韓国旅行より

済州島はこうなっている

韓国の南にある島「済州島」代表的な観光地として
知る人は多いと思うが、どのような島なのか?
よく分からない人も多いと思う。
最初に済州島とはどのような島なのか?
自分なりにまとめてみました。



 Tweet


  
済州島を楽しもう!
左から 済州島で見られる石造「トルハルバン」 城山日出峰からの眺め 東門市場












トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法



済州島(手書きの地図)


まずは済州島について簡単に説明
意外に大きな島である
島をまわるならバスや車となる。

地図で見ると韓国の南にある小さな島という印象が強いが
実際行ってみると、結構な広さの島である。済州市をちょこっと
立ち寄るだけならともなく
島を周遊となると、1日では足りないだろう。
ハイライトでも1日で半周といったところか?
そうそう 韓国最大の島なのだ!


済州島は広い!


済州市を拠点にしたい
交通の拠点にもなる

「済州島の中心部」といえば島の北側にある済州市
済州国際空港や済州港(旅客総合ターミナル)があり
島の玄関口となる。また、バスターミナルもあるし
オプショナルツアーの基点となることも多く
済州観光の拠点に便利であるのだ。
もちろん
市内には多くの店やホテルもあり
賑やかである。
都会である
済州島といえば「田舎」という印象があるが
済州市はビルも多く地下のショッピング街もあり
夕方など道路も混雑していた。
かなりの都会である。
よく分からないで訪れると驚く人も多いだろう。
なお
日本円からウオンへの両替だが
新済州市に両替所を多く見かけた。
また
街中の銀行でも両替できた。


済州市を歩く
(旧済州 東門近く)


旧済州と新済州
二つの顔がある

済州市には大きく「旧済州」と「新済州」がある。
雰囲気もガラリと変わるのだ。
旧済州の中心といえば東門市場であろう。
古めかしいような庶民的な雰囲気だ。
市場には名物料理を扱う食堂やお土産を売る店もあり
新済州といえばカジノホテルや免税店などがある。
飲み歩き食べ歩きにいい歓楽街もある。


旧済州 東門市場


新済州(歓楽街)


済州島内観光!?
東まわりか?西まわりか?

島内には多くの観光スポットが点在している
島をまわるには観光バスや貸切の観光タクシー
が便利だろう。
1日で1周というのは難しく
東まわりか西まわりのどっちかの選択となる。
初めてなら東まわり?
島に滞在する時間が短く「東まわり」か「西まわり」
と聞かれた場合、東まわりがいい と言われた。


郊外には多くの景勝地や観光地がある


済州島のグルメ
魚介類と黒豚肉

済州島の名物料理といえば
魚介類 特にアワビ粥が有名
あとは島の黒豚の焼肉だろう。
東門市場や新済州、城山日出峰にある
食堂で食べた。
果物はかんきつ類が有名


名物アワビの土鍋!?


その他のリゾートエリア
ホテルが点在している

済州島の拠点は済州市と書いたが
リゾートエリアや宿泊設備は各所に点在している。
例えば
島の南側「中文観光団地」などリゾートホテル
が多いことで知られる。
他にも
西帰浦や金陵 挾才あたりにもホテルあり
城日出峰など民泊(海の民宿みたいなもの)も点在していた。
ただ
リゾートホテルでゆったりしたり
家族で海水浴を楽しむなど
一ヶ所滞在型やレンタカーの旅ならいいが
公共交通機関や観光バスで島を周遊するなら
交通の便がいい済州市を拠点にした方がいいと思った。

済州島へ行くのにまわるのに?
何日位の滞在がベスト?
2日はほしい

1周するなら3日(2日+半日)
半周で2日(1日+半日)はほしいと思った。
島内観光だけは面白くない。
観光はそこそこで名税店の買物や
マリンスポーツ ゴルフなど楽しむのもいい
人によるが3〜4日いれば満足できるのでは?


船に乗る

済州島の行きかた
フリープランが便利

インターネットで調べると済州島3日間とか4日間
済州島+ソウル というようなプランをよく見かける。
往復航空券+ホテルがセットになったプランで
基本は現地自由
主要な旅行会社なら
空港からホテルまで係員の送迎サービスもあるし
主要なホテルから観光バスなどの日本語オプショナルツアーもあり

個人で行くなら
日本から済州島の直行便もあるし
ソウルや釜山からの便もある
それに、LCC(格安航空会社)の誕生で
安く気軽に行くこともできる。
釜山などからフェリーもあった。
夜出航 朝入港なので時間的メリットもあり
宿代節約にもなった。
(ただエンジン音がうるさく、眠れないこともあり)


飛行機で済州島へ!


船旅もいい!


済州島に泊まる
いろんな宿がある

その他のリゾートエリアで紹介したとおり
宿泊設備は点在している。
また 旅行会社のツアーならリゾートホテルやシティーホテル
主流と思うが
1泊2万ウオン以下で泊まれるドミトリー(相部屋タイプ)のゲストハウス
1泊4万とか5万ウオンで泊まれそうなモーテル
民泊(日本でいう海の民宿)もあった。
もちろん高級リゾートホテル 観光ホテルも多い。
あと
安宿志向でもインターネット等で予約した方がいいと思った
ネットでも安宿の日本語予約ができることがある。


高級感あるホテルも多い
(新済州にて)



日本円で2千以下で泊まれるようなゲストハウスもあった
(旧済州にて)

島内の交通機関
路線バスやタクシーが主流

鉄道や地下鉄がないのだから
路線バスが主流 済州市内には市内バスがあり
島内をまわる市外バスもある。
市内バスなど一部の停留所など日本語表示があるので
乗車方法や主要なルートが分かれば、グンと便利になるのだ。
自分は
空港から旧済州の東門や新済州をまわる
100系統空港バスを好んで利用した。
ただ
一般的に路線バスは旅行者にとって
利用しにくい乗り物だ。
心配ならタクシーやオプショナルツアーをすすめる。


路線バスが利用できれば便利!

済州島の楽しみかた
周遊観光!?リゾート型!?
観光バスやタクシー島内を周遊観光す
るなら
済州市を拠点にするのもいいし
郊外のリゾートホテルに滞在してゆったりするのもいいと思う。

済州島の物価
割高と言われるが

魚介類など名物料理の食事は割高で
新済州にある一般的な食堂で
焼き魚の盛り合わせを注文したら4万ウオン(4,000円位?)した。
日本の大衆居酒屋でも2,000円しないのでは?
位のレベルだ。
宿もシーズンによっては割高に思えたが
何でもかんでも高いわけでもなく
路線バスや市場での買物(お土産を含む)
など特別高いという感じはなかった。


市場を楽しむ


済州島の気候
南の島といえども雪は降る

韓国から見れば南の島であるが、九州よりも北側
冬には雪も降るので冬に訪れる場合は防寒着など必要となる。


雪が降ってきた
(万丈窟にて)




 Tweet











トップに戻る
韓国旅行



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。
また、実際と数日ずれていることもあります。