も多く見かけた。
逆をいえば
南浦洞や西面は夜中でも賑やかだったが
夕暮れ時のチャガルチ市場は寂しかった。


チャガルチ市場にて



あくまでも一例です
他にもいろんな魅力的あスポットやまわりかたがあります







 ツイート











釜山のまわりかたに戻る


トップに戻る
韓国旅行



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。