韓国旅行より

済州島の行きかた

済州島へは日本からの直行便もあるし
韓国の各都市からのフライトも多い。
釜山などからフェリーもある。
自分の旅行経験と調査から
済州島の行きかたについてまとめました。


 Tweet


済州航空が見えた











トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法



済州島へ行くのに以下のように分けてみました

1.ツアー(フリープラン)で訪れる

最も楽で簡単に済州島を満喫する方法だ
フリープランなら個人旅行に安いうえに近い形もとれるし
パックツアーに近い形をとれうる。

2.個人で訪れる
インターネットを通せば簡単に航空券の手配ができる。
済州島直行便利用もあるがソウルや釜山経由もいい

3.個人で訪れる(フェリー)
木浦や釜山からフェリーが出ている。


飛行機の搭乗する


1.ツアー(フリープラン)で訪れる
最も一般的と思われる

韓国旅行で人気スポットといえばソウルだろう。
インターネットで調べるとソウル3日間とか4日間といったプラン
が1万円台2万円台と格安にゴロゴロ出てくるのだ。
ソウルほど人気はないようだが済州3日間とか4日間
といったツアーも多い。
ほとんどはフリープラン
(安い!安心!)

往復航空券+現地ホテルのセットで現地自由である。
海外に不慣れなにとっては不安に思うが
済州国際空港から滞在先のホテルまでの送迎サービスがあったり
主要な旅行会社なら現地デスクを設けていることもあり
携帯電話を貸出し困ったときのサポートをしてくれることもある。
心配なら日本語のオプショナルツアーやタクシーチャーターを
利用してパックツアーに近い形をとれるし
自由気ままに個人旅行に近い形もとれる
その半々をとることだって可能だ。
豪華なホテルを安く手配できることから
下手な個人旅行より安くなることもある。
済州島+ソウルも
追加料金で済州島の他
ソウルをセットにしたプランもある。


空港からホテルへ送迎サービスが付くことも多い


2.個人で訪れる
ソウルや釜山を経由して行った方がいいことも?

今はインターネットで航空券もホテルの予約、
そして、現地発の日本語オプショナルツアーなど
日本語で簡単に予約できる。
個人で済州島へ訪れる人も多いだろう。
成田空港や関西国際空港 福岡空港から済州国際空港までの
直行便があるし、もちろんネットで簡単に手配できる。
ただ、本数が少ない上に少々割高なこともあったのだ。
それに、済州島のみならずソウルや釜山へも行ってみたい
という人も多いだろう。自分自身 済州島は
韓国周遊旅行の一部として加えた。
ソウル(金浦)から2万ウオン台3万ウオンの飛行機も!?
調べるとソウル(金浦や仁川)や釜山(金海)から済州島へ
向かう飛行機は多く、出発時間帯やシーズンによっては
ソウルからLCC(格安航空会社)で2万ウオン台3万ウオン台もあった。
日本円なら2千円台3千円台といったところか?
さらにソウルから1時間位で到着できることから
ソウル経由にした方が安くて便利なこともあった。

なお

韓国周遊旅行の場合
個人で手配した方が安いこともあるようだ。


ソウル観光とセットもいい


3.個人で訪れる(フェリー)
釜山や木浦から出ている

木浦や釜山などいくつかの航路がある。
ただ、LCC(格安航空会社)の誕生もあり
飛行機の方が安いこともあり、フェリーのメリットは低い気がする。
実際 船内は観光客は少なくトラック運転手で目立っていた。
宿代節約として利用した
済州島から釜山までの航路は夜19:00に出て朝6:30到着
宿代節約といった面ではメリットはあると判断した。
それに釜山金海国際空港は郊外に対し
釜山旅客ターミナルはほとんど街中にあるので便利
ただし
船のエンジン音が大きい
とか
揺れる
などで
眠れない人もいるだろう。。
船内も質素な感じで
豪華な船旅は期待しない方がいいと思った。
あと
日本語の予約サイトがなく
自分は予約なしで利用した。
オフシーズンだったせいかガラガラだったが・・・
運賃(済州〜釜山)
参考に
2等船室47000ウオン(カーペットルームで雑魚寝)
2等寝台50,000ウオン(大部屋の2段ベッド)
4人1部屋2段ベッドで65,000 75,000ウオン
2人1部屋で180,000ウオン
であった。(2015年2月)

済州から釜山の航空運賃は
航空会社や出発日 時間帯などにより
大きく開くので何ともいえないが
オフシーズンの平日出発で
LCCの割引運賃を使えば2万ウオンしないチケットもあったし
LCC割引なしなら5万ウオン以上
高い航空会社なら7万ウオン位か
ハイシーズンなら10万ウオン以上はするだろう。


2等寝台の様子


 Tweet











トップに戻る
韓国旅行



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。
また、実際と数日ずれていることもあります。