1.アワビ粥

(1)絶対的な人気料理だ!

アワビ料理

済州島の名物といえば「アワビ料理」であるが
中でもよく紹介されるのがアワビ粥である。
お粥なので至ってシンプルだが、熱々の粥の中から
アワビの身が出てくる。味もしみ込んでいて美味!


済州島名物「アワビ粥」

(2)どこで食べるか?値段は?

どこで食べる?

あちこちの食堂で食べられる。
例えば
済州島有数の観光地「城山日出岬」
中心部にはアワビ粥を出す店をよく見かけた。
昼食時に立ち寄る観光客が多い。
他に
新済州にある飲食店街でもアワビ粥を出す店が多い。
吞んだ後にもよかった。


城山日出岬周辺には食堂も多い

値段は?

ざっくり1万~2万ウオンほど
ビビンバやスープ系が5千~8千ウオンと思えば高く感じるが
アワビ粥は独特の味と歯ごたえがある。

筆談で注文

ガイドブックや韓国語会話集でアワビ粥を韓国語で記述して見せれば
すぐに理解してくれるはずだ。

(3)アワビのスープもいい!?

土鍋にアワビの他、多くの海産物が入ったスープ
昼食時 城山日出岬で食べたが、シンプルなアワビ粥とは違った感じ
「スープ」と聞けば素っ気なく感じるが
ライスも付き、スープにライスを入れて食べるのが韓国流
キムチの他、多くの副食が付くのも韓国ならではだ。
結構なボリュームになった。


城山日出岬で食べたアワビのスープ この量で1万5千ウオン

2.黒豚の焼肉

(1)済州名物「黒豚」

アワビ粥と並んで有名なのが「黒豚の焼肉」
夕食時に韓国焼酎やビールと一緒に食べるのがよかった。


黒豚の焼肉

(2)どこで食べるか?値段は?

どこで食べる?

個人的に最も分かりやすかったのが旧済州の東門市場
旧済州の中心地的な存在で魚介類に農作物、お土産など
多くの物が売られている。
ごちゃごちゃとして庶民的な雰囲気がいい。
その奥に多くの食堂があり黒豚焼肉を扱う店があった。


東門市場の食堂

値段

1人前で1万4千~1万5千ウオン位した。
通常 2人前から注文可
ソウルで牛肉の焼肉を食べたときも1人前で1万ウオン前後と思えば
割高に思えるが、年間あたりの量は限定されており、味もいい。
記念に食べる価値はあるだろう。
筆談で注文できた。
副食も多い
豚肉だけ注文?と思うかもしれないが
韓国の食事はサービスの副食も多く
キムチの他、多くの野菜がドッサリ
豚肉だけで立派なメニューになるのだ。
ボリュームもあった。


副食も多くボリューム感あり!

3.魚の盛り合わせ

(1)太刀魚やサバなどが有名

海に囲まれた済州島 アワビの他にも魚介類が有名
その魚介類を盛り合わせた料理も名物だ。
特に太刀魚やサバなど有名らしい。

(2)どこで食べるか?値段は?

どこで食べる?

自分は新済州の飲食店街で魚の盛り合わせを食べてみた。
大きなお皿に焼いた魚がズラリと並ぶ
お酒と一緒に食事にもよかった。

値段

魚の盛り合わせで4万ウオンだった。
高級魚があるわけでもないので高いと思うが
それだけ注文するとワカメのスープに豆腐にキムチと
サービスの副食がドッサリ そこに4千ウオンの焼酎を注文してかなり満足感はあった。


魚の盛り合わせ 副食も多い

4.旧済州で食事? 新済州で食事??

(1)安さなら旧済州?

旧済州市街の食事といえば東門市場の奥にある食堂
その周辺にも韓国的な食堂が多い。
古めかしくゴチャゴチャとした感じがあるが
庶民的な雰囲気で新済州と比べると割安感があった。


旧済州市街にある東門市場

(2)ホテル近くで便利 新済州

巨大な観光ホテルは新済州の方が多いようだ。
中心部には歓楽街もあり、名物料理を扱う店は多い。


新済州の歓楽街

 




 

 

韓国旅行に戻る